デザインで飲食店作りをサポートするタベルノモデザインブログ

デザインで飲食店作りをサポートするタベルノモデザインブログ

デザインで飲食店作りを応援するタベルノモデザインの代表、中川あやのブログです。主に女性がお客様の飲食店作りや食×デザインのお仕事をしています。

タベルノモデザインの中川あやです。
女性がキュン♡とする飲食店作り役立つ記事を書いています。

テーマ:

前回、

 

こんな記事↓

 

赤ちゃんがぐっすり朝まで寝てくれる様に色々やってみたこと

 

をざっくり書いてみたのですが、詳しくは明日書きます!宣言をしていて

 

 

1ヶ月も経過してしまいましたので、笑

 

 

詳しく書こうと思います。



※生後7ヶ月になりましたのでいくつか追記します。

 こちらで紹介しているものは生後すぐ〜4ヶ月頃の赤ちゃんにできることです。

5ヶ月頃には1人でずっと寝て朝まで夜通し眠れるようになると思います。

 

 

 

 

最近の娘は、17時半にお風呂に入り

 

 

17時45分にお風呂から上がり、

 

 

18時にはコテっと寝て、明け方5時頃から6時半ごろまでぐっすり寝てくれています。

 

 

 

生後3ヶ月頃までは寝かしつけといえば抱っこしてゆらゆらだったのですが、

 

 

ここ最近(4ヶ月)は寝る前の授乳が終わると勝手に寝始めます。

 

 

 

寝かしつけがぐっと楽になったのは、前回書いた通り10個のことをキッチリ守ったおかげかなと思っています。

 

 

全ては本のおかげ..!

 

 

 

どなたか赤ちゃんの寝かしつけで苦労されているかもしれない私と同じ新米ママのお役に立てれば....!

 

 

 

まずは!

 

1.昼間は部屋を明るく体を動かす!寝る時は真っ暗に(お昼寝の時も)

 

大人もそうですが、朝起きて強烈な陽の光にあたったり、朝ごはんを食べることで

 

体内時計がリセットされるそうです。

 

娘の寝室は運良く東向きの部屋なので、朝は眩しい〜!!!!

 

というくらいなのでレースのカーテンでも明るいです。

 

なので朝7時にはカーテンを全開に開けます。

 

寝る時17時半は、季節にもよりますがまだ明るいので

 

遮光カーテンできっちり暗くして寝かしつけをします。

 

お風呂から出た後は、リビングへ行かずに真っ暗な寝室へ直行!

 

 

 

 

次に、、

2.生活リズムをきっちり守る。(寝かしつけの時間はきっちり決める!)

 

病院を退院してからずっと毎日、

 

17時半にお風呂→寝る前の授乳→寝る→朝7時にカーテンを開けて自然に目を覚ます。

 

これを徹底しています。

 

18時半には寝るのですが、日本でいうと18時半早すぎ!と思うかもしれませんが

 

海外では18時19時頃赤ちゃんが寝るのは普通みたいです。

 

日本では夜更かしの赤ちゃんが多いそうです。

 

多分理由としてはお父さんが帰ってきてからお風呂に入れるからかと。

 

我が家は土日限定でパパのお風呂にしています。

 

 

 

 

 

3.授乳を睡眠グッズにしない

 

同じ部屋で隣のお布団で赤ちゃんを寝かせたりしていると、

 

「添い乳」というのをするのが一般的?みたいなのですが、

 

睡眠に入るために毎回授乳をしていると、習慣になってしまうので

 

添い乳はしない方が良いみたいです。


 

でも何もないと赤ちゃんは始め落ち着かないので、

 

指をおしゃぶりし始めたころから、寝る時限定でおしゃぶりを使っています。

 

このおかげで、今(生後4ヶ月)ではおしゃぶりをくわえさせればすっと寝てくれます。

 

ただし寝る時限定!にしないと、睡眠アイテムにならないので気をつけないとです。

 

 

 

 

4.添い寝はせずに、別室でベビーベットで寝かせる

 

これ、最初はかなり抵抗があったのですが、

 

寝かしつけのための本には、ほとんど別室を推奨していました。

 

なぜかというと、赤ちゃんは寝ていても寝言を言いだしたりするそうで、

 

それを起きたと勘違いして夜中の授乳をしてしまったりして目を覚ましてしまう。らしいのです。

 

あとは同室だと、親がドキドキして(←私だけ?)ぐっすり眠れないので別室がオススメです!

 

色々と生きているか心配になると思うのですが、それは8のベビーモニターで!

 

 

 

 

 

5.ベビーベッドはまんまるねんねで

 →追記 5ヶ月あたりからまんまるのところからはみ出るようになりましたので、それからは平らのベッドにして寝かせています。


大抵の育児雑誌やネット?では、硬い平らな寝具で寝かせましょう。

 

ということが書いてあるのですが(窒息しないために)

 

赤ちゃんは10ヶ月の間、ずっと背中を丸めて縮こまっていたので、

 

産まれてから急に はい!背中を平らにして寝ましょう!と言われても

 

うまく眠れないそうなのです。

 

背中がまっすぐにするより、背骨をCカーブにした方が酸素の透過率?も良いそう。

 

これは私が切迫早産の時に大変に!!お世話になった、

 

トコちゃんベルトを開発した渡部信子さんが書かれた本に詳しく解説されています。

 

本はこちら

 

 

 

6.スワドルミーを使う

→追記 モロー反射がなくなったり、自分で手を出す頃には卒業しました

 

お次はスワドルミー。

 

 

スワドルミーって聞いたことあんまりないかもしれないんですが、

 

日本でいう「おひな巻き」の海外バージョンです。

 

おひな巻きは、赤ちゃんがお腹にいた時のように、

 

布でキュッと包んであげると安心してぐっする眠れて、

 

赤ちゃん特有のモロー反射というビクッと手足が反射的に動くのを防ぐ、というものなのですが、

 

なかなかおひな巻きをするのが難しく、、、かなりてこづっていました。

 

なんか良い方法ないかなーと探していたところ、

 

アマゾンで発見!おくるみがしやすい!脱げにくい!ということでかなり助かりました。

 

私が買ったのはこちら

 

使い始めたのは2ヶ月頃だったので、新生児の時から使えば良かった!と思うくらいしっくりきました

 

 

 

7.トッポンチーノを使う

→追記 これも寝る前のミルクor授乳が終わった後勝手に寝るようになれば卒業です

 

これは何かというと、赤ちゃんを抱っこする時に敷くクッションみたいなものです。

 

よく、寝かけた赤ちゃんをベッドに下ろすと、背中スイッチ発動!みたいになるのですが

 

初めからクッションに赤ちゃんを載せた状態で寝かしつけをして、ベッドに戻すと、

 

腕から離れた時の感覚?が薄いのか、背中スイッチ押したまま笑ベッドに戻せます。

 

このアイテムも、本当よくやってくれてます!!w

 

こちらも新生児から使えばもっと楽だったかも。

 

これはネットの記事から見つけました。

 

 

 

8.ベビーモニターを使う

 

これは別室で寝かせる時の必須アイテムです。

 

別室で寝かせていると、「ちゃんと息してる?!」「布団が顔にかぶってない!?」とか

 

そわそわするのですが、ベビーモニターを使えばいつでも寝顔を見て安心できます。

 

が、、

 

それでも心配な我が家は、病院で使っていた心臓や呼吸が止まるとアラームが鳴る

 

ベビーセンスというアイテムを使っています。

 

↑この正式なところで買うのがなんか購入に至るまでが面倒そうだったので、

 

楽天のこちらで購入しました。

 

今でも夜はもちろん、お昼寝の時も使っています。

 

 

 

 

9.日中はお昼寝をしすぎない

 

新生児の時は寝たり起きたりですが、1ヶ月を過ぎると放っておくと1時間半以上寝たりする時もあるので

 

そんな時は1回のお昼寝が1時間半以上にならないように、1時間半が過ぎたらカーテンを開けて自然と目を覚ますようにしています。

 

赤ちゃんによってお昼寝する時間はそれぞれだと思うので、その子にあった時間で良いかと思います。

 

日中は活動的に、夜はぐっすりで!

 

 

 

 

10.日中の間に1日に必要な授乳量をしっかり与える

 

これはよくあるジーナ式の本に書いてあります。

 

赤ちゃんは1日に必要なエネルギーをとれば、夜はぐっすり寝てくれる。とのことです。

 

ジーナ式のようにきっちりタイムスケジュールは組んでないのですが、日中は規則正しくこまめに授乳していました。

 

 

 

 

以上です!!

 

 

あ、最後に!夜通し寝てくれるということは、授乳もその分空くということなので、

 

毎日必ず寝る前に搾乳してから寝ないと夜中にしんどいことになりますのでお気をつけてくださいー!

 

 

 

 

全てはこちらの本に詳しく書いてありますので、ぜひ読んでみてくださいー!!

 

カリスマ助産師トコちゃん先生の 赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本

 

赤ちゃんもママもぐっすり眠れる魔法の時間割

 

カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座

 

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

 

 

産後4ヶ月の今、私が早く寝ればですが8時間は自分がぐっすり眠れます。

 

おかげ?で産後の抜け毛とかないですし(これからか!)、

 

日中のお世話が大変でも、18時に寝てくれた後は

 

自分の時間としてゆっくりご飯を食べたりお風呂に入れます。

 

私の場合は仕事してたりもします。。

 

 

それとそれと!

 

昼間のお昼寝も4ヶ月になるとおしゃぶりをくわえただけで自分ですっと寝ます。

 

始めは起きていても、ベビーベッドに寝かせておしゃぶりをくわえさせ、部屋を暗くすると2分後に自力で寝ます。

 

寝るタイミングを見極めればですが、今は授乳からぴったり1時間後に眠くなります。

 

 

 

 

その子によって全然違うと思うのですが、(うちは女の子だから楽なのかも)

 

少しでも夜の寝かしつけに苦労しているかもしれない方ー!

 

ぜひ色々試してみてくださいー!

 

 

偉そうに色々と失礼しました!

 

 

 

 


テーマ:

日曜日!

 

 

今日は明日の夏メニューの撮影のために食器のリースやらグリーンの手配等もろもろお仕事してました。

 

 

旦那さんは土日休みなので、娘を預けて..

 

 

 

で今寝る前にふと思い出してブログを更新しているんですが、

 

 

 

周りの人に、赤ちゃんが夜の6時に寝たら明け方までぐっすり寝てくれる、という話をすると

 

 

 

なんでなんでー!?と聞かれるので、今日はそのことを書こうかと思います。

 

 

 

切迫早産で自宅安静しなければいけなかった私は、

 

 

 

もう寝っ転がってるしかないので、ひたすら本読んだり映画観たり、

 

 

 

その中でも育児書は相当な冊数読んだと思います..!

 

 

 

特に寝かしつけの本は熱心に読んでいたので、その方法を実際に試したところうまくいきました!

 

 

 

なので、有益なことをブログには書こうと思っているので

 

 

 

どなたかの役に立てれば..!と思うので読んでみてください。笑

 

 

 

 

色々やりましたがこんな感じでしょうか??

 

1.昼間は部屋を明るく体を動かす!寝る時は真っ暗に(お昼寝の時も)

 

 

 

2.生活リズムをきっちり守る。(寝かしつけの時間はきっちり決める!)

 

 

 

3.授乳を睡眠グッズにしない

 

 

 

4.添い寝はせずに、別室でベビーベットで寝かせる

 

 

 

5.ベビーベッドはまんまるねんねで

 

 

 

6.スワドルミーを使う

 

 

 

7.トッポンチーノを使う

 

 

 

8.ベビーモニターを使う

 

 

 

9.日中はお昼寝をしすぎない

 

 

 

10.日中の間に1日に必要な授乳量をしっかり与える

 

 

 

 

あ!きっかり10個に収まりました。笑

 

 

 

 

産まれて病院にいる時も、日中はカーテン全開!さすがに産まれたては夜中も起きてましたが、

 

電気はつけず暗い中で授乳したり、、

 

 

 

そんなこんなで3ヶ月になるころにはぐっすり寝てくれます。

 

 

おかげで夜の7時からはフリータイムになるので、ゆっくり夜ご飯を作ったり

 

 

旦那さんと録っておいたドラマを観たり、、

 

 

割とゆったりできていて、睡眠時間もバッチリとれるので

 

 

産後の体の回復も良い感じです..♪

 

 

 

 

ざっくり書いたので、明日は一つ一つ詳しく書こうと思いますー!

 

 

 


テーマ:

土曜日。

 

 

今日は娘を連れて、フードスクール時代のお友達とランチをしました。

 

 

以前勤めていた会社を辞める半年前から、食関連のスクールに通っていて

 

 

その時出会ったお友達なのですが、結婚するということで久々に会いました♡

 

 

今ではその友達も、食関連サービスの今グイグイきている←言い方が古い

 

 

スタートアップの会社でバリバリ働いています♡

 

 

とても幸せそうで、幸せパワーいただきました!♡

 

 

と、フードスクール時代のことを急に思い出し、

 

 

改めて決意したのでここに気持ちを書いておこうと思います。

(大したことではないですが笑)

 

 

 

飲食店のデザインに関するお仕事で独立する!と大学生の時に決めたスケジュールでは、

 

 

30歳で独立して、確か33歳で第一子誕生、みたいなことを書いていました。

 

 

どちらも少し前倒しましたが、とりあえず当時のスケジュール通り..?

 

 

継続でお世話になっている会社さんも増えて、今は飲食店さんのお手伝いをさせていてありがたき幸せ....です。

 

 

が、ここ最近、これで良いのか??と思うことあり。

 

 

なんだか、率直にいうと自分のお店、なのか場所が欲しいなーーと思っています。

 

 

前にも書きましたが。

 

いつか、、♡シリーズ〜その1〜 お店をやりたい!

(やたらテンションが高いブログ.. 泣 恥ずかしい..)

 

 

30代の目標にしてみようかな..!と本格的に思い始めました。

 

 

まだ、なーんにもノープランなのですが、

 

 

いくつか決めたことは

 

 

・場所は地元近く

私の実家は横浜市なのですが、妊娠してから実家の近くに移り住んだこの町でやりたい。

思いっきり住宅街で飲食店が皆無!泣

 

 

・カフェだけど、カフェじゃない

ずばり、シェアオフィスにカフェが入っている感じ。私の事務所もそこに入っていて、

同じような一人で仕事しているような人が仕事しに来たりご飯を食べに来たりできる場所に

これからは個人で仕事をする人が絶対に増えると思う。

 

 

・飲み物が美味しい。充実してる。

コーヒーが美味しいとか、ノンアルコールメニューが充実してるとか。

 

 

・魚が食べられる

世の中のカフェって大体同じメニューな気がして、魚が美味しいカフェが良い。

ただの魚料理といよりは、洋風の魚料理が食べたい...!

一般家庭が作らないような洋風魚料理が出てきたら良いな。

 

 

・子供も入れる

赤ちゃん連れもOK、が良いな。子供が生まれると思った以上に行けるお店がなくて困る〜

思いっきりママカフェ!だと入りづらいから、赤ちゃんが泣いたり子供が騒いでも、

寛容な雰囲気のお客さんが来るイメージ。

 

 

・朝から夜までやってる

朝は朝活に、昼はランチ、夜はバーみたいな感じでオールディカフェにしたい

人件費高騰。笑

サードプレイスみたいな。だってこの町にスタバができる気配全くないので。。笑

 

 

・居心地が満点に良い!

ここは、絶対なところ!席を詰め込んでお客さんの回転率あげる!よりも

全席居心地よくて、誰にも教えたくない秘密のカフェみたいにしたい

絶対赤字 笑

 

 

・パンケーキも食べられる

え、魚じゃなかったの!?という矛盾を抱えていますが、

自分でやるなら好きなものを詰め込みたい。笑

パンケーキはふわふわのリコッタパンケーキにしよう。

 

 

・やきとりも食べられる。

え、やきとりも!?という感じですが、夜のバータイムはやきとりも出てきたら素敵すぎる。

誰が焼くの?仕入れは?とかあるけどやきとり好きだからあったら良いな。

 

 

・週に1回はイベントがある

料理教室だったりワークショップだったりお勉強会だったり。

食にまつわる人が集まる拠点にしたいなー

 

 

夢物語は自由に書いても良いですよね。笑

 

 

 

期限はいつにしようか..!

 

 

不動産的にも内装業的にもオリンピック後かなー。

2020年、33歳か。

 

遅くとも35歳か。

 

 

 

あとはお金、人はどうするか?

 

 

 

私は料理もドリンクも作れないので ←え

(素人に毛が生えた程度の日本酒とワインの知識はあります。笑)

 

 

ワンピース的な感じで(ワンピース読んだことないけど)

 

 

 

仲間を集めるしかない〜!

 

 

 

魚料理、特にイタリアンとかが得意な料理人の人は絶対..!

 

 

 

夜は真面目にバーにしたいので、バーテンダー的なことができる人。..!

 

 

 

接客やらイベント企画を任せられる可愛いくて若い女の子...!

 

 

 

私は店内のデザインとかディスプレイとかグラフィック頑張る。笑

 

 

 

飲食店やるなら、自分がまずは店に立てないと絶対ダメ!なのは重々分かっているのですが、

 

 

 

素人が料理を作るカフェにはしたくないなーーと。

 

 

 

私が修行に出るには遅すぎるので、仲間をみつけるぞー

 

 

 

あとはお金、取得する物件の状況によって大きく変わってくるけど、

 

 

 

最低でもX00万、雰囲気重視で店内のインテリアは最低限ちゃんとしたいからマックスX000万くらいかなーー

 

 

 

広さは、、10坪未満!

 

 

 

資金もそうだけど長い道のり。

 

 

 

1万歩先にゴールがあるとしたら今日は半歩目くらいかな。

 

 

 

これから育児で忙しくなりそう!な時だけど、

 

 

娘は6時から朝までぐっすり寝てくれる、本当に親孝行な子なので、

(まだ生まれて3ヶ月なのに。。。泣)

 

 

多分その時間使って頑張れよ、母。と言っている気がしてならない。

 

 

日中は通常のお仕事をきちんと完了させなければいけないので、頑張ろう。

 

 

私は予想どおり、子供が生まれても自分のやりたいことをやりたい人だったので、

 

 

娘にも、自分のやりたいことを目一杯できる環境を整ようと思います..!

 

 

 

 


テーマ:

昨日の続きの出産レポを..

無痛分娩出産レポ!その1

 

明け方になっても私のいきみが弱いため

 

 

赤ちゃんが子宮口にすっぽりフィットして動かない状態に。。

 

 

私の方はというと、痛みはないので

 

 

ずっと寝そべったままなので、ドキドキ緊張していたのも薄れて

 

 

だんだん退屈になってきました。笑

 

 

 

何回か助産師さんといきみを頑張っていると、

 

 

6時過ぎに例の若い先生がやってきて、

 

 

 

「赤ちゃん元気なうちに吸引しましょうか?」

 

 

とのこと。

 

 

子宮口に挟まっている頭が少し腫れてきたそう。。!

 

 

よく吸引や鉗子分娩は絶対嫌!という妊婦さんもいますが、

 

 

私の場合は元気なうちに早く出してあげたい!(終わらせたい)

 

 

気持ちが強かったのでお願いしました。

 

 

(今考えれば万が一の事故とかもあるので、安易にお願いしない方が良かったかな..)

 

 

 

着々と機械のセッティングがされ、

 

 

先生はトイレが詰まった時に使うようなゴム製の漏斗みたいなものを持って

 

 

ごそごそ始めました。

(下の方で何が行われているかは見えないのでわからない 汗;)

 

 

掃除機みたいな音がしつつ、、、

 

 

そのうちに、

 

 

「おにゃ〜..!! > <」

 

 

まだ挟まったまま赤ちゃんの泣き声が..笑

 

 

助産師さんに「まだ産まれてないよ〜^^」と言われているうちに..

 

 

 

...!スルッといつの間に赤ちゃん登場!

 

 

 

へその緒を首に巻きつけていました!笑 しかも二重!

 

 

 

いろいろと処置をした後、私の胸にやってきました。

 

 

その時の感想は...

 

 

「うわ〜こんな子がお腹の中にいたのか〜♡」と不思議な気持ちに。。

 

 

壮絶な自然分娩じゃなかったので、割と冷静に赤ちゃんを見ていました。笑

 

 

 

その後赤ちゃんは体重を測ったり検査をしたりで一時退出。

 

 

 

この後、、、は

 

 

また次回書きます!

 

 


テーマ:

昨日で我が子は生後3ヶ月となりました!

 

 

最近はもうだいぶ生活リズムが整ってきたので、

 

 

夜6時半には寝て明け方1回起きて授乳、

 

 

7時には起きてそれから2〜3時間おきの授乳と30分程度のお昼寝を繰り替えす生活です。

 

 

出産前にはた〜くさんの出産レポを読んで勇気づけられたので笑、

 

 

私も出産レポを書きたいと思います!

 

 

 

私は新横浜にある、産婦人科から産科、小児科等がある病院で出産しました!

 

 

新横浜の病院、となると横浜で出産をした方はどこ病院か分かるかもしれませんが;

 

 

 

 

 

2月22日の計画無痛分娩の予定でした。

 

 

2月14日の夜中23時半頃、寝ようとした時「ドンドン!」と

 

 

 

お腹を蹴られた〜> < 痛いな..と思っていたら、チョロチョロとした感覚があり

 

 

 

おそるおそるトイレへ..。

 

 

 

ごく薄く、おしるし発見!(薄いピンク色..)

 

 

 

早まったかー!と思い、夫を起こして病院に連絡。

 

 

 

入院準備を持って来てくださいとのことだったので、タクシーで病院に向かいました。

 

 

 

その途中もチョロチョロと流れる感覚があり、、大きめのナプキンをあてながら無事に病院到着!

 

 

 

この時2月15日の0時半頃。

 

 

 

病院着に着替えて、いざ深夜の当直?の先生にみてもらったところ

 

 

子宮口2センチ!

 

 

だんだんと腰が痛くなってきました。。

 

 

これが陣痛か!

 

 

 

ただ担当の先生(その病院で一番人気の先生)がその夜はいらっしゃらなく、、泣

 

 

当直の先生(とっても若い先生)しかいないとのこと。。

 

 

 

無痛分娩希望だったので、このタイミングで麻酔を入れないとどんどん陣痛の波が襲ってくるのですが、、、

 

 

 

初めてお見かけした若い先生だったので、

 

 

 

正直大丈夫かな!!??ととても心配に。笑

 

 

 

 

無痛分娩の一番気をつけなければいけないのは

 

 

 

腰から麻酔を入れる時とその後の経過がとっても大事なので、とっても心配。。。笑

 

 

 

と思ってその先生に麻酔をいれてもらうかどうか悩んでいるうちに、腰の痛みの波もピークに!;

 

 

 

みてもらうとなんと子宮口7センチ!

 

 

 

病院に着いて1時間で2センチから7センチまで開いていました。

 

 

 

さすが←?切迫早産だけのことあります。

 

 

 

先生もこんなに子宮口が開くスピードが早いのは見たことない!と言っていました。

(不安を煽る発言。;)

 

 

このままだと一気にお産が進みそうなので、その若い先生に麻酔を入れてもらうことに。

 

 

 

やっぱり麻酔を入れるにも時間がかかるみたいで、その間も陣痛の波と戦っていました。

 

 

 

痛みは最強の生理痛という感じ。笑

 

 

 

麻酔を入れて20分くらいたったところでようやく痛みがすーっとなくなってきました。

 

 

 

そこから処置室からLDRへ運ばれ、時間は1時過ぎ。。

 

 

 

急に楽になったので、夫と話をしたり、助産師さんといきみの練習をしたり

 

 

 

無痛分娩だと痛みがないので、いきみのタイミングが自分ではわからないのです。

 

 

 

モニターで陣痛の波を助産師さんが見ながら、はい、いち、にい、さんー!

 

 

 

みたいな感じです。

 

 

 

が、、さっきまで猛烈なスピードで子宮口が開いてきていたのに、

 

 

 

急に緩やかに。

 

 

 

 

それから2時、3時、4時と過ぎていき、

 

 

 

5時頃子宮口全開!

 

 

何度かいきんでみますが、痛みがないのでいきむにも力が入らず、、、;

 

 

 

助産師さんは同じ時間に何人かみているようなので、たまに助産師さんがきて

 

 

 

3回くらいいきんだ後退室する感じだったので、ほとんど夫と二人で待機している時間が多かったです。

 

 

 

途中少し痛みが増してきたので、麻酔を追加。

 

 

 

この頃5時半頃。

 

 

 

 

長くなってきたので続きは明日書きます♩

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス