今年はオーダーのオーバーコートの当たり年。

 

特に当店ではレディースのオーバーコートの御注文が多いようです。

 

ならば今まではレディースのオーバーコートのコーナーが一つだけでしたがこれからは、レディースオーバーコートの中の多くのデザインをコーナーごとに細分化に分けて、ご紹介をすることに致します。

 

二回目は「レディースオーバーコート」の「レディースステンカラーコート」のご紹介。

 

「レディースオーバーコート」の「レディースステンカラーコート」のくわしいことはこちらまでhttps://www.tailorwatanabe.com/category7/radysovercoatsutencollercoat.html

 


  「レディースオーバーコート」の中でも、ビジネスにもカジュアルにも使用できる「 ステンカラーコート」は最もスタンダードなコートの古典派です。

 

これは後ろ襟に高さがあり、前襟は折り返すようなデザインになっており、第一釦を外しても留めても着られる衿型のことで、衿を立てて釦を留めるとマフラーが無しでも少々の雨風(あめ・かぜ)を凌ぐことができ、体温を保護することが出来ます。

 

 

「レディースオーバーコート」で「オーダーメイド」ナノでフロントは表にボタンのついた打ち抜きか、フォーマル用にベーシックな釦の隠れる「比翼仕立て(ひよくしたて)」にするかはお好み次第。

 

 

サイドポケットは従来のフラップ付きか、とても寒いときに手が入れやすい斜め箱ポケットはどちらも可能。袖先も従来の「切り返しの釦止め」、もしくは、カジュアルでかわいらしい「タブ付き」もお薦め。

 

 

 


「レディースオーダー」の「レディースオーバーコート」はお好きなファブリック、カラーで仕立てられるので、夢が広がります。

 

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店の定休日の木曜日、久しぶりに家内と上野の映画館へ「罪の声」という題名の映画を見に行ってまいりました。

 

「星野源」「小栗旬」の二大看板俳優が主人公。

35年前の1984年(昭和59年)と1985年(昭和60年)に、日本国中を震撼させたあの有名な「グリコ森永事件」を題材とした映画です。

 

森永事件(グリコ・もりながじけん)とは、
1984年(昭和59年)と1985年(昭和60年)に、日本の阪神間(大阪府・兵庫県)を舞台に食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件。


犯人が「かい人21面相」と名乗ったことから、かい人21面相事件などとも呼ばれ。

 

モンタージュ写真で「きつね目の男」といったら思い出す方もおられるかもしれませんね。

 

実はこの映画、セットに使う大道具に協力を致しました。

 

2年前のことでしょうか。

 

新店舗を構え、古いお店の整理をしておりました。

 

店内の仕立てに使用する道具、仕事場の作業机、ミシン。

 

当時父も亡くなり、全部が必要ではないので整理し

 

廃棄する道具が出てきました。

 

長年、私と父とで使っていた思い入れのある品々・・・・。

 

破棄するには忍びないと思っていたところ、ある映画会社から連絡が入りました。

 

これから撮影する際に、主人公がテーラー業をしておりましてその場面に使用する道具を捜しているとのこと。

 

亡くなった父と長年使用し、思い入れのある愛着をもった仕立てに使用する道具、仕事場の作業机、ミシンを映画に使ってもらえるならば・・・・とってもありがたい。

 

快く大道具の方々を招いて、その道具を使ってもらえました。

映画の時代にマッチしする昭和の雰囲気を持った道具達。

 

内容も素晴らしく、見ながら色々な思いが交錯し思わず涙がこぼれてしまいました。

 

見終わったあと売店でプログラムを買い、読んでいると、どうやら私の事を書いていただいたようです。

 

 

家路につき、亡くなった父と母のいる仏壇で報告を致しました。

 

大事な道具を映画で使ってもらえたから、二人ともきっと喜んでくれていると思います。

 

「罪の声」現在、公開中です。

 

映画館は現在コロナ感染予防対策をしっかりしておりますので是非ご覧になってください。

 

きっと感動致します。

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はオーダーのオーバーコートの当たり年。

 

特に当店ではレディースのオーバーコートの御注文が多いようです。

 

ならば今まではレディースのオーバーコートのコーナーが一つだけでしたがこれからは、レディースオーバーコートの中の多くのデザインをコーナーごとに細分化に分けて、ご紹介をすることに致します。

 

まずはレディースオーバーコートの「チェスターオーバーコート」のご紹介。

 

「レディースオーバーコート」「チェスターコート」のくわしいことはこちらまでhttps://www.tailorwatanabe.com/category7/radysovercoattyestercoat.html


レディースオーバーコートの中でも格式のある最もポピュラーなオーバーコートといったら「チェスターコート」です。

 

社会人になって、オフィスレディーになれば一着は必ず必要不可欠のアウターです。

 

以前までは礼装用コートの代表格として広く知られておりまいしたが、現在ではおしゃれなビジネス用としても広く使われるようになりました。

 

ツイード生地で仕立てれば最もカジュアルなレディースのチェスターコートになります。

 

 


以前は膝の長さからロングで全般的にゆったりしたシルエットの「チェスターコート」が一般的でしたが、膝からやや短め、もしくはショート丈の軽快感があってウェストも細めに絞りを強調したスタイリッシュなシルエットがトレンド。

 

フロントは表にボタンのついた打ち抜きか、フォーマル用にベーシックな釦の隠れる「比翼仕立て(ひよくしたて)」にするかはお好み次第。

 

サイドポケットは従来のフラップ付きか、とても寒いときに手が入れやすい斜め箱ポケットはどちらも可能。

 

ラペル巾も指定できます。

 

好みのディテールをキメてオリジナルのレディースのオーバーコート。

 

一着は欲しい「レディースのチェスターコート」。

 

 

好みのディテールを考えて、貴方だけのオリジナルの「レディースチェスターコート」を仕立ててみませんか。

 

 

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日に続いて、本日もイギリスは「ホーランド&シェリー」社からの「スワンヒル」のご紹介。

 

 

 

 


「ホーランド&シェリー」「スワンヒル」のくわしいことはこちらまでhttps://www.tailorwatanabe.com/category3/hollandsherryswanhill.html

 

 【ホーランド&シェリー】「スワンヒル」は15.5マイクロンのスーパー160s'ウーステッドに贅沢にも5%のカシミヤを混紡した糸を2/2のツイルで織り上げた260gmsと軽量ですがオールシーズン対応、快適な素材のラグジュアリーな高級オーダースーツ素材です。

 

 

光沢感と素材の柔らかさを最大限に活かす特殊なフィニッシュで織り上げております。

 

 

「スワンヒル」とはこの羊毛の原産地であるオーストラリア南東部の地名で、マレー川とドロン川に挟まれた丘陵地帯です。

 

 

この地域には良質のメリノ種の羊を育てる牧場が数多くあり、勿論このスワンヒルの原毛もこのエリアの牧場の羊のものです。

 

高級素材らしく、シックで落ち着いたものだけでなく、近年のトレンドや遊び感覚も取り入れ地色はシックでも多色使いの代わり格子柄等も多彩に取りそろえてあります。

 

 

「ホーランド&シェリー」「スワンヒル」から贅沢なダブルブレステッド、オーダースーツの一着。

 

 

貴方はきっとご満足いただけることでしょう。

 

 

 

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、お客さまが御注文なさったので「レダ」の「マイオール」コレクションをご紹介致します。

 

「レダ」「マイオール」コレクション。

 

 

 

 

「レダ」「マイオール」コレクションの詳しいことはこちらまでhttps://www.tailorwatanabe.com/category3/redamaiorcollection.html

 

レダ社が今年創立150周年を記念して織り上げたコレクション。

 

それが「マイオール、スーパー150s'」。

 

MAIOR(マイヨール)とは?

 

英語から直訳すると「市長」。

 

威厳のある、落ち着いた雰囲気を持つ「市長」の名前ににふさわしい上品でノーブル(高貴)なコレクション。

 

 

この服地の柔らかくそしてドレープ感のある独特なラグジュアリーな風合いは、15.8マイクロンウール原料から丁寧に紡績された150番手の糸を双糸にし、緯糸と経糸共にしっかりと打ち込まれているからこそ表現できるものなのです。

 

 

色柄は、黒・紺・グレーの無地物で全部で5種類。

 

全商品、現反があるので出来上がりのイメージがわきます。

 

 

 

 

 

 

スーパー150s'の滑らかな肌触りは、お召しになられると、きっとこのスーツの虜になるでしょう。

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  

 

もうすぐ、12月。

 

クリスマスがやってきます。

 

町中ではすっかり「クリスマス」のライトアップが行っておりますので、当店も遅ればせながら毎年恒例のお店の玄関にウェルカムディスプレイとして“クリスマスツリー”を飾りました。

 

 

店内にクリスマスツリーを飾ったので

 

ご紹介ついでに現在の店内もあらためてご紹介いたします。


ノスタルジックで静か、いつまでもゆったりと落ちついてくつろげる温かくて優しい空間。

 

お店の作りのテーマは図書館。

 

東京都文京区といえば「東京大学」が有名で当店の近所です。

 

「本郷の洋服屋」なので「トラディッショナル」な「アメリカの大学図書館」をイメージしてお店を制作いたしました。

 

 

 

お客様が仕事帰りに店内で疲れた身体を癒やしてもらいながら「出来るだけお客様に楽しんで、そして喜んで頂きたい・・」。そんな願いを込めました。


ただ単に「オーダースーツ、オーダージャケット」という商品を提供するだけでなく、これからは「オーダーメイド」という「ストーリー」を愉しんでほしい・・・・。という気持ちでお店を創りました。

 

現在「コロナ禍」の中で出来ませんが・・・昔の床屋さんのように「沢山の人達が集い、お客様同士でおしゃれの四方山話(よもやまばなし)をするお店」。それが私の理想のお店なのです。


バンチブックの小さなサンプルだけでなく、原反をオリジナルの棚に沢山ご用意いたしました。

私自らセレクトしたどこのお店にもないオリジナル・ファブリックの数々。

 

これで出来上がるスーツのイメージも、し易くなりました。

 

 

ご予約の方専用の個室をご用意いたしました。

壁は文京区の国立東京大学。


「東大の安田講堂」をイメージした素焼きの赤レンガの室内で他の人達に影響されないように、落ち着いた空間を作りました。

 

その中でじっくりと「お客様の大事なご要望」をお聞きいたします。

 

当店は「三密」(さんみつ)」が避けられる、広い店内。

 

衛生面には常に気を遣い、除菌を徹底して行い、コロナ感染予防対策をしっかりしておりますので、ご安心して来店いただけます。

 

そういったお店の雰囲気にしているので、どうぞお気軽にお店に来てくださいね。

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  

 

 

ドーメル秋冬物ツイードジャケッティングコレクション。


<ウッドランド>のご紹介。

 

「ドーメル」「ウッドランド」のくわしいことはこちらまでhttps://www.tailorwatanabe.com/category4/dormeuilwooland.html

 

 

 

 新ジャケット服地<ウッドランド>は、現代的なスタイリングにマッチする本物の“ブリティッシュジャケットコレクション”です。

 

くつろぎのプライベートシーンから都会のビジネスシーンまでオン・オフ問わず様々なシーンで活躍します。

 

 適度なウエイトがあり、ソフトで暖かな服地は防寒性に優れており、ジャケットはもちろん軽いコートとしてもお勧め致します。

 

 

多色の杢糸を紡いだ、メランジ調のファブリックは色柄に奥行きを与えます。

 

 

グリーン、ボルドー、ブラウンをメインカラーとしたウインドペンやグレンチェック、メランジパターンのマイクロデザインやホップサックなど、クラシックをベースにひねりの効いたデザインバリエーションを揃えました。

 

カントリー風でありながら、「ドーメル」らしい都会的なアーバン風の味も加味した「ウッドランド」。

 

あなたの気に入ったパターンを見つけてください。


◆製品特徴
-ブリティッシュテイスト
-トップス、ボトムス両用コーデュロイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  

 

今年、2020年

冬物スーツ素材のお薦め商品。


「スキャバル」から「トリプルA」のご紹介。

 

「スキャバル」「トリプルA」のくわしいことはこちらまでhttps://www.tailorwatanabe.com/category1/scabaltoriplA.html

 

従来あったバンチブックのサンプルを撮影し直してお見せ致します。

どのパターンもピカイチに素晴らしいですよ。

 

 「スキャバル」からの『TRIPLEA』はイギリスのハダースフィールドで伝統的な製法で織りと仕上げを施した、確かな品質の定番スーパーファインウールにカシミヤをブレンド。

 

 時間と手間を惜しまず丁寧に創り上げていく、英国のクラフツマンシップを色濃く反映した拘りのコレクション。

 

最高位の格付けを表す「AAA」(スリーA)からネーミングされ、伝統の持つ普遍性と現代のクールな力強さを持ち合わせた、『スキャバル』の定評あるオールマイティーな数々です。

 

スーパーファインウールの2plyヤーンを使用した綾織りで、弾力性に優れ仕立てやすく、上質な素材だけが生み出すことが出来る柔らかな手触りと美しいドレープが特徴で、品格のあるブリティッシュ・ルックが完成します。

 

ライト・ブルー~ダーク・ネイビー、ライト・グレー~チャコールグレーなどのシックな色合いを美しく調和させ、クールなグラフィック・チェック、ライトカラーのマイクロ・ヘリンボーンや上品なブルー系・グレー系のメランジなどのデザインで表現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスシーンはもちろんのこと、フォーマルな機会にも幅広くご活用いただけます。

 

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  

 

 

 

昨日に続いて「スキャバル」から長年ご愛用いただいている、「ロンドナー」コレクションからオーダースーツを御注文。

 

「スキャバル」「ロンドナー」のくわしいことはこちらまでhttps://www.tailorwatanabe.com/category5/scaballondonercollection.html

 

控えめな華やかさで魅了する

 

 


英国の首都ロンドンに住む都会的なビジネスマンをイメージしながら、英国の伝統を大切にして織り上げた、上品でチャーミングなファブリック。

 

「スキャバル」の『RONDONER(ロンドナー)とはロンドッ子、ロンドン市民を意味し、ロンドンの町をスタイリッシュに活動する紳士におくるコレクションで、トラディッショナルとコスモリティです。

 

 

洗練された細番手スーパー140s'ウールを使用した英国製でライト・ウェイトの250g。

 

クラシックなデザインに現代的な要素をちりばめ、大胆なビジネスマンとしてのオンの顔と、遊び心溢れるオフの顔の両方に対応出来ます。

 

 

ネイビー、グレーやブラウンをベースカラーに表情豊かなウィンド・ペーンや、色彩のコントラストが美しいストライプなどを多数ご用意しました。

 

 

 

 

上質なクオリティが正当派エレガンスを演出し、英国紳士のさりげない凛々しさを感じさせる『LONDONER』。

 

知的でクールな大人の品格が漂うコレクションをご提案いたします。

 

ライニングと釦はスキャバルオフィシャル釦。

 

 

ブライトなネイビーブルー地にミディアムグレーのライニングとシェル釦。

 

 

さりげなさにノーブルで紳士なたたずまい。

 

 

 

 

 

 

スペシャルプライスの詳しい事はhttp://www.tailorwatanabe.com/special-price.html

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html  

 

 

 

当店では、トラディッショナルな有名老舗ブランド「ハリソン」のロングホースソックスを販売しております。

 

 「HALISON」 は 知る人ぞ知る 靴下の老舗ブランド。


1966年の発売以来、、高品質なソックス専門ブランドとしてお取り扱いいただき、日本国内に渡り、ご愛顧賜っております。

 

 

   
紳士の身だしなみ、まずは足元から。


どんなにスーツが良くても足元のソックスがずり落ちていたり、足を組んで座っているときに、足のすねが見えては、台無しです。

 

ハリソンのロングホースはずれ落ちにくく、足の“ふくらはぎ”まで優しく包みます。


当店ショールームの、ケースに常時展示しておりますので来店なさったときには、どうぞご覧ください。

 

 

 

グーグルマップで店内が見られます。

 

https://goo.gl/maps/X1vb5Xmwcgn

 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.1詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/144935146801/tailor-watanabe-order

  
 

2016年フリーペーパー「rojiroji」に当店が掲載されました。No.2詳しい事はこちらまでhttps://rojiroji-blog.tumblr.com/post/147790642911/tailor-watanabe-fitting




 

2015年「ミスターパートナー」に当店が掲載されました。
詳しい事はこちらまで
http://www.tailorwatanabe.com/category1/mepartnertailorwatanabe.html



 

「日刊ゲンダイ」に「めっけもんはテーラー渡辺」で誌面に掲載されました。http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/156410

 

テーラー渡辺ホームページ(渡辺弘行)
http://www.tailorwatanabe.com/index.html