アラフィフ主婦のWDWへの道・・それから他の旅行も

アラフィフ主婦のWDWへの道・・それから他の旅行も

3年連続のWDWですっかりディズニーファンになりました!
ディズニーワールドや、その他の旅行のこと、書いています。
よかったらお付き合い下さい!!

旅行が大好きで、国内海外を問わず、あちこち行ってますラブラブ




3年連続、WDWに行きました。

ハワイ、HGVCオーナーです。




旅行好きな方と、仲良くなれたらうれしいです。



最近は、両親の介護も頑張ってます。
こんな時に、旅行!?

…と、言われるのは、承知の上ですが、沖縄にいまーすラブラブ

父は、今、体調も良く、心配ないので…






関西は晴天だけど、沖縄はまだ、梅雨どっぷりガーン

雲空です笑い泣き

ホテル、1泊目はJALシティ那覇。

広めの部屋です。
このタイプは、初めてで、なかなかいいです!!










 

チェックインして、夕食へ。

事前に調べていた、このお店。
JALシティ那覇から、徒歩2分。

美味しかったービックリマーク

気に入りました。
国際通り、少し逸れたところの、イリー。

また行きたい爆笑

明日から、リゾートに移動。

天気予報は、雨ばかりですが、のんびりしまーすチュー

3連勤で、実家に行っていた私。

父の体調は、今は結構、良い感じ爆笑

…と、いうことで



久しぶりに…


ランチはKYKで。




久しぶりのこの、至福の時間ラブ


行ってきます。
国内だけど、楽しみ過ぎるハート

5月の終わり、まだ入院中だった父のところに、役場から、父の介護認定をするために面談に来ていただきました。

 

その後、まだ認定結果が出る前から、介護ベッドの借り入れ、車いすの借り入れ、そしてお風呂のシャワーチェアーの購入などの手続きを先に進めてきました。(ケアマネさんのアドバイスにより、たとえ要支援1でも、この範囲なら大丈夫、と言ってもらえる範囲内での手続きです)

 

そして、ケアマネさんが実家に来て、生活場所を見て回った結果、お風呂のドアがうち開きなのが、少し心配だ、と言われました。

 

シャワーチェアーを置いて、中に入ろうとすると、結構苦労するなー、とは思っていましたが、確かに、内開きだと、万が一ドアにもたれるようにして倒れたりしてしまった場合、外からドアを開けられない可能性はあるな、と。

 

このドアも、2つ折りにして開けられるものに変えてもらおう、と見積もり依頼。

 

8万円ということでしたが、仮に全額負担になってもいいからお願いしよう、ということで、近々交換してもらいます。

 

ケアマネさん曰く、この工事も、要介護認定が通れば、内容によっては自己負担は1割になる、ということでしたが、両親は数年前に、父が要支援1、母が要介護1の時、家じゅうに手すりを付ける工事を介護保険でしていて、残高はもうない、ということでした。

でも、もし父が、3段階以上、上の認定がされたら、再び20万円の保険金が発生します、と。

 

要介護2なら、3段階以上上になるね、と言っていましたが、一見、元気そうに見えるし、自分で動けるし、要支援になってしまう可能性もありますね、と言われていました。

 

そして、なかなか、認定の報告が来なくて、どうなってるんだろうね、と言い出していた今日、役所から通知が!

 

 

結果、父は要介護2、と認定されました!!

 

あんなに強烈な認知症の母は、まだ要介護1、なのにねびっくり

 

 

とりあえず、これで、お風呂のドアは安心です。

 

さらに、要介護2、と認定されたし、お昼だけでもヘルパーさんをお願いしようか、と言い出してくれました。

 

このまま、介護生活が続いたら、お前たちの体ももたんやろうからな、朝は、パンを置いておいてくれたら、自分で食べるし、ママをデイサービスに送り出すのも、最近はそんなに大変じゃないから、夜だけ来てくれたらいいよ、と。

 

 

お金のことがひっかかって、今までヘルパーさんに反対していたのか、それとも、さすがに私たちの疲労感を感じ取ってくれたのかは、定かではないですが・・・・

 

とりあえず、父は夜だけで、と言いますが、朝と夜は、妹と手分けして行き続けようと思っています。

 

それでも、お昼だけでもヘルパーさんを頼めたら、母をデイサービスに送り出した後、夕方5時過ぎくらいまで時間をつくれるので、かなり楽です爆  笑

 

現状は、6時過ぎに家を出て、7時半に到着、朝ご飯、母の送り出しの後、片づけものをしたりして、11時半ごろまで過ごし、昼食を作って食べさせた後、片づけて帰っています。

 

 

なので、最寄り駅に戻って来たら、早くても13時。

 

夜の準備のため、再度家を出るのは15時半。

 

 

この時間に、買い物に行ったり、掃除や洗濯をしたり・・・なので、とにかく、忙しくって・・・アセアセ

 

お昼をしなくてよければ、10時には自宅に帰っていられるので、この3時間の差は大きい!!

 

来週、また父と妹とで、ケアマネさんに相談して決めてもらう予定ですニコニコ

 

 

無理のない範囲で、見守っていってあげたいと思っています。

 

 

それにしても、父が要介護2、で母が1、なのはどうにも納得いかないような・・・笑い泣き

 

次回の見直しで、ちゃんと進んだ認知症の状態をチェックしてもらいたいものです。

 

 

image

 

海を見たーい照れ

今日も実家当番でした。

 

早朝から駆け付けた実家、7時半には到着しましたが、すでに洗濯を終えていた父。

 

早く目がさめたから、と。

 

いやいや、ゆっくりしていてよ~アセアセ

 

 

さっそく、朝食を作ります。

 

お手伝いに来てくれる母に、「牛乳、温めるか冷たいままにするかパパに聞いて来て」とお願いすると、「わかった。牛乳、温めるか冷たいままか、聞いてくる。牛乳、温めるか冷たいままか・・・」と、つぶやきながら居間まで聞きに行ってくれて、ちゃんと「どっちでもいい」という返事をもらってきてくれました照れ

 

最近は、キッチンから居間までの間、記憶を保つことが難しくなっていたので、ちゃんとお使いができて、本人も私も、嬉しかった出来事でした!!

 

 

その後、掃除したり、片づけものをして、JRの駅まで戻り、待ち合わせしていたのは、母の妹である叔母と、そして妹。

 

 

今日は、3人でランチをしようと約束していたのです。

プチ女子会ですニヤリ

 

 

両親には、お昼用には蕎麦を準備して、食べたいタイミングで冷蔵庫から出すだけでいいようにして出てきましたよ。

 

 

 

なかなか豪華な、セットメニュー。

 

この後、デザートとコーヒーも付けていただきました。

 

叔母は、母と9歳違いの妹で、私とはちょうど一回り違いです。

 

年齢が近いので、叔母と姪、というよりは、むしろお姉さんのような存在です。

 

 

父のこと、母のことを、食べながらお喋り。

 

途中、妹が、「毎週月曜の夜に、昔の懐メロの歌番組があって、それを両親が仲良く見ながら、2人で声をそろえて一緒に歌っているのを見ていたら、このままずっと仲良く、こんな風に過ごして欲しいと思えて辛くて・・・」と泣きだし・・・・

 

それを聞いて、叔母も泣き・・・

 

私は、ここでみんなで泣いてはいけない、と、ぐっと耐えましたが。

 

 

2時間ほど、時に泣き、時に笑いながらの楽しいひと時を過ごしました!

 

 

ここは私が支払うつもりが、叔母に伝票を持って行かれてしまい、ご馳走になることに。

 

その後、3人で実家へ。

 

妹はまだ用事があるということで、すぐに帰りましたが、そこから2時間ほど、両親と叔母、私で、お喋りタイム。

 

たくさん笑いました爆  笑

 

父の免疫力も、きっと高まったはず。

 

夕方、妹が再び、叔母を駅まで送るために車で来てくれて解散しましたが、また遊びにくるね、と。

 

父も母も、楽しかったようで、よかったです。

 

私はその後、母にシャワーを浴びさせて、夕食を食べさせてから帰宅しました。

 

 

それにしても、私も妹もお喋りですが、叔母も結構お喋り、そして、さらに負けないくらいにお喋りなのは父であることに気付いて、なんとなくニヤニヤしてしまった私でした。

 

お喋りして、笑えて、本当に幸せですね。

 

 

明日もまた実家。

 

びっくりびっくりびっくり

 

先週の木曜日から明日まで、仕事か実家で、毎朝5時か6時に起きる日々が続いてる~アセアセ

 

最近いつも眠いはずだわ笑い泣き

 

 

 

 

 

こんばんはグラサン

 

やはり、夜型になった私のブログです。笑

 

昨日は、母のことを書いたので、今日は父のことも書いておこうかな、と。

 

ブログを始めたのは、4年前の5月、WDWに行くことになったから。

 

そこでまず、ディズニーからみのブロ友さんができました。

 

その後、ハワイブログも書いていたので、ハワイブロ友さんもでき、さらに台湾や沖縄、ニューヨークなどなど、色々と旅行記を書くと、その都度、違うジャンルのお友達がどんどんと広がっていきました爆  笑

 

メインはやはり、ディズニーとハワイとHGVC、ですが。

台湾で繋がったら、その人がハワイとディズニー好きだった、ということも。(だちぇさんのことよー)

 

で。

 

最近は、父の闘病、母の認知症のことを主に書いているので、介護ブロ友さんも増えてきました。

 

同じような境遇の方がいる、というのは、励みにもなるし、お互いに情報交換できたりもするのでは、と思います。

 

星        星        星        星        星        星

 

今日は実家の日でした。

 

私の父は、胆管がんです。

 

今年の3月、いきなりそれが発覚しました。

 

それまでも、私は週に2,3回は実家の両親のところに通って、お昼を作って食べさせ、温めるだけの夕食を持参したりもしていました。

 

父は、いつも元気そうでした。

 

ただ、のちに、父の日記を見たら、少し体がだるい、という日や、今までのように元気がでない、という日、なかなか夜、ゆっくり眠れなかったり、ということもあったことがわかりました。

 

身体がかゆくて、眠れない、ということも、発覚直前にはあったようですが、これこそ、黄疸が起きている証だったんですよね。

 

でも、これも、色々な薬を飲んでいるから、その副作用だ、と思っていたようです。

 

 

ずっと、母と2人分、夜はコープの宅配おかずを取っていたのですが、お昼にしっかり食べると、夜、食べられない、ということで、自分の分は必要ない、と、4月から1個にしてくれ、と依頼していたことも、のちにわかりました。

 

私がお昼に料理したものは、いつも完食していたので、元気なのだとばかり思っていたのですが・・・

 

 

以前は、お昼をしっかり食べた後、デザートにケーキやお饅頭を平気で食べていたのが、「いまはお腹いっぱいだから後でいい」ということが多くなったな、とは思っていたのですが、それも、年齢が年齢だからかな、と、自分に都合よく、考えていたのでした。

 

父は今年、88歳。

 

 

今まで、大きな病気をしたのは、3年前の、脳腫瘍くらいでした。

 

この時は、目が見えにくい、ということから始まり、最初は眼科へ。

 

白内障の手術もして、なのにやはり、見えにくい。

 

そこから、一度脳のMRIを撮りましょう、となり、結果、脳腫瘍が視神経を圧迫していたことが発覚したのです。

 

通常の手術では取りにくい所の腫瘍ということで、専門の脳外科病院の先生を紹介してもらい、そこで手術をしていただくことができ、無事に失明することもなく、回復したのですが、今回の胆管がんは、そう簡単にはいきませんでした。

 

まず、年齢的に、全身麻酔をしての手術は不可。

 

そして、胆管がんに効く、抗がん剤は種類が少なく、副作用も強いので、やはり年齢的にも投与は無理。

 

結局、対処療法しかなく、黄疸を押さえて、とにかく普通に過ごせる間は、普通にすごしましょう、という、治療でなく、現状維持しかない、という。

 

父は、自分が胆管がんであることはわかっています。

 

でも、それが治療はできなくて、元気になることはないのだ、ということはわかっていないようです。

 

現在は、胆汁を流すために体内に入れた管が、うまく機能しているようで、元気に過ごしていますが、本人は、もう少ししたらもっと元気になれる、と思っている様子。

 

そうしたら、毎日朝から夜まで、私たちに世話をしてもらっているのを、もっと減らしていけるから、と。

 

朝くらいは、僕が自分で用意して、来てもらうのは昼と夜だけでいいよ。

 

なんなら、昼も、なんか置いてあったら1人で食べられるようになると思うから、と。

 

まさか、そんなに元気になることはないよ、とは言えず、まあ、そのうちね、と、言葉を濁すばかりの私たちです。

 

まったく覚悟がないわけではもちろん無くて、遺言状を書いたり、保険金についても、死んだらこれは請求できるから、と、証書を出して置いてくれたりしています。

 

株は、死ぬ前に売るわ、と言いながらも、私が売買の指示を父の代わりに出すことができる手続きも済ませました。

 

それでも、11月には、免許更新があるからその前に講習を受けないといけないのに、案内がなかなか送ってこないから電話して確認しよう、とか、まだまだ、元気でいるつもりなんだな、と思われる発言も。

 

もちろん、希望を持つことはとても大切だし、まだまだ元気でいて欲しいので、これは良いことだとは思います。

 

でも調子が悪くなった時に、逆にがっくりと落ち込まないか、それだけが心配・・・

 

 

今日も、食事を美味しく食べてくれたので、明日もまた、頑張りますハート

 

最近は、咳もあまり出ないし、よく喋り、よく笑うので、きっと免疫もできているはず・・・・

 

昔から、陽気で明るく前向きな父。

 

 

今は、黄疸も治まっており、腹痛もなく過ごしているので、なるべく長く、このまま暮らしてくれますように、と願ってやみません!!お願い

 

image

 

去年の11月、父とひなた合同バースデーパーティーの写真。

この頃よりは、10キロ近く痩せてしまいましたが、まだまだ元気です。

※この写真、去年一度載せているので、モザイク無しで公開しちゃいます。

こんばんはお月様

 

早朝にブログを書くことが多かった私ですが、近頃は、朝にはあまり時間を取れず・・・・

 

夜派に転換してしまっています。

 

今日も、仕事に行ってました。

 

伝票をチェックしたり、電話を取ったり、入力のチェックをしたり、という何でもない仕事ですが、やっぱり楽しいですね~爆  笑

 

それに、ランチに行くのも楽しみです。

 

会社の近くにある、いくつかのお気に入りの店を順番に回っているのですが、外食って楽しい!!

 

 

明日からは、また実家。

 

3日連続当番なのですが、土日は、母のデイサービスが休みで、2人分の食事を1日3回、用意しないといけないのでちょっぴり大変ですアセアセ

 

さて。

 

今日は、あらためて母のこと。

 

 

母は、認知症です。

 

 

 

いつから認知症になったのかは、今では誰にもわかりません。

 

病院に連れて行き、そこで正式に?認知症、と診断されたのは2012年のことですが、それよりももっと前から、少しずつ、周りにいて「あれ、今の、何だろう?」という瞬間がありました。

 

 

それでも、みんな、まさかそんなはずない、とか、気のせいだ、とか思って、認めたくなかったのです。

 

今思えば、もっと早く、病院に行っていたら、もしかして、もう少し進行を遅らせることはできたのかもしれないですが・・・・

 

私は、一緒に住んでいないので、そんなにおかしいとは思わなかったのですが、一時期、父に対してすごく嫌悪感を抱く時期があったようで、ことあるごとに、「もう離婚するかもしれない」とか、「パパが私のお金を隠している」とか、「パパのにおいがイヤだ」などと言っていたことがありました。

 

 

私や妹が、父をかばうと、「あんたらは娘やから、いい所しか見せようとしてないもん。私にだけは、色々と言う。」と言ったりしていました。

 

そして、ある時は、「パパが私のアクセサリーや大事なものが入ったポーチを捨ててしまった。」と言い出したこともありました。

 

父は、そんなことした覚えはないけど、もしかしたら、気づかずに捨ててしまったのかもしれんな、としょんぼりしていて、新聞広告に、真珠の通販が載っているのを見て、ママに買ってあげようかと思うがどう思うか、と聞いてきたり。

 

そんなの買っても、どうせつけないと思うし、やめとき、とアドバイスしたことを思い出します。

 

同じ頃、母が習い事をしていたメンバーと出かけたあと、帰ってこないことがあり、心配した父が何度もメールや電話をしても、返事がなかったことが。

 

父は、習い事の先生や、母の友人にも連絡し、2時間くらい前に解散しましたよ、と言われて、焦って警察にとどけようか、と思いつめたところに、母が帰宅。

心配で、みんなに連絡したことを告げると、ものすごく怒りだし、恥をかかされた、と泣きながら部屋に閉じこもったそうです。

 

また、叔母と母が2人でバリ島に行ったことがありましたが、その時、母の食生活を見て、叔母はちょっと心配になったと言います。

 

母は、ひたすら、甘いものばかりを食べていた、と。

 

朝食のビュッフェでも、食事パンやサラダは取らずに、お菓子みたいなデザートや、甘いパンだけをひたすら食べていたのだとか。

 

栄養のバランスとか、完全に無視してたから、どうなってんの、と思ったわ、と。

 

これらは、全部、認知症のスタートだったんでしょうね。

 

被害妄想だったり、アクセサリーはたぶん、自分でどこかにしまい込んでわからなくなっていたのだと思うし、出かけた帰りは、道がわからなくて迷って、なかなか帰って来れなかったのです。

 

小さな積み重ねの、変だな、が続き、ようやく病院に行ったころには、本人も認知症であることに抵抗があったようで、医師との面談で、わからないことが続くと、「わかりません」と、泣きながら言っていたそうです。

 

また、「私、頭がおかしくなってる」と、泣いたりすることも多かったです。

 

今は、もう、わからないということに、抵抗が無くなったようで、すっかり子供みたいになっていますが。

 

一時期は、百人一首に凝ったり、大人のぬりえを綺麗に塗ることに凝ったりしていましたが、今はもう、色もわからないのでぬりえはできません。

 

お箸とペンの区別もつきません。

 

スプーンで、食パンを切って食べようとしたりします。

 

それでも、オヤツを食べているときは、私や父にも分けてくれようとする優しさは残っています。

 

そして、父への依存を強めていき、とにかく、父の事が大好きになっていったようです。

一時期の嫌悪感の分、以前よりも、べったりに。

 

そんな母を、父もまた、可愛くて仕方ないようで、なんとかして、母と少しでも長く、一緒にいたいと望んでいるのです。

 

 

父がいるから、母の心はかろうじて、母にとどまっているのかな、と思います。

 

いずれ、父がいなくなってしまったら、母の心に残る、わずかな「母」の部分もまた、いなくなってしまうのだろうな、と思うと、今からとても不安でやりきれなくなりますが・・・・

 

でも。

 

今はまだ、とにかく元気でいてくれる父と、少しでも楽しく、仲良く過ごして欲しいですね。

 

 

image

 

10月は、2人の結婚記念日。

 

今年もまた、お祝いができますように・・・・

 

 

 

 

こんばんはお月様

 

昨日は、PCのアップデートのため、ブログを書くことができず・・・・

 

そんなこんなで、ほぼ毎日更新のはずが、ちょくちょくお休み、になってきております笑い泣き

 

ま、毎日書くほどの出来事もない、といえばそうなんですけどね。

 

 

昨日は実家の日で、またまた朝から行ってましたが、おかげさまで、父は最近、かなり元気になって来ております。

 

退院直後は、昼は介護ベッドでちょっぴりお昼寝タイムを取っていましたが、最近は、特に昼寝しなくてもずっと起きていても平気だ、と。

 

そして、コーヒーを淹れてくれることも、多くなりました。

 

もともと、コーヒー好きの父。

 

以前は、いつも実家に行くと、コーヒーメーカーでですが、コーヒーをご馳走してくれていたのですが、今回の退院からしばらくは、コーヒーを淹れる、だけのことでも、なかなか思い切って頑張らないと身体が動かなかったのだそうですが、最近は、割と気軽に、「コーヒー淹れよか」と、言ってくれるように。

 

そして、食事も毎回、美味しいと言って、ほぼ完食してくれます。

 

さらに、雑談中にふいに、「来週の月曜は僕、ちょっと昼間はいませんよー」、と。

 

 

何、どこ行くの?と、聞くと、町会のコミュニティーのマージャンに誘われたのだとか。

 

以前から、たまに、メンバーが足りない時に声をかけてもらっていて、元々、麻雀好きの父は喜んで参加していたのですが、また声がかかったのだそうです。

 

勝っても負けても、参加賞がもらえるかどうか、みたいな遊びですが、やっぱり楽しみなようで。

 

どんなことでも、楽しみがあればいいですよねラブ

 

ぜひ、元気で参加できますようにお願い

 

 

 

最近は、認知症の母のために、お金のことや将来のことを考えるのに忙しい父。

 

自分がいなくなった後、母が幸せに過ごせるように、と、色々と手をつくしています。

妹の知人の司法書士さんに、相談に乗ってもらいながら。

 

 

それにしても、認知症になってしまうと、様々な問題があるんだなー、と、あらためて思うことばかり。

 

たとえば、現在の実家も、父の名義になっているのですが、これをもしも母が相続してしまうと、もう、母が亡くならない限り、売ることもできなくなってしまうのだそうです。

 

母のためにお金が必要で、だから売りたい、と思っても、認知症の人は自分の意思で売買できないから、売却は不可になるのだとか。

 

銀行口座も、銀行に認知症ということがわかると、勝手にお金を降ろせないようにされてしまいます。

 

母に必要なお金も、勝手には引き出せない事態にアセアセ

 

もちろん、必要なお金を使うことはできるのですが、それには、成年後見制度などを利用し、裁判所で、財産管理してくれる人を決めてもらい、その人を通じてしか、お金を引き出すことはできなくなります。

 

成年後見人には、毎月2万円の手数料を支払う必要もあるのですが、年間24万、もしも10年生きていたら、240万円も必要にびっくりガーン

 

貯金や、年金の中で、なるべく良い施設に入れてあげたい、と思っても、そんなにお金がかかるなんて、なんだかな・・・・

 

世の中の仕組み、なんか納得できないことが多いですねタラー

 

 

 

今日は仕事に行ってきた私。

 

会社の友人も、お母さんが認知症で、同居中。(彼女のお母さんです)

 

家は、亡くなったお父さんの名義になったままらしく、名義変更もできないまま、とりあえず置いてあるのだそうです。

 

色々な手続きがややこしいから、そのままにしてる、と。

 

上司のお父さまも、やはり認知症で、施設に入居しておられるそうですが、入居まではとにかく大変だった、と・・・・

 

仕事と介護で、本当に休める日なんか1日も無かったそうです。

 

みんな、認知症の介護に苦しんでいるんですね~!!

 

そして、介護経験のある人は皆、認知症の介護をしたことない人には、この苦しみは絶対にわからない、と言います。

 

本人が悪いわけじゃないことはわかっていても、やっぱり、面倒見るのは無理もやもやと、思ってしまうことが何度もあるし。

 

そういえば、妹から、父の唇の横に、ヘルペスができた、と報告が。

 

 

父も、愛する母に振りまわされて、ストレス、感じてるんでしょうね。

 

ガンには、ストレスは良くないのですが、でも、母と一緒にいたい父。

 

とにかく、現在は調子良さそうなので、仲良く過ごしてもらいたいと思います。

 

 

私は明日も仕事。

 

妹よ、すまないが明日も頑張ってくれたまえニヤリ

 

仕事と介護の両立は、大変でもありますが、気分転換にもなるので、ありがたいですルンルン

 

 

 

こんばんは!

 

昨日は、結婚記念日にコメントをたくさん、ありがとうございました照れ

 

お祝いのコメントは、とても嬉しいですねハート

 

久しぶりに気分転換もできて、よかったです。

 

今日は、仕事に行ってきましたが、明日はまた実家。

 

頑張って、お世話してきますOK

 

 

さて。

 

今日は、なんだかちょっと久しぶりに、WDWについて、新しい情報を見かけたので、またワクワクしてしまい・・・

 

もう、皆さんはすでにご存知の情報かもしれませんが、私は、4月のWDWから戻ってからは、しばらく行くこともないし・・・ってことで、あまり情報チェックしていなかったので、新鮮な感動だったのです爆  笑

 

 

まずは、一番ワクワクしたニュースキラキラ

MKにトロンができる!

 

トロンは、上海にしかなくて、とっても楽しいと聞いていたのですが、WDWにもオープンするなんてラブ

 

2021年オープンらしいですね。

 

そして、EPには、レミーのアトラクションが!!

 

パリのディズニーにも、レミーのアトラクションがありますが、私は残念ながらパリで乗らなかったので。

 

 

DLPの写真。

懐かしいな~ルンルン

このすぐ近くにレミーのアトラクションがあったけど、システムダウンで長蛇の列だったので諦めたのでした!

 

さらに、EPには、ガーディアンズオブギャラクシーのローラーコースターもオープンするそうですルンルン

 

どちらも、2021年オープン予定だととか。

 

そのEPには、ミッションスペースに隣接して、新しく宇宙レストランもできるのだそうです。

 

魅力的ですよねおねがい

 

宇宙から地球を見ているような感じで食事を楽しめるんだってハート

このレストランは、2019年、つまり今年中にできる予定みたいです。

 

HSのスターウォーズランドはもちろん、めっちゃ行きたいし、これからもどんどん、ワクワクするような新しいことがいっぱいのWDW。

 

 

3年後くらいに行くと、ちょうどいいのかもしれませんよね~!!

 

直営ホテルに泊まりたいけど、またHGVCのホテルでいいかなニヤリ

 

それなら、実現の可能性が高くなりますからね~うずまき

 

 

 

本日、6月16日は、私たちの19回目の結婚記念日でした照れ

 

今日も、朝は5時起き、6時15分に家を出て、実家へ。

 

両親のための朝食は、昨夜のうちにつくっておいた、野菜いっぱいのスープとトースト。

 

2人とも、完食ナイフとフォーク

 

その後、洗濯と掃除をしながら、ご飯を炊いて、お昼用のお握りやおかずをつくります。

 

 
できあがりました、両親のお昼ご飯。
ピクニックぽい、お弁当風メニューで、これなら楽しく食べてくれるかな、と。
 
 
そして、私は、実家滞在2時間で、脱出。
梅田へと向かいますよ!!
 
 
到着したのは、ハービスエントのゼックスウエスト。
 
イタリアンレストランで、記念日ランチです。
夫と待ち合わせしてお店へ。

 

 
前菜5種盛。

 

 
記念日コ-スには、乾杯のシャンパンと、ボトルワインがセットで付いてきますルンルン

 

 
前菜の次は、パスタとピザ。
それぞれ1品ずつ選んで、2人でシェアします。
 
マルゲリータピザピザ

 

 
サクラエビとアスパラのパスタは、1人分ずつに盛り付けて出してくれます。

 

 
メインは、私は鶏。

 

 
夫は、スズキのムニエル。
 
もちろん、少しずつ交換して味見爆  笑
 
どちらも、とっても美味しい~うずまきうずまき
 
大のお気に入りのこのお店ですが、lalaさんtenkoさんレイさんたちとのランチ以来、久しぶりでした!!

 

 
記念日ランチで予約していたので、デザートは特製のホールケーキ。

 

 
記念撮影もしてくれますよ。

 

 

で、カットして持ってきてくれます。

 

お持ち帰りもできますがどうしますか、と、聞いていただけました。

私たちは、ここで食べます、にしましたが、持ち帰りにしたらデザートはビュッフェのを取ってこれたのかな~??ニヤリ

 

 

このところ、夫との時間もあまりゆっくり取れず、ちょっぴりぎくしゃくきていたので、こんな時間も大切ですねハート

 

父が、美味しいモノ食べてきなさい、と、カンパしてくれたので実現できました!

 

 

ワインもホールケーキも付いて、2人で税サ込1万円は、やっぱり日本って安いラブラブですね。

 

で、帰って来て、今はとっても眠い・・・・

 

寝不足ですよね。

 

仕事に行く日は朝6時起き、休みは実家で5時起きと、毎日早起きだもんね。

 

とりあえず、今夜は早く眠りますzzz

 

 

結婚して早くも19年、この後も、20年、30年と、仲良く時間をともに過ごせますようにラブラブ

 

ダンナ様、これからもよろしくね!!

 

 

 

今日も、朝5時に起きて、6時15分に家を出発、実家には7時20分頃到着で行ってきました!!

 

眠いです・・・・

 

が、仕方ない!

 

両親は既に起きていて、父は洗顔中。

 

母は、すれ違ったので「おはよう」と言いましたが、まだ寝起きで私が誰かわからなかったのか、その時は無表情に「おはようございます‥」と、小声で言って外へ出てしまいました。

 

朝食をつくってから、呼びに行くと、素直に入って来て、食べてくれました。

 

よかった・・・

 

その日の気分で、かなり対応が違うので、毎回、最初に顔を合わせる時、ドキドキしてしまいます。

 

それでも、やっぱりあまりご機嫌ではなかったようで、「今日はお昼に、みんなが来て、一緒にお昼ご飯食べるよー」と言うと、「私は結構です。そういうことなら、実家に帰らせていただきます」と。

 

最近、よく、このセリフを言いますが、母の実家が無くなったのは今からもう、17年も前の事。

 

そこまで、頭の中の時間はさかのぼってしまっているのかな~??

 

父は、いつものように、「何を言ってるねん、今いるココがあんたの実家やで。ここしか、いる場所は無いから、だからちゃんと快適に住めるように、色々としてるんやでー」と、言い聞かせていましたが。

 

優しく、父に諭されて、機嫌を直したようで、その後は、オヤツを食べたり、お茶を飲んだりしながら、楽しそうに過ごしてくれたので、ひと安心。

 

そして、お昼に妹一家がひなたと一緒にやってきましたルンルン

 

美味しい仕出し弁当を持ってきてくれています。

 

 
これは、父母と、妹のダンナさんの、父の日特製会席。
てんぷらにお造り、こまごました炊き合わせなども入り、なかなか本格的なお料理ばかりです。

 

 
これは、私や妹、姪のローストビーフ弁当。
こちらも、ローストビーフは柔らかくて美味しいし、天ぷらや炊き合わせなど、こまごました美味しいモノがたくさん入っていて、ワクワクしながらいただけますハート

 

 
で、これは、ひなた用のお子様御膳。
 
子供用とはいえ、ボリュームもすごいし、なかなか凝っていて、全部美味しそうでした。
 
 
みんなでワイワイ、楽しい食事タイムです。
 
この後、父が食べたいと言っていたということで、妹がボールいっぱいのフルーツポンチを作ってくれて、父が大喜びしてお代わりもして食べていました。
 
その後、最近介護保険で借りた、車いすに父を乗せて、家の近くをみんなでお散歩。
 
田植えが終わったばかりの田んぼには、オタマジャクシやカブトエビがいて、父とひなたが大喜びしていました。(はい、実家はめっちゃ田舎ですタラー
 
その後は、妹が用意したホールケーキまであり、ひなたが喜ぶので、お誕生日ではないのですが、ろうそくを立ててお誕生日の歌を歌って、盛り上がりました。
 
父も、とても楽しそうで、よかった照れ
 
 
雨の予報だったのですが、昼過ぎ頃までは空も青く、とてもいいお天気だったので、本当によかったラブラブ
 
 
食事も完食し、ケーキもしっかり食べる父を見ていると、来年の父の日も迎えられるんじゃないかな~、と思ったりもするのですが、やっぱり、それは無理なのかな?
 
とにかく、穏やかに、楽しい時間を過ごすことができて、よかったですうずまき
 
 
本当の父の日の明日も、朝からは私が当番。
 
また、5時起きで行って来ます!!
 
頑張れ、私笑い泣きアセアセ