別の楽しみが・・・

テーマ:

 10月10日、東京ドームの巨人阪神戦、


 トラビスジャパン様のツアーで、友達と二人で行きます。



 私は阪神ファンです。


 おそらく10日は優勝を争う重要な試合になるだろうと期待していましたが、


 CS出場も絶望的な状況です。


 できたらキャンセルしたいくらいですが、キャンセル料はあまりにも高く・・・。



 真弓監督の「不可解な采配」も情けなく・・・



 嫌になってしまいますが、新たな楽しみを見つけました。



 ピッチャー西村の代走、または外野の守備固め?


 アンド、真弓監督へのスタンドからの罵声、




 この目と耳でしっかり確認してきます。


リーグ優勝へ・・・

テーマ:
 プロ野球セントラルリーグが面白いことになってますねー。

 終盤に差し掛かるこの時期に、

 4チーム、5チームが混戦です。



 我がタイガースは、首位ヤクルトとの直接対決を多く残しているので、

 ずっと楽しめそうです。



 そして、今年こそ・・・。

大成功!!宮田祇園祭

テーマ:

 実行委員の一人として、花火のアナウンスを担当した宮田祇園祭


 天気もよかったので、上々の人出、夕立も来ず、最高の祭りとなりましたー。




 祭りの最後は、神社の境内でナイアガラや大三国の仕掛け花火が行われます。


 私がいる放送席は神社から50mほど離れているので、


 木立の隙間から火と煙が見えるのですが・・・。




 あれっ、


 今出ているのは、煙じゃなく水のような・・・。




 どうやら、大三国の火の粉が木に燃え移って、


 杉の木が燃えだしたようです。


 消防の放水で消して、最後の大三国も無事終えました~。




 警察の方のお一人がご立腹な様子だったと、風の噂に聞きましたが、


 これは問題ないんじゃないでしょうか。


 大勢の実行委員が、速やかに観客を誘導し、


 すぐさま消防が消し止める。


 万全の態勢が、機能したのです。




 やっぱり、大成功です。


 警察の方がご立腹だったとしたら、他のことがあったのでしょう。


宮田祇園祭前日

テーマ:

 明日は宮田祇園祭 です。


 町の沿道にはすでに赤白提灯が飾られ、家々にも大きな提灯が下げられています。


 万国旗も今日から作業に入るのでしょうか。


 なんか、ワクワク感がいっぱいになってきましたね。




 私は、今年3月に母親を亡くしたので、祭りの表舞台には出ません。

 

 例年だと、阿波踊りで笛を吹くのですがね。



 今年は、宮田村ポータルサイト「こいこいみやだ」 のために、写真を撮りまくって、


 夜7時半ころから放送席に入って、花火のアナウンスをします。


 宮田祇園祭 にお出掛けの節は、


 私の美声に酔いしれてください。


何か、いる!

テーマ:

 うちのワンちゃんの、散歩コースにあるなんでもない水路。


 ワンちゃんは、あるとき水の中でドボッと音がすることに気付きました。


 

 この水路、ここでほんの少し幅が小さくなっているので、水が一瞬淀んで、ドボッって音がするようです。


 でも、ワンちゃんは「何かいる!!」と思いました。



みやだ旅サロンのブログ


 音に合わせて、下流へ向かって走ってみましたが、何もみつかりません。


 水の中に鼻先を入れてみましたが、何も見えません。



みやだ旅サロンのブログ

 しばらく待ってみましたが、


 何も出てきません。



 これを2週間くらい、毎日続けています。


 宮田村商工会館内で営業している旅行業、「みやだ旅サロン」もよろしく

宮田祗園祭の歴史

テーマ:
 宮田祗園祭 の翌日には、「宮田夏まつり」という、村民参加の祭りがありました。

 けっこう長く続いていて、大勢の参加者で見事だったのだけど、

 やめてしまいました。


 
 近隣でも、飯島町の「お陣屋まつり」、駒ヶ根市の「サンバカーニバル」

 一時はすごかったけど、やめちゃいましたね。

 歴史的な裏付けのない市民祭りは、続かないですね。



 その点、宮田祗園祭 は江戸時代中期から400年近く続いているものです。

 「あばれみこし」はいつから始まったか調べていませんが、相当古くからのものだし、

 祗園ばやし、屋台はもっと古い。

 商工会が祭りの夜を賑やかにしようと始めた「阿波踊り」も、すでに20年続いています。



 大したもんです。

 信州宮田村の地域ポータルサイト「こいこいみやだ」

宮田祗園祭の読み方

テーマ:
 宮田祗園祭まで、あと一週間と迫ってきました。

 村の商店街などにも、たくさんのポスターが貼られ、祭りの雰囲気が出てきましたね。

 

 ポスターを見て気付いたのだけど、

 「ぎおんまつり」と書いてありますね。

 「祗園祭」は「ぎおんさい」と読んだはずなんだけど、

 今年から名称が変わったのでしょうか。

 それとも、単純ミスか、商工会の人に聞かねば・・・。


 
 私が、花火のアナウンスをすることになっているので、確認しておかないと読み間違えてしまいます。



 マスコミの方や遠方の方が問合せの電話をくれる場合、

 ほとんどが「ぎおんまつり」と言いますから、全国的にはそちらの読み方の方が多いのかもしれません。

 信州宮田村の奇祭「宮田祗園祭」

冷やし中華の季節です

テーマ:
夏食べたいのはどちらかというと冷やし中華、それともソーメン? ブログネタ:夏食べたいのはどちらかというと冷やし中華、それともソーメン? 参加中

私はどちらかというと冷やし中華 派!


 冷やし中華は一年中OKです。「冷やし中華始めました」の貼り紙を見ると、嬉しくなってついたのんじゃいます。

 ソーメンは、ホントに暑いときだけですねー。

 それに、ソーメンはあまりよい思い出がありません。

 子供のころ両親が、「暑い、暑い、夏はソーメンに限るね。こんな暑いとおかずもいらない」と、

 まったくのソーメンのみの食事。上に乗せても、海苔だけとか、よくて玉子焼きときゅうり。

 私は肉が食べたかったのだ~~。


 
 私にとっては、貧しい食事の代表がソーメンなのです。



夏食べたいのはどちらかというと冷やし中華、それともソーメン?
  • どちらかというと冷やし中華
  • どちらかというとソーメン

気になる投票結果は!?