続々 許されざる首相

テーマ:


株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。(最新アップデート5月25日) こちらは後援会員専用のページになります。後援会員の皆様は、先日お送りしたユーザIDとパスワードをご用意の上、ご訪問ください。

人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場! 
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


日経ビジネスオンライン連載「三橋貴明の『復興税』という幻想」 最終回掲載中!。皆様、ご支援のほどお願いいたします。

最終回 『あなたは「安全という商品」を十分に手に入れたか 復興そして成長へ、日本にはリソースが豊富にある


 昨日発売の「正論7月号」 に「徹底闘論!日本経済復活のシナリオ」と題しまして、高橋洋一氏、田村秀男氏、田中秀臣氏、若田部昌澄氏、上念司氏、そして三橋貴明の座談会が載っています。http://www.amazon.co.jp/dp/B0051H4EXQ/
 本座談会の記事をお読み頂くと、
「なぜ、財務省は増収ではなく『増税』を望むのか(というか、それしか考えないのか)」
「なぜ、日銀は『通貨の信任』などと意味不明な言葉でマネタリーベース拡大を拒否するのか」
 について、かなりの部分、理解することができると思います。


 あまりヒステリックに誰かを批判するのは好みじゃないんですが、これはさすがに「ふざけんなっ!」と叫びたくなりました。(情報提供TN様)


『“電力安定供給 国の責任で”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110531/t10013227901000.html
 中部電力の浜岡原子力発電所の運転停止を受け、中部電力管内の5つの県の知事らが総理大臣官邸で枝野官房長官と面会し、夏場に電力不足が懸念されることから、電力の安定供給に国として責任を持って対応することなどを要望しました。(中略)
 また、これに先立って大村知事らは、国会内で民主党の岡田幹事長に同様の要望を行いましたが、岡田氏は「浜岡原発の停止は中部電力が決めたことであり、中部電力がリストラなどで対応すべきだ」と述べました。』


 はあっ?
 原発を「魔女」に仕立て上げ、東電叩きで政権浮上を狙っていた管政権が、浜岡危険の空気を国民の間に醸成し、ポピュリズムに基づき「浜岡原発、停止しろ」と事実上の命令をしておきながら
「浜岡原発の停止は中部電力が決めたことであり、中部電力がリストラなどで対応すべきだ」
 とは・・・・。


 浜岡原発停止、サミットにおけるTPP推進発言、EUとのEPA開始発言、太陽光パネル1000万枚発言などなど、基本的に菅直人首相は「人気取り」「支持率アップ」のための「口先政治」に専念し、何の根回しもせず、自分がしでかしたことで何か問題(というか、対応)が発生すると、全て他者に丸投げ。


 しかも、肝心要の復興対策はほったらかし、挙句の果てに二次補正(復興予算)を通さないまま、国会を閉じようとする、すなわち被災者を見殺しにしようとする。代わりに、消費税増税やら復興増税やら、財務省「様」の意向には従い、国民をデフレ地獄のどん底に叩き落そうとする。


 ここまで酷い政権は、さすがに想像の域を脱しています。


 しかも、昨日の谷垣総裁との党首討論で追い詰められると、いきなり「通年国会を・・・」などと言い出す。要するに、政権維持と人気取り以外は、何も考えていないわけですね、菅首相。


内閣不信任決議案:きょう採決 小沢・民主元代表と鳩山氏、賛成へ 造反拡大で緊迫
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110602ddm001010041000c.html
 自民、公明、たちあがれ日本の野党3党は1日夕、菅直人政権に対する内閣不信任決議案を衆院に共同提出した。2日午後の衆院本会議で採決される。民主党執行部は否決した上で、造反者には除籍(除名)などの厳しい処分で臨む方針だが、小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相が不信任案に賛成する意向を固めた。小沢グループを中心に同党議員70人以上が造反する構えをみせている。小沢元代表らは新党結成も視野に入れており、民主党は分裂含みで不信任案の採決に突入する見通しとなった。(後略)』


 ご存知の通り、わたくしはこれまで散々に鳩山氏や小沢氏を批判してきました。理由は複数ありますが、最も問題なのは両者の国家観の無さです。というか、国家観の異様性です。


 鳩山氏は、「日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから」 発言からも分かるように、まさに昨日の「国家の否定」的な考えの持ち主です。しかも、フランス革命のスローガン「友愛」を自らのポリシーにしています。わたくしたちが教科書で教わるフランス革命の「自由」「平等」「博愛」は、実は誤訳で、正しくは自由」「平等」「友愛」になります。


 博愛と友愛の何が違うのか。博愛は「分け隔てなく愛する」ですが、友愛は「友(同士)のみを愛する(残りは殺してもいい)」になります。実際、友愛を掲げたフランス革命政府は、王党派が反乱を起こしたヴァンデ地方で、同じフランス国民を30万人虐殺しました。友愛とは、そういうことです。この「友愛」を自らのスローガンに掲げる鳩山氏は、凄いセンスです。意味が分かっているのかどうかは分かりませんが。


 さらに、小沢氏に至っては、別に説明する必要もないでしょう。幹事長時代の天皇陛下への態度一つとっても、この人の国家観は異常(日本人としては)です。さらに、自らを「人民解放軍でいえば司令官として勝利に向けて頑張っている」などと発言してしまう時点で、不気味極まり無いわけです。


 というか、本当に碌な人がいませんね、民主党上層部には・・・。


 それでも、それでも、わたくしは自民、公明、民主党小沢・鳩山派の連立政権が誕生するとなれば、賛成するでしょう。なぜならば、少なくとも現在の菅政権よりははるかにマシだからです。残念ながら、政治とは相対的なものなのです。「どちらがいいか?」ではなく、どちらがより酷くない?」で選択するしかないのが、現実の政治というわけです。


 本日午後の不信任案の状況次第では、政界に激震が走ります。といいますか、不信任案が否決されても、激震が走ります。


 結果、菅政権よりもマシな政権が誕生した場合、それが「誰を含んでいても」わたくしは支持したいと思います。その上で、とにもかくにも復興予算を通して欲しいです。


 復興予算が通れば、次は「さらにマシ」な政権を求め、活動していきたいと考えています。


 民主主義は迂遠です。しかし、チャーチルも言ったように、
「民主 主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。
これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けば、だが。」
 なのも、また真実なのです。



本日のエントリーで「政治」について色々と考えて下さった方は、

↓このリンクをクリックを!

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!

 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。