三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

    三橋貴明の「新」日本経済新聞」

テレビ、雜誌、ネットで話題沸騰!日本中の専門家の注目を集める経済評論家・三橋貴明が責任編集長を務める無料メルマガ三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(滋賀大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)浅野久美(チャンネル桜キャスター)、青木泰樹(経世論研究所 客員研究員)、平松禎史(アニメーター・演出家)、宍戸駿太郎(國際大学・筑波大学名誉教授)、佐藤健志(作家・評論家)、島倉原(評論家)、上島嘉郎(元「正論」編集長)NEW!などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り! 日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむ「三橋貴明の「新」日本経済新聞」 購読申込みはこちら から。

NEW !
テーマ:

株式会社経世論研究所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから
三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました!
『日銀当座預金の正体①』三橋貴明 AJER2015.5.19(7)

https://youtu.be/I8KgC0MxR_w

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


 本日はチャンネル桜「日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」 ◆経済討論・日本経済よ何処へ」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1587


 昨日も書きましたが、個人的には今までで一番面白く、質が高かったのではないかと思います。パネリストは(敬称略)、宍戸駿太郎(筑波大学名誉教授・国際大学名誉教授)、高橋洋一(嘉悦大学教授・「政策工房」会長)、田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)、野口旭(専修大学教授)、松田学(前衆議院議員)、三橋貴明(経世論研究所所長)、渡邉哲也(経済評論家)、司会が水島総です。


 特に、3時間目が一番面白いので、是非、ご視聴下さいませ。


 さて、日本には未だに、
日本は世界一の借金大国!
 と、二重、三重、四重のウソであるレトリックを平気で使用する人がいます。マスコミにもいますし、政治家にもいます


 とりあえず、上記のレトリックを「好意的」に捉え、「日本政府は世界最大の負債を持っている」と言いたいのだとしても、明確な「ウソ」になります。何しろ、一組織として世界最大の負債を「絶対額」で抱えているのは日本政府ではありません。アメリカ連邦政府です

 というわけで、「世界一」と入っている時点で、言い逃れ不可能な「ウソ」ということになります。

 そもそも、日本政府はいざ知らず、日本国は「借金大国」であるどころか、世界一のお金持ち国家なのです


日本の対外純資産366兆円余 過去最高を更新
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150522/k10010087941000.html
 日本が海外に持つ資産額から、海外が日本に持つ資産額を差し引いた対外純資産は、去年の年末時点で366兆円余りとなり、円安の影響で外貨建ての株式や債券の金額が膨らんだことなどから、前の年より41兆円増えて過去最高を更新しました。
 財務省の発表によりますと、日本の政府や企業、個人が海外に持つ資産額は、去年の年末時点で945兆2730億円と、前の年より18.5%増えました。
 一方、海外の政府や企業などが日本に持つ資産額は578兆4160億円と、前の年より22.6%増えました。
 この結果、日本が海外に持つ資産額から海外が日本に持つ資産額を差し引いた対外純資産は366兆8560億円と、前の年より41兆1250億円、率にして12.6%増えて3年連続で過去最高を更新しました。(後略)』


 そもそも、「日本の借金」あるいは「国の借金」という表現を使うならば、政府の負債ではなく「日本の対外負債」になります。記事にもある通り、日本の対外負債は14年末時点で578兆4160億円です。確かに、日本は500兆円を超える「国の借金」があります。


 とはいえ、日本は逆に945兆2730億円の「対外資産」を保有しています。結果的に、日本は366兆8560億円の対外純資産状態です。


 純資産(=資産-負債)が多い人のことを「お金持ち」と言います。日本の対外純資産は、二位の中国の1.7倍に達しており、世界最大です。日本は「国家」として見た場合、世界一のお金持ち国家なのです。これが統計的に「歪めようがない真実」なのです。

 その世界一のお金持ち国家「日本」の中で「日本円が発行できる」日本政府が、「日本円建て」「日本国民から」借りているのが、財務省やマスコミのいう国の借金の正体です。しかも、現在は日銀の量的緩和政策により、政府が実質的に返済しなければならない負債が、14年末時点で70兆円も減っています。


 さらに、長期金利は0.4%と世界最低水準。加えて、これは「闘論!倒論!討論!」でも話題になっていますが、日本政府は金融資産(外貨準備など)や固定資産(インフラなど)という資産を持っており、負債から資産を引いた純負債額は、500兆円程度に過ぎません


 ネットで見た「国の借金(正しくは政府の純負債)」対GDP比率は、100%程度で、アメリカと同水準です。そして、IMFなどの国際機関では、政府の負債はグロスではなくネットで見るのが常識なのです


 当たり前ですが、
「100億の借金がある!」
 人が、実は銀行預金が99億円あった場合、
「何だ、実質的な借金は1億円か(まあ、個人にとってはこれでも大きいですが)」
 という話になります。何しろ、日本政府の金融資産額は「世界最大」(アメリカ連邦政府より多いです)なので、グロスのみの金額(負債額)をクローズアップさせ、ネット(純負債額)を語らないのは異常としか言いようがないのです。


 などなど、
「日本は世界一の借金大国」
 が、いかに間違った情報であるかが、改めてご理解頂けたのではないかと思います。とにかく、この「国の借金問題」が全ての根底となり、我が国のデフレを長期化させ、国民を貧困化に導き、安全保障を弱体化させ、医療や介護の質を下げ、さらには移民国家化へと誘導しているわけでございます。


 皆様も是非、上記「いわゆる国の借金」が完全にウソであることを、繰り返し、繰り返し色々な方々に語って頂ければ嬉しいです。


「いわゆる国の借金」のウソを打破しよう!に、ご賛同下さる方は、このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。

新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆三橋貴明関連情報

Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。



いいね!した人  |  コメント(41)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み