続 混迷のギリシャ

テーマ:

新世紀のビッグブラザーへ blog
三橋のスケジュールは「三橋貴明後援会」のホームページ↑のトップをご覧下さい。


三橋貴明事務所。 お仕事のご依頼はこちらから 

Twitter始めました。


人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ


--------------


 (↑)先日来、人気ブログランキングのバナーをトップにも載せています。何卒クリックのほどよろしくお願い致します。


◇5月14日(金)18:00から、自由民主党本部で「三橋貴明懇親会(発起人:大島幹事長)」が大々的に開催されます。(勉強会と食事会です)
 安倍総理、大島幹事長にご挨拶を頂く予定です。さらに、増田悦佐様、すぎやまこういち先生、西村幸祐様など、そうそうたる方々にゲストとしてご参加頂き、ご挨拶を賜ります。是非是非、ご参加くださいませ。詳しくはこちら 。


◇【三橋貴明】日本を変える5つの指針[桜H22/4 /27]
Youtube http://www.youtube.com/watch?v=QZAGti4oquw
ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm10530909



 昨日は、水戸市、つくば市の街頭演説会の方にお越し頂き、誠にありがとうございました。つくば市のスターバックスで喋りすぎて、少々、声が枯れ気味でございます。
 明後日は川口市の街頭演説会、鴻巣市の講演会が控えておりますので、早めに直さなければ。。。。


 ところで、横浜支部のホームページがアップデートされております。5月1日のイベントの報告と、5月11日のイベント情報が新しくなっているようですね。
http://yokohama.pecori.jp/



 さて、ギリシャです。予想通り、政府の緊縮財政に抗議するゼネストやデモが広がり、大変な状況になっているようです。
(前回の復習はこちら⇒混迷のギリシャ


ギリシャ:抗議デモが激化、建物放火で3人死亡
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aAQXwcUD4d4M
 ギリシャでは政府の緊縮財政措置に対する抗議デモが拡大している。アテネ中心街では銀行の入った建物にデモ隊が放火、3人が死亡する事態となった。(後略) 』


ギリシャ首相:暴力行為を非難、責任ある行動を国民に呼びかけ
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aCLxpv2kVG28
 ギリシャのパパンドレウ首相は5日、政府の財政緊縮策に反対するデモの過程で死者3人を出した暴力行為を非難。国民に責任ある行動を取るよう訴えた。
 国営NETテレビで生放送される中、同首相は議会で「ギリシャ国民はデモ活動する権利はあるが、特に死者を出すような暴力を振るう権利はない」との声明を読み上げた。 』


 パパンドレウ首相・・・・。仰ることは全くもってごもっともですが、一外国人のわたくしにさえ、こうなることは予想がつきました。まあ、第三者だから予想できたのかも知れませんが、いずれにしてもギリシャ問題(及びユーロ問題)は、本当に「出口がない」です。



 唯一の解決策は、ギリシャがユーロを離脱し、新通貨を導入。対ユーロで暴落し、ギリシャ政府がデフォルト。IMF管理下でギリシャ国民の所得水準を下げ、外資系(ドイツなど)企業進出で外需中心の回復という道しかないと、今でも考えています。要するに、IMF時の韓国や東南アジア方式ですが、あの時と違ってアメリカの需要が拡大期ではありません。この道を辿ってすら、なかなか成長路線には回帰できないでしょうに、ユーロに残ったまま緊縮財政を強行したところで、景気悪化⇒財政悪化のループに入るだけだと思います。


 ギリシャの問題は、すでにユーロ全域に拡大しつつあります。特に、ユーロの実質上の盟主たるドイツ、すなわち今回の危機に際して最も多額のお金を融資する予定のドイツ当局は、なかなか深刻な状況に追い込まれつつあるようです。


ユーロ圏諸国、ギリシャ債務問題波及の深刻なリスクに直面=独連銀総裁
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15134920100505
 欧州中央銀行(ECB)の理事会メンバーであるウェーバー独連銀総裁は5日、ギリシャの債務問題が他のユーロ圏諸国に波及する深刻なリスクがあると警告した。
 同総裁は、ドイツ議会予算委員会の冒頭で「現在の非常にぜい弱な状況の中でギリシャがデフォルトした場合、通貨同盟と金融システムの安定性に多大なリスクをもたらす」と指摘。ギリシャへの支援策にドイツが拠出することは正当だと説明した。(後略)』


ギリシャ支援失敗なら欧州の未来が脅かされる恐れ=独首相
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15134320100505
 ドイツのメルケル首相は5日、ギリシャ支援を成功させる必要があると強調し、失敗すれば他の国もギリシャと同じ運命をたどる可能性があり、欧州の未来が脅かされる恐れがあると警告した。
 メルケル首相は連邦議会(下院)で演説し、ギリシャ救済の必要性をはっきりと認識しているとし、ギリシャ政府が広範な財政健全化措置を実施することを確信していると述べた。
 「われわれは分岐点に差し掛かっている。これは欧州の未来にかかわるもの、そして欧州におけるドイツの未来にかかわるものにほかならない」とし「ユーロ圏の金融安定を維持するためにはギリシャ支援以外に選択肢はない」と訴えた。(後略)』


 ウェーバー総裁やメルケル首相がギリシャ支援を訴える気持ちは分かりますが、果たして昨日のゼネストやデモの光景を見て、ドイツ国民が納得してくれるでしょうか。
 とはいえ、ここでギリシャ支援が実施できなければ、次にはスペインやポルトガルが控えているわけです。連鎖的に加盟国がデフォルトの危機に陥ると、もはやユーロというシステムは現在の規模では維持できなくなるでしょう。


ムーディーズ、ポルトガルを格下げ方向で見直し
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15135920100505
 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは5日、ポルトガルの格付けを引き下げ方向で見直すと発表した。見直し期間は3カ月。(後略)』


 為替レートを見ると、すでにしてユーロは「独歩安」状況になっており、市場がギリシャや他のユーロ諸国について全く信用していないことが分かります。と言うか、すぐに「支援決定!」「支援合意!」などと、アホな見出しを掲げて、
全てがハッピーエンドになりましたよ~!」
 などと印象操作しようとする日本の新聞以外は、誰一人ギリシャもユーロも信用していないというのが現実だと思います。


【対ドル為替レート推移 ユーロ・日本円・英国ポンド・人民元 2010年5月6日時点 】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_28.html#EUR


NY市場でユーロが1.30ドル割れ、ギリシャ問題波及懸念で
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15129020100504
(前略)この日の取引でユーロは2009年4月以来初めて1.30ドルを割り込んだ。ドルはスイスフラン、豪ドル、カナダドルに対しても1%を超えて上昇した。(後略)』


『米株市場は続落、ギリシャの債務危機拡大懸念が圧迫
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15136320100505
 5日の米株式相場は続落。ギリシャの債務危機の影響が欧州に広がる可能性を示す新たな兆候が見られたことが重しとなった。(後略)』


 しかし、ユーロが下がったら下がったで、欧州随一の経常収支黒字国ドイツだけは、ユーロ外市場に対して通貨安というメリットを得られるわけです。しかも、大市場のユーロ圏内については、為替レートの変動無しで輸出を続けられます。


 改めて考えても、ユーロというのは色々な意味で凄いシステムでございます。



◇◇◇イベントのお知らせ◇◇◇


◇5月8日(土) 埼玉で街頭演説

 川口市で街頭演説会、鴻巣市で講演会を行います。詳しくはこちら。


◇5月9日(日) 香川県高松市で街頭演説会

 後援会活動としては初めて、三橋貴明が四国に上陸します。詳しくはこちら


◇5月14日(金)18:00から、自由民主党本部で「三橋貴明懇親会(発起人:大島幹事長)」が大々的に開催されます。(勉強会と食事会です)
 安倍総理、大島幹事長にご挨拶を頂く予定です。

 さらに、増田悦佐様、すぎやまこういち先生、西村幸祐様など、そうそうたる方々にゲストとしてご参加頂き、ご挨拶を賜ります。是非是非、ご参加くださいませ。詳しくはこちら 。

確かに、改めて考えるとユーロって凄いシステムだ・・・と思ってしまった方は、

このリンクをクリックを。
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


※本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

『新世紀のビッグブラザーへ blog』


『新世紀のビッグブラザーへ blog』

日本を変える5つの約束 」 発売開始!

「アメリカ、中国、そして日本経済はこうなる(日下公人・三橋貴明)」ワック社 発売中!

ドル凋落 ―アメリカは破産するのか」 発売中! 

「テレビ政治」の内幕 (PHP研究所) 三橋貴明・八木秀次対談本 発売中!

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―  著:廣宮孝信 監修:三橋貴明 (彩図社) 発売中!



Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 

本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!

「日本経済を凋落させた七人」
発売開始!
超売れっ子2ちゃん出身作家が明かすネットでビジネスに成功する方法 」 発売開始 


 新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。

 
関連blogへのリンク一覧はこちらです。


<<<関連ブログ>>>


『新世紀のビッグブラザーへ blog』


『新世紀のビッグブラザーへ blog』


新世紀のビッグブラザーへ blog

新世紀のビッグブラザーへ blog


新世紀のビッグブラザーへ blog

城内みのるオフィシャルサイト


新世紀のビッグブラザーへ blog


新世紀のビッグブラザーへ blog