ライフ&アート 宅急便

ライフ&アート 宅急便

日常生活やスケッチの記録を徒然なるままに。
時々、好きな音楽やアートをシェア出来たら嬉しいです。


テーマ:

 

映画 「日日是好日」を観てきました〜ニコ

 

日日是好日 とは、禅の言葉で 「 にちにちこれこうじつ」と読むそう。

 

意味は、過ぎたことにこだわったり、来ない明日に期待をせず、

目前の現実が喜びであろうと、悲しみであろうと、

ただ、一瞬を精一杯に生きれば、その積み重ねで、

今までにない、素晴らしい1日になると。

 

 映画では、大学生の主人公が、人生の様々なことに出会いながら、

茶道に支えられて、25年かけて成長していく姿を描いています。

 

                      

 

  

 主人公を『小さいおうち』などの黒木華さん、

茶道の先生を樹木希林さん演じました。

 

                    

 

 作品の中に、同じことをただ続けられる程、

深い喜びはないという言葉がありました。

 

 主人公の人生の浮き沈みと対比され、型のもつ普遍性が、伝わってきました。。

所作の一つ、一つがゆっくりと意味をもち輝き、

庭のうつりゆく景色は、心に寄り添います。

                             チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップ赤チューリップ黄

女の子って、生きていくの本当に大変。。

 

就職、結婚、ずっと激しい選択の連続で

社会の差別の壁もあるし、

努力だけではどうにもならないこともあって

自分の限界が見え、希望を無くしてしまったり。

この日本社会で、一体何を信じていけばいいのか

わからなくなること多いと思う。

 宗教も政治も、あまり信用出来ないし

 震災を経て、物質は移ろうものだと自覚していて、

夢を持つことが難しい時代と思います。。

 

でも、この映画では 伝統の茶道に

変わらない所作の美がありました。

 

迷いに満ちた現代の、向こう側に流れる光へと

つながれるシンプルな美しさ。

 

樹木希林さんの、円熟した、綺麗な佇まい

黒木華さんの、演技の自然さに

終わった後、しみじみと日常がしみてきて、

 

お茶や、季節のうつろいを愛する心境になれる

そんな映画でした。

 

樹木希林さんは、

「死ぬことは、誰かの心に生き続けること。」

と言葉を残しています。

 

お亡くなりになってなお、輝きを増す 素晴らしい女優さんだなと感じます。。

 

 

 

 

 

 インタビューです。

 

 

希林さんは、心に生き続けます。ブーケ1

 

フォローしてね

 


テーマ:

素敵なJAZZ LIVEのお知らせです!

ファンであり、フライヤーやイラストを制作させて頂いているHAG DOC BANDがスペシャルライブを開催します!



 医師でありピアニストでもある萩野先生が率いるこのバンドは、クラシックやジャズ、スタンダード、民謡等 幅広いジャンルをアレンジし美しい音楽を創り出してきました。✨


今回は、国が違う三人のスペシャルゲストをお迎えします。


お一人は、MAREE ARAKYさん



 マリーさんの歌は、本当に素敵です。


ライブで聴いて以来、すっかり魅了されてしまいました。ライブ会場を明るく美しいものに変えていく力は、私のなかでいつも、澄んだ暖色をしています。


 マリーさんは、日比谷公会堂にてジャズボーカリスト新人賞受賞した実力派シンガー、MISIAに楽曲提供もされています。横浜、都内でライブ活動し、CDもリリースされ全国でコラボし活躍されています。


もう一人は、アシュトン・ムーアさん



 アメリカ デトロイト生まれ、サイラス・チェスナッツ、アントニオ・ハート、クリスチャン・マクブライドなどと共演し、日本では、平井堅のバックコーラスなどを歴任されました。


リッツ・カールトンなどでのパフォーマンスを始め、フィリップ・ウー・ライヴなどに出演されています。アシュトン・ムーアさんの歌はベルベットのような深い輝きがあります。


三人目めは、ロベルト・ディ・カンディドさん


 

 ブラジル、サンパウロ市生まれ、藤原歌劇団所属のオペラ歌手をされ、今回ライブではじめてお会いするのですが日本の曲の音源は、春の息吹のような、透明感が印象的でした。


 国が違う一流のボーカリスト達&

HUGDOCBANDが、どのような音楽を展開するのか、今からとっても楽しみです✨


 このバンドのライブには、勇気を贈られてきました。ミュージシャンの方達の音楽への愛と志とともに、


 萩野先生の医療を通した日々が音に滲む時があり、その旋律に深い希望があるからです。


  医療と音楽をつなぎ、人の心に寄り添う大きなテーマをもったバンドだと思います。


東京、神奈川の方、この機会に、ぜひライブを聴きに行ってみませんか?冬を彩る素晴らしい夜になることと思います。


また、違う地方の方、バンドの演奏はホームページから動画でみれます!ご興味もたれた方、

ぜひご覧


下さいね!

https://www.hugdocband.info/


11月25日 日曜日  場所 鶴川ポプリホール 

小田急線 鶴川駅から徒歩三分

https://www.m-shimin-hall.jp/tsurukawa/access.php


チケットのお問い合わせは、はぎの耳鼻咽喉科へ

042-728-8737

music@haginojibika.com




歌うマリーさん 元絵



フライヤー 青バージョン 


チケット サンプル

チケットサンプル2


浮世絵風、、


おまけニコ  

明日が良いものでありますように。。


                          では、また〜


テーマ:

 今日は、東京は雨が降っています。急に寒くなって冷えてきました。いかがお過ごしですか~

 

昔から、短歌が好きです。細々ながら、コスモス短歌会を続けていて、毎月 提出しています。先日、締め切り前に湘南の江の島水族館に行ってきました。

サンシャインや品川は何度も行ったことがあるけど、こちらの水族館ははじめてで、海や空が広くて、ほんといい場所で。

          うお座

水族館ってデートでいくのに最適ですね。

非日常で、夢があって。

魚は、ただ泳いでいる日常だけど、流れにのって楽しそうに見えて、観ている人もとっても楽しそう。

          クローバー

 

 日記のついでに短歌も詠んでみました〜

ここは、南国の海の魚を紹介するコーナー

 

 

 クラゲも水晶のような水槽で、水の膜の中で本当に綺麗でした。。

 

 

  水族館 暗闇の中 水槽は ジュエリーになる クラゲの輪舞

 
 
 クラゲって、水と一体化していて漂っていて、抵抗する感じも無く幸せそうに見えてきます。こんな脱力して生きれたらいいのにー

 

 

力抜き 流れのままに 生きる事 諭されており クラゲ導師に

 

水の中の世界は、細胞に遠い記憶があるような気がします。。

 

 

サメって人を襲う種類って凄く少ないらしく、大半はおとなしいそう。。

江の水では、様々な種類のサメを飼育してました。

お姉さんが水槽の中で、なついている魚と戯れる時間があって

小さなサメをおなかにのせて、一緒に泳いでいてびっくり。

エイや、カサゴもなついているものがあって、名前を付けていて

魚にも社交的な性格のものもいることを初めて知りました。

 

  古希の母 足取り軽く 孫達と 手つなぎ覗く 深海のサメ

 

 

エイ、沢山寄ってきました~ちょっと困った笑顔みたいですね。。

 

 

 エイの顔 泣き笑いして 重なれば ユラユラ光る 海の記憶よ

 

 

   

 

 

 

南国の夢映し出す魚たち沢山の人そっと見つめる

 

 
 家族でいる時、夫婦なのに、パパ、ママと呼び合ってしまいます。
皆さんどうしているんでしょう。

 

泳ぐタコ美味しそうだ話しあい 思い出せない恋の感触

 

 

 

帰り道 風も光も海へ行く ふと振り返る 片瀬江ノ島

 

 

江の島って、いついってもいいなと思う。

色んな体験が待っています。

チューリップピンククローバー

 

        


テーマ:

 

この夏は、小豆島に行ってきたことが印象的だったから、記録に残しておこうと思います!

        ブーケ2ブーケ2ブーケ2

小豆島と言えば、瀬戸内海の淡路島に次ぐ大きな島、

24の瞳の舞台であり、オリーブや素麺が有名ですね。

いい場所とはきいていたものの、どんな所なのか、

四国への帰省の前に寄ってみました。

 

エンジェルロードって聞いたことありますか?

 

小豆島の名所で、潮の満ち引きによって小道が現れたり消えたりする不思議な場所で、この道を手をつないで渡る二人は願いが叶うという言い伝えがあるそう

 

真夏日、渡ってみると、水の中に道が開け 千と千尋の神隠しに出てきそうでした。

向こう側に幾つか小さな島があり、先端は丸ごと自然体験施設に。

         あじさいあじさいあじさい

言い伝えの割には、手をつないでる人、少なめ。

 

渡りきった先の小さな島の入り口に、ホタテ貝に願い事がかかれたものが沢山ぶらさがっていました。

ん?神社?

 

 

奥には行けなくて、引き返したら道がどんどん消えかかってます。

凄いスピードで水の中へ。振り返ったら、一部道が消えていました。

 

渡れる時間帯は日によって違ってくるため、島の至る所に干潮満潮表があって、

道があらわれる時間帯を親切に教えてくれます。

            チューリップピンク

それにしても、小豆島の役場のポスター、

『光の中にあらわれたのはふたりの未来でした。』って

水に陥没しているような。前進めなそう。

何故、この時間帯に撮ったんでしょうか。 笑

 

目の前に海が広がる古いホテルに泊まりました。

 

港から送迎五分、スタッフの人は自然体で、

接客へ神経を尖らせているという風でもなく

親戚を迎え入れるような笑顔で、

 

よく来てくれましたね。部屋はこちらですよっと、

 

その構えの無さが、都会にない柔らかさがあって

自覚されていないから、、積み上げられてきた時をふっと伝えてくれました。

担当して下さった女性は、30代の切れ目の方

笑顔をたやさず、最後まで私たちの家族をみてくれて、

その人がご飯をついでくれると、美味しく感じられる凛とした姿勢の方でした。

 

華美な施設ではないけど、海水浴に行くには海の家セットで、

ゴザもシャワーも、パラソルも宿の無料貸し出し、自転車のレンタルもあり

親切な良い宿でした。お風呂超今一ですが、お食事は非常に美味しかった。

ホテル松風 https://www.matsu-kaze.jp/

 

小豆島国際ホテルという所は、エンジェルロード目の前で

素晴らしいロケーション&温泉があるんだけど、大人向けな感じがしました。

 

小豆島は、どちらかというと 春秋がよさそう。

観光スポットが沢山あるし、アクティビティもあるので、

シーズンオフも美しい感じでした。

 

夜明け前、どこまでも広がる海は穏やかで

 

一日一日を心待ちに出来るようで、

自然の力が優位な場所に行くと、

閉ざされたものが、ふっと ぬけていきそうでした。

    チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫

レンタルサイクルで迷路の街へ。

 小豆島には、小道が入り組んだ不思議な街があって、

ここに入り込むと何処にいるのか分からなくなるんです。ホテルのお姉さんも一回入った絶品焼き鳥屋さんに、二度とたどりつくことができなかったそう。

地元の、妖怪作家の作品でスタンプラリーになっていました。

うちの家族も、めちゃめちゃ迷いました。。

       クローバークローバークローバー

ふるさと村という所でカヤック体験もしました。

波が高く、大波小波をこえていくことに。

ヤックって意外に安全です。溺れる人はほぼいないそう。

 

いたとしても、スタッフ&救護船&ライフジャケットで助けがあるため初心者でもトライしやすい。 

ただ、この日は波がどんどん高くなり、途中で、あえなく中止連絡が。。

ボートで、引き返すことに。 せっかく行ったのに。。残念でした。えーん

 

 今年は、夏とっても暑かったですね。

 

でも、すこしづつ涼しくなって 秋の気配がしてきましたね。

これからはじまる日々が、充実したものでありますように。。

 

イラストワークも、再開していきます。

なるべく、更新していきたいなと思うようになりました。

ここまで目を通してくれてありがとうございました。 

 

絵画を描いています。

ご希望を聞いてイラスト制作することも出来ます。

もしよかったら、遊び来てくださいね。

人   


テーマ:
小豆島へ旅行に行ってきました! 
 
朝5時半に海に行き、段々明るくなっていく水を眺めていました。
 
私は美術と音楽が好きで、
島の写真を組み合わせ好きな曲を入れようとしたら、
著作権から出来なかったので、自分で作ってみました。 
 
インスタは1分だから途中で終わってしまいましたが、作るのは楽しいので、もう少し時間出来たら、写真やイラストと音を組み合わせた記録を作っていきたいと思っています。😊
 
ここを通し、ご縁を広げられたら。。
もし良かったら、読者になってくださいね 
🌻🌻🌻🌻
 
 


テーマ:

一点の絵画を、依頼を受け制作しています。チューリップオレンジチューリップピンク

 

HPです→http://tae.raindrop.jp/wp/ ニコニコ

 

 

今回は、何度かご紹介した HUG DOC BANDの

( https://ameblo.jp/taeyume/entry-12357462264.html)

ベーシスト多田文信さんの絵画を依頼を受け制作しました。

 

初めて彼の演奏を聴いた時、

その安定感と、深く美しい旋律に

とても、気持ちが楽になりました。ブーケ2

 

文信さんは、和田アキ子さんや、テレサテンさんの

バックもつとめれたベテランです。

 

デッサンを起こしているときに

イメージが色々伝わってくるのですが、

今回は、楽器が、文信さんをとっても

想っている事が

伝わってきたので、

その関係を絵にしたい考え

シンプルにしました。音譜

 

 

絵画を制作するときは、

写真からデッサンを起こし、

水彩画を描きます。

 

そこからデジタル

デザインにして広げます。

 

こめられた音には、

演奏者が大切に想っている時間

記憶がつたわってきます。

 

自分のなかの記憶も

日々忘れている事が

力のある人の音を聴いていると

 

違う世界へ、

違う意味へと

運んでくれます。

 

それは、音を通してしか出来ない

再編集される時間で

多くの存在とつながっていることに

気づかせてくれます。

 

演奏している人の時間は、

刻一刻と変化していくから、

いくつものイメージを作成します。流れ星

 

ある時は、夕方の星に浮かんでいるように。。

 

 

自由に、暖かく、

 

 

 

ファンキーな感じで

 

 

たたずむように弾いている多田さん

 

 

いつまでも、うつくしい音を奏でいって下さい。

 

 

 

これからも、絵画制作を通して

人の美しさに向き合っていけたらと思います。

 

知り合いを広げていきたいので、

良かったら読者になってくださいね。

 

よろしくお願いしますーークローバー

 

 

 


テーマ:

スティーブン・ジョブズ

伝説のスピーチに出会いました。

 

 

初めてこれを聞いた時、

その人生の起伏の激しさと

逆境を乗り越え、余命を知り

見えてきた世界はとても説得力があって、

どのように生きていけよいか

明確に伝わってきて

勇気がでました。ブーケ2

 

ジョブスは、点と線について話しました。

 

今やっていることが、

どのようにつながっていくかわからなくても、

今、自分が信じることを続けていれば、

点は線となり、

やがて星座のように

つながって輝く時が必ずくると。

 

そのために今、取り組んでいることを

続けていくことと話していました。

 

 

     

死を意識して今日を生きる時、

本当に必要なことが見えてくる、

恐れずにそれを表現して生きるようにと。。

 

ジョブスは、大学を中退してから一年半、

出たい授業だけ、潜りで参加し続けたんですね。

 

そこでカリグラフィーの授業を受けたことが、

後に起業した時、美しい字体を搭載したマックを

世に出すきっかけになったと。

 

その授業が無かったら、今のマックは存在しないと言っています。

 

向き合っている時間の数々は、

小さな点であって、その時は

どこにつながっていくのか分からない。

 

でも、

 

先の時間、今の体験が起点となる。

 

日々は、きっと

自分では分からないテーマがあって、

 

その連なりは、他の人の大切な点と

つながっています。

 

負の記憶に埋もれてしまいそうな時、

ジョブズが残してくれた言葉を思い出し

 

小さな点であるこの日々に

愛情をのこしていこうと思いました。

 

大変、良いスピーチだったから、また

時間あるとき、聞いてみてね。

 

           

 


テーマ:

週末は、JAZZのライブに行ってきましたチューリップオレンジ

 

耳鼻科医である萩野先生が率いる『HUG DOC BAND』は、

クラシックを基調にしたオリジナル・アレンジが得意です。

 

ポップス、スタンダード、民謡等も、

クオリティー高いJAZZへ流れ星

 

元の楽曲が有名だと、どうしても

印象が浅くなる傾向がありますが、

 

このバンドは、エッセンスを抽出し、

深みのある世界を立ち上がらせます。音譜

 

同じ曲のもつ、別の側面、

知っている月の

裏から眺める空のような

 

意外性がある世界が展開されていきます。

 

楽曲は、様々ですが、

 

共通して言えるのは、

感情の波に引き入れていくのではなく、

 同じ立ち位置に戻してくれるクールさがあり、

粋なものが多いです。

 

ベースの安田さんの

演奏は、華やかで落ち着いていました。

 

ドラムの有吉さんの、リズムは綺麗で

ソロの迫力が素晴らしかったです。

今回、こだわりのスティック、

満喫でした

 

 

音楽は、私にとって視覚体験でもあって、

様々な時間に再会し、

再編集される場所です。

 

ラプソティ イン ブルーが久しぶりに聴けて

凄く楽しかったです!

 

カンディンスキーの絵のような

圧倒的な世界観がひらけてくる

 

このバンドの、大好きな曲です。

 

 

 
また、沖縄民謡の安里屋ユンタが、JAZZにアレンジされ
これは、ベースがずっしりとしていて、骨太で、
 
この民謡にある、役人になびかないユンタの
反骨精神や遊び心を、粋な演奏で感じる事が出来ました。

     

 

また、今回は萩野先生が、患者さんと向き合う中で

弾いてみたいと用意した曲がありました。

 

ベースになっている経験は、きっと

病んでいる人に向き合い

良い状態へと引き上げてゆく日々で、

 

寄り添う姿勢

音になって伝わってきました。音譜

 

ライブの中には、常に

そこにしかないものがあります。

 

はぐどばんのライブは、

医療を通した日々から、

病める人へ希望を持ち続ける姿勢を

美しいメロディーでシェアしてくれます。

 
一緒にいった二人の友人も、
迫力があって良かった、知ってる曲が多く
楽しかったと言ってました。

 

 

東京の方、

遠方の方、CDもでているので

また ぜひ 聴いてみて下さいね。ニコガーベラ

 

   image 

 

イメージ映像

 

ラプソティ イン ブルー収録 ちょっと、遠いですが。。

近くだと、とっても迫力あります。照れ

 

 

https://ohagichann.exblog.jp/

 

 

 

ついでですが、安里屋ユンタ 上間さん のライブから。

 

沖縄、いいですね。好きです。また行きたいな~虹

 

 


テーマ:

タイトルを変更しましたチューリップピンク

 

イラスト関係はインスタを中心にすすめ

この場所は、日常生活の思ったことなどの

記録にしていけたらと思います。おねがい

 

何人か、親しいお友達が登録していることもあって、

徒然なるままに、日々を記録していきますー

 

万引き家族を観ました~

 

 

ネタバレ少し含みますが、感想です↓

https://ameblo.jp/taeyume/entry-12385312109.html

 

内容とは関係ありませんが、

汚部屋が、凄かった、、ポーン

 

耐えられない位散らかっていて、

速攻、片付けたくなりました。

 

整理整頓はそんな得意ではないけど、

7割は片付いてないと、気になる方で

 

部屋は箱庭のように

住んでる人の精神も、

時間も、人生も、

全部、左右すると思う。

 

だって、

 

どこになにがあるか分からない部屋は、

それが原因で家族がもめ

言わなくてもいいことを言って

二次災害へ

つながっていきます。

 

部屋を片付けるというのは、

もめ事を起こる前に解決する手段で

 

掃除=祈り かと。

 

あの汚部屋、ちゃんと片付ければ

スペースが出来るはず。。


どうやったら 暮らしやすくなるのかなとか、そんな事ばかり考えてしまった。

 

片付ける人が誰もいないけど、

気にならないのかな。。

 

万引き家族のレビューで、

面白く書いたものを見つけ、

とても、興味深く読みました!

そこに、

映画の安藤サクラは今一番抱きたい女&

素麺を食べたい女と書かれていて

 

あの映画見てて

あのスーパー片付けのされてない部屋で

食欲は湧かないな とか、

 

女性は、まず、その気にはなれないと

思いました。

 

男は、部屋は気にならないのでしょーか。

 

気持ちが悪くて、

女性は、まず、100パーセントで

ロマンチックな気分にはなれないと思う。ロマンスに空間はセットです。

 

掃除、大事!

 

片付け無くして、ロマンスは無し。

 

部屋、気になった人、いなかった?

 

これから観る方、映画の最初から最後まで

スーパー汚部屋が続きます。

 

覚悟してください。 笑チューリップオレンジチューリップオレンジ

 


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス