【こころのエステ・フィットネス鹿児島】 ~貴方を内面から輝かせる愛 ~ 聖書のことば・智 慧[EQサプリメント]

 


☆ 本日も、こちらにお立ち寄りくださりありがとうございます☆


 【仕事・人間関係に生かす聖書の智慧サプリ

 【家族力回復サプリ:大切な夫婦・家族の絆を強力に

 ↑↓結婚準備中の方、思春期のお子様をお持ちの方へ

 【性共育:大切な性関係・愛と命が輝くサプリ

 【子育て応援サプリ】 【スピリチュアル・ケア】他


 ご興味、ご関心にあわせ 画面右側 【テーマ一覧】⇒


 をクリックして下さり、各サプリメント ご愛飲ください。


 (※下記ADスペースの広告と当ブログとは関係ありません。)  






 



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

聖書の中心テーマ

こころのエステ・フィットネスに

お立ち寄りくださり有難うございます。

 

聖書の中心テーマは「和解」することだと考えます。

神との和解、人と人との和解、親が子と 子が親と

兄弟と姉妹と、夫が妻と妻が夫と 友人同士が・・・

わたしは、そのためのお手伝いをさせてもらっていると

考えます。何よりもそのための「犠牲」となられた

イエス様、その事を通して「和解」が成立しているの

です。

【Ⅱコリント5章18-21節】

18 これらはすべて神から出ることであって、神は、キリストを

  通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために

奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。

19 つまり、神はキリストによって世を御自分と和解させ、

人々の罪の責任を問うことなく、和解の言葉をわたしたちに

ゆだねられたのです。

20 ですから、神がわたしたちを通して勧めておられるので、

わたしたちはキリストの使者の務めを果たしています。

キリストに代わってお願いします。神と和解させていただき

なさい。

21 罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪と

なさいました。わたしたちはその方によって神の義を得る

ことができたのです。

鹿児島にやってきました

日本を縦断して札幌から鹿児島にやってきました。

鹿児島の皆様よろしくお願いいたします!!

 

 

今度は雪に代わって、灰が降ります。

 

夏は暑い~~いそうです。

 

覚悟して夏を迎えます。

 

 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

復活というテーマ

皆様、こんにちは。

12月9日木曜日になりました。

 

例年ですと札幌は雪の季節になりますが

今年は未だ雪が積もりません。

 

本州出身のわたくしとしましては

路面が凍らないので、助かることは助かりますが

 

札幌にとって今の時期、雪が降り積もらないのは

異常なのでは、ないでしょうか。

 

いろいろ心配なことがありますが、

主に頼って、残りの半周も進んでいきたいと

想います。

 

コロサイ3章の1節に

「 さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、

上にあるものを求めなさい。そこでは、キリストが神の右の座に

着いておられます。」

 

とあります。

 

クリスマスイルミネーションがとても綺麗な時期を

迎えています。

 

暗闇の中に輝く光を見る時

イエス様与えてくださる「希望の光」を

想います。

 

「復活」とはわたしたちの「希望」です。

 

 イエスは再び言われた。

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、

命の光を持つ。」(ヨハネ福音書8章12節)

 

闇は現実としてあります。(コロサイ3章5-8節)

しかし、その現実の中で、イエス様が輝くのです。

 

闇は光に勝たなかったのです。(ヨハネ福音書1章5節)

わたしたちは「闇」を見つめて、

「闇」に引っ張られ、沈むこともできれば

「光」を見ない言い訳にして、「闇」にとどまることも

できます。

 

しかし、わたしたちは「光」を見て

前へ進むこともが赦されているのです。

 

「闇」を見ないようにするのではなく

闇の中で、闇があるからこそ

「イエス様が輝く」のです。

 

世の光であるイエス様を見つめて

生きたいと思います。

 

ひらた

 

*****************************

コロサイ信徒への手紙 3章1節~10節)

 

1 さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、

上にあるものを求めなさい。そこでは、キリストが神の右の座に

着いておられます。

 

2 上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい。

3 あなたがたは死んだのであって、あなたがたの命は、キリストと共に

神の内に隠されているのです。

 

4 あなたがたの命であるキリストが現れるとき、あなたがたも、

キリストと共に栄光に包まれて現れるでしょう。

 

5 だから、地上的なもの、すなわち、みだらな行い、不潔な行い、情欲、

悪い欲望、および貪欲を捨て去りなさい。貪欲は偶像礼拝にほかならない。

 

 6 これらのことのゆえに、神の怒りは不従順な者たちに下ります。

 

7 あなたがたも、以前このようなことの中にいたときには、

それに従って歩んでいました。

 

8 今は、そのすべてを、すなわち、怒り、憤り、悪意、そしり、

口から出る恥ずべき言葉を捨てなさい。

 

9 互いにうそをついてはなりません。古い人をその行いと共に脱ぎ捨て、

 

10 造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、

真の知識に達するのです。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

巧みな議論に惑わされないように

皆様こんにちは。

今週も残りの半周、皆様のご健康

ご家族、が祝福されますようにお祈りしています。

 

コロサイ信徒への手紙を皆様と読んでいます。

2章の1節に

「ラオデキア」という地方が出てきます。

また4節には

「巧みな議論にだまされないように」

というお勧めが出てきます。

 

今の時代を「惑わし」の時代ということが

できるでしょうか。

 

しっかり聖書を読み、祈ることで

その「巧みな惑わし」から身を護ることが

必ずできます。

 

聖書を読んでいないと巧みに惑わされてしまう

そのような状態を「ラオデキア」(黙示録3章14-22節)

というのかもしれません。

 

皆様の大切なこころが守られますように

こころからお祈りしています。

 

ひらた

 

コロサイ信徒への手紙2章1-5節

 

1 わたしが、あなたがたとラオディキアにいる人々のために、

 また、わたしとまだ直接顔を合わせたことのないすべての人のために、

 どれほど労苦して闘っているか、分かってほしい。

 

2 それは、この人々が心を励まされ、愛によって結び合わされ、

 理解力を豊かに与えられ、神の秘められた計画であるキリストを

 悟るようになるためです。

 

3 知恵と知識の宝はすべて、キリストの内に隠れています。

 

4 わたしがこう言うのは、あなたがたが巧みな議論にだまされないように

 するためです。

 

5 わたしは体では離れていても、霊ではあなたがたと共にいて、

 あなたがたの正しい秩序と、キリストに対する固い信仰とを

 見て喜んでいます。

 

*********************************

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

わたしは決してあなたから離れず、置き去りにはしない

皆様と読んできましたヘブライ人への手紙も

最終章となりました。

 

ヘブライ人への手紙13章5節に

 

「神御自身、『わたしは、決してあなたから離れず、

決してあなたを置き去りにはしない』と言われました。

 

とあり、

同じく8節には 「イエス・キリストは、きのうも今日も、

また永遠に変わることのない方です。」

 

と約束されています。

 

北海道に非常事態宣言が今月30日末まで延長される

発表が正式になされました。

 

「もう振り回されるのに疲れてしまった」

というのが本音ですが、

翻って神様の約束に目を止めたいと思います。

 

この問題が収束しても、また新たな問題が

やってくるでしょう。

 

具体的にそれを乗り切るため

人間関係、結婚関係、金銭関係に気をつけながら

とその秘訣が語られます。

 

変わるものに右往左往させられますが

変わらないというわれるイエス様に目を向けること

ができることを感謝します。

 

ひらた

 

****************************

ヘブル13章1-8節

1 兄弟としていつも愛し合いなさい。

2 旅人をもてなすことを忘れてはいけません。そうすることで、

 ある人たちは、気づかずに天使たちをもてなしました。

 

3 自分も一緒に捕らわれているつもりで、牢に捕らわれている人たちを思いやり、

 また、自分も体を持って生きているのですから、虐待されている人たちのことを

 思いやりなさい。

 

4 結婚はすべての人に尊ばれるべきであり、夫婦の関係は汚してはなりません。

 神は、みだらな者や姦淫する者を裁かれるのです。

 

5 金銭に執着しない生活をし、今持っているもので満足しなさい。

 神御自身、「わたしは、決してあなたから離れず、

 決してあなたを置き去りにはしない」と言われました。

 

6 だから、わたしたちは、はばからずに次のように言うことができます。

 「主はわたしの助け手。わたしは恐れない。人はわたしに何ができるだろう。」

 

7 あなたがたに神の言葉を語った指導者たちのことを、思い出しなさい。

 彼らの生涯の終わりをしっかり見て、その信仰を見倣いなさい。

 

8 イエス・キリストは、きのうも今日も、また永遠に変わることのない方です。

 

*********************************

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

たとえ約束されたものを手に入れられなくとも

札幌は、朝夕すっかり涼しくなりました。

季節は秋に向かいますね。

 

ヘブライ人への手紙11章最後のところに

このような記述があります。

 

「ところで、この人たちはすべて、その信仰のゆえに神に認められながらも、

約束されたものを手に入れませんでした。神は、わたしたちのために、

更にまさったものを計画してくださったので、わたしたちを除いては、

彼らは完全な状態に達しなかったのです。」

 

(ヘブライ人への手紙 11章39-40節)

 

旧約聖書は信仰者の物語、

ケーススタディですが、

聖人君主は、誰一人書かれていません。

 

失敗しなかった人はなく

みな、弱さを抱えた人間でした。

 

美化するわけではなく、淡々と

現実がありのまま、書いてあります。

 

しかし、神様とのかかわりにおいては

彼らの物語は、情熱的であり、

奇跡的であります。

 

それゆえ有名な物語として読者の

わたしたちの信仰を励まし続けて

います。

 

彼らの物語は「ハッピーエンド」の場合も

あれば、そうでなかった場合もあります。

 

彼らの物語は「保留」されているのです。

つづきは「神の国」に繋がっているのです。

 

希望が残されるかたちで

「保留」されています。

 

わたくしたちのあゆみは

ヘブライ人への手紙11章に記されることは

ありませんでしたが、

 

神様はわたしたちひとりひとりの人生に現れてくださり、

現実にかかわってくださる方です。

 

神の御国でその導きの展開、結末(結果)を

見せていただけることを信じ仰ぎたいと

思います。

 

◆ひらた

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

「約束」してくださった方は「真実」なかた

おはようございます。今週も折り返し地点を過ぎ

週の半周、木曜日となりました。

 

ヘブライ人への手紙10章23節に

「約束された方は真実」な方とあります。

 

その真実な方を信じ続けることは

「ひとりではないことを覚え、互いに励まし合う」

ためにと「集会する」目的についても

書かれています。

 

天の神様は御子を惜しまず

わたくしたちの罪を赦すために

十字架におかけくださいました。

 

それほどまでにわたしたちのことを

大切に思ってくださっている天の神様の

ご存在があります。

 

この恵み、ご配慮を無駄にしないように

しっかり心がけたいと思います。

 

お互いが大切な存在ということを覚えるために

天の神様への礼拝・集会を続けてまいりましょう。

 

***********************************
ヘブライ人への手紙 10章19ー25節

 

19 それで、兄弟たち、わたしたちは、イエスの血によって聖所に入れると

  確信しています。

20 イエスは、垂れ幕、つまり、御自分の肉を通って、新しい生きた道を

  わたしたちのために開いてくださったのです。

 

21 更に、わたしたちには神の家を支配する偉大な祭司がおられるのですから

22 心は清められて、良心のとがめはなくなり、体は清い水で洗われています。

  信頼しきって、真心から神に近づこうではありませんか。

 

23 約束してくださったのは真実な方なのですから、公に言い表した希望を

  揺るがぬようしっかり保ちましょう。

24 互いに愛と善行に励むように心がけ、

25 ある人たちの習慣に倣って集会を怠ったりせず、むしろ励まし合いましょう。

 かの日が近づいているのをあなたがたは知っているのですから、ますます

 励まし合おうではありませんか。

 

************************************

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

 

 

罪を贖う唯一のいけにえ

本日もこころのエステ・フィットネスに

訪れてくださり感謝します。

 

ヘブル9章には「罪を贖う唯一のいけにえ」と

小題のついている箇所があります。

 

天の聖所の写しがこの地上にもあったと

聖書は言います。

 

創造主はモーセにその聖所(幕屋)に

ついて正確に細かく規定した設計図を伝え、

モーセはそれを人々に伝え、規定をつくり

人々はそれを幕屋での儀式に具現化しました。

(出エジプト記25章~レビ記~民数記)

 

大切なことは幕屋(聖所)建設以前に

「約束(契約)」があるということです。

 

創造主が神の民と結ばれた「約束(契約)」

が確かなものであることを「聖所(幕屋)の儀式」

あらわしていたのです。

 

神様の「約束」なしに「儀式」はないのです。

その約束の中心は「神はともに住む」

(出エジプト記25章8節)なのです。

 

「約束」(本体)が失われたところの「儀式」(写し)

は形骸化(形式化)してしまうのです。

 

神が共に住むという「約束」のために「儀式」において

「罪を贖う唯一のいけにえ」が必要なのです。

 

イエスキリストの十字架の血だけが「聖所(幕屋)」

の儀式において「罪を贖う唯一のいけにえ」となる

ことが語られています。

 

「いけにえを捧げる」

神はそのことを「わたしたち」に負わされることなく

「イエス」に負わされたのです。

 

「つまり、神はキリストによって世を御自分と和解させ、

人々の罪の責任を問うことなく、和解の言葉をわたしたち

にゆだねられたのです。」

(新約聖書 二コリント5章19節)

 

「和解」という言葉が皆様の周囲に

広がっていくことを願います。

 

 9:23 このように、天にあるものの写しは、これらのものによって

清められねばならないのですが、天にあるもの自体は、これらよりも

まさったいけにえによって、清められねばなりません。

 

 9:24 なぜならキリストは、まことのものの写しにすぎない、

人間の手で造られた聖所にではなく、天そのものに入り、

今やわたしたちのために神の御前に現れてくださったから

です。

 

 9:25 また、キリストがそうなさったのは、大祭司が年ごとに

自分のものでない血を携えて聖所に入るように、

度々御自身をお献げになるためではありません。

 

 9:26 もしそうだとすれば、天地創造の時から度々苦しまねばならなかったはずです。

ところが実際は、世の終わりにただ一度、御自身をいけにえとして献げて罪を取り去る

ために、現れてくださいました。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

 

 

祭司の国日本

皆様こんにちは。

今週も折り返し地点となりました。

皆様の残りの半周が祝福されますように

お祈りしています。

 

ヘブライ人への<7章>は

メルキゼデクの祭司職について

触れられています。

 

メルキゼデクの言及については

聖書には、他に

創世記14章18節、詩編110篇4節

にしか記述がなく、実のところ

謎多き人物で、詳細が分からないのです。

 

しかし、ヘブライ人にとっては、

有名であり、重要な人物であったことは

間違いありません。

 

「祭司職」についての重要人物であり

メルキゼデクという祭司について

ヘブライ人だけが知っている伝承

があったのでしょう。

 

仮説の領域に過ぎませんが

わたしたちの住む日本はそのルーツは

「祭司の国」(同11節)といえるかも

しれません。

 

ひょっとしたらメルキゼデクを解明する

何かが、古代日本という国に存在したのかも

しれません。

(日本の表の歴史では、AD6-7世紀 最古の文献を「古事記」と

した場合、教科書で教えられているところの、それ以前の歴史、

詳細は分からないのです。)

 

しかし、それ以前に古代日本列島には「人」はいなかったとは

お隣の中国の歩みを考えても、考えられません。

ただ、今に繋がる日本の「国」の成立は6世紀~7世紀

であったでしょう。

古代日本の歴史は謎が多いと個人的には

思います。

 

・・・さて、聖書的に確かなところへ戻ります。

 

ヘブライ人への手紙 7章には

メルキゼデク、その働きがイエス=キリストに

重ねられています。

 

イエス様は「契約のすぐれた保証人」に

なられたというのです。(同22節)

 

神様との大切な契約(事項)を

取り仕切っていた祭司職(レビ人)の人たち、

その中でも「大祭司」はその契約をもとに、

たいせつな儀式をとりしきっていた長でした。

 

わたしたちに「イエス様の十字架の血」

という保障(補償)が支払われ、

神様とわたくしの契約が保証されていることを

こころから有難く思います。

 

イエス様は「大祭司」として「生きて」

今も天において執り成し(の儀式)をしてくださっている

とわたしたちは信仰を通して考えています。

 

◆ひらた

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>