刈谷の骨盤矯正/刈谷ハピネス接骨院:阿保 善洋
四葉のクローバー愛知県刈谷市の接骨院四葉のクローバー
刈谷ハピネス鍼灸接骨院


受付方法が予約優先制となりました。
できるだけ患者さんをお待たせしないよう、予約優先での診療を行っております。

下記電話番号からご都合のよい日をご指定下さい。
ご連絡お待ちしております。

0566-28-4468

ホームページ:http://karisei.com/

口コミサイト「エキテン!」刈谷駅地域口コミNo.1に選ばれました!


刈谷ハピネス鍼灸接骨院外観 刈谷ハピネス鍼灸接骨院内装-1

診察案内 / 院内紹介 / アクセス
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

寝違え! 頚部や肩の痛み、ひょっとして?

2023年1月10日

こんにちは!刈谷ハピネス阿保です。

 

今回は寝違いについて書かせていただきます。

 

寝違え

寝違えとは

睡眠後の目覚めの際に、首や肩周囲または首から肩にかけての

痛みが出る症状の事を指して言われます。

皆さんも何度か経験するか耳にした事はあると思います。

ハピネス接骨院にも同じ様な症状で『寝違えで痛みが取れません』

と言われて来院される方も多くいらっしゃいます。

 

【症状】

症状としては

寝起きの際に首や肩周辺に掛け痛みが発生し、

場合によっては多少の熱感や動かす際の痛みや

可動域制限が出る場合もあります。

軽い症状であれば数日で痛みが治まりますが、

痛みの場所に熱感があったり、強い痛みが出る場合もあり、

重度な寝違いの場合には、痺れを生じたりすることがあります。

痛みやしびれが中々取れない場合には医療機関への受診をお勧めします。

 

【原因】

原因としては、
・寝ている時の姿勢不良による首肩周りの関節や筋肉への負担。
・睡眠中の体の冷えによる血流の悪化。
・前日の慣れないスポーツや過度の運動や
デスクワークなどによる筋肉疲労。
・寝具(枕の高さなど)が合っていない。

などがかんがえられますが、画像検査(X線やCT)では異常が見られない

場合が殆どのため、メカニズム的な部分においては、

明確に解明されていないのが現状です。

 

 

【治療法】

治療法は、

痛みが軽度であれば、自然と治る事が殆どです。

その場合は、痛みが出る様な動きをせずに安静にする。

湿布を貼るなどが一般的です。

痛みが強い場合や、1週間程経っても症状の変化が見られない場合は

医療機関への受診をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

治療を受けるために質問したい内容があればご相談下さい。

 

お身体の悩みやご相談は

刈谷ハピネス接骨院

TEL:0566-28-4468

アキレス腱が痛い時のテーピング

こんにちは!
刈谷ハピネス接骨院の前川です!
気付けば12月も後半ですね。
来年に向け色々と準備は出来ているでしょうか?
自分も休みの日に部屋の片づけや車の中の掃除をしようかなと思いっています。
来年を気持ちよく迎えられるようにしたいですね。

 

 

今回は「アキレス腱の痛み」についてです。
アキレス腱部の痛みには色々とありますが、多いのはアキレス腱の炎症です。
スポーツなどで足に負担をかけすぎたり使いすぎたりすることで痛みが出てしまうことがあります。


ケア不足だったり、急にスポーツを始めたためだったりと原因も色々です。

アキレス腱炎はふくらはぎの筋肉をほぐしてあげることが一番ですが、
一度痛みが出てしまうと痛みを繰り返しやすいことも特徴の一つです。


治すためにも繰り返し痛めないためにもアキレス腱の部分に負担をかけないようにテーピングなどでサポートしてあげるととてもいいです。

また家でのストレッチなども効果的です。


マラソンが盛んになる時期でもありますので運動後のケアと日ごろのストレッチを忘れずにして怪我なくスポーツを楽しみたいですね。

 

↓動画でアキレス腱炎のテーピングをご紹介↓

 

刈谷 交通事故治療NO.1 「ばね指」

皆さん、こんにちは!

刈谷ハピネス接骨院の吉田です。

4月になり、通勤中に新社会人のかたをみることが増え、緊張や頑張っている姿をみて私も頑張らなければといったプラスな気持ちを強くしてもらっています。

今回はスマホやパソコンを使うことが増え、痛みが出てしまう症状を紹介していきます。

 

ばね指

正式名称を【狭窄性腱鞘炎】といい

指の腱鞘炎となるものです。

痛みが出る仕組み

骨から筋肉を繋いでいる腱を腱鞘とよばれるものが覆っています。

その腱鞘が炎症を起こして大きくなると、腱とひっかかり

指が曲がったまま戻りにくくなったり、指の付け根の下のあたりに痛みが出たりします。

 

どの指でも発症する可能性があるのですが、

中でも  親指、中指、薬指 が特に発症しやすいです。

 

特に50歳前後の女性に発症しやすいです。家事で指を沢山使うといったのも理由になりますが、妊娠中や出産後の女性はホルモンバランスの乱れや加齢による筋力低下によって起こりやすいです。

 

実際に当院で対応させて頂いた症例では

40代の女性工場勤務の方で家事もあり指だけでなく手全体を使用されるかたでした。

親指の曲げる際に一定のところまでは曲げれてもそれ以上は痛みがあり曲げられない

といった状態でした。

手技だけでなくハイボルテージという当院にある体の深層部にまで届く電気治療器を使用して曲げても痛みがなく曲げられるようになりました。

また、同じ痛みが出ない様に自宅でのストレッチを指導させて頂き痛みが再度出にくいようにさせて頂きました。

 

痛みが出て放置しておくと痛みが増してしまったり、痛みを取る為にも手術をおこなったりする事もあります。

指は日常で沢山使用するものです。不安な方は一度お近くの専門機関にご相談ください

 

〒448-0037

愛知県刈谷市高倉町4丁目303

刈谷ハピネス接骨院

刈谷 交通事故治療NO.1 「テニス肘」

皆さん、こんにちは!

刈谷ハピネス接骨院の前川です。

 

最近は春らしい温かい日も増えてきて過ごしやすくなってきましたね。

運動もしやすくなってきたのでこの時期から運動をされる方も多いと思います。

自分も寒さからやっていなかった自転車も再開しようかと思っています。

久しぶりに運動をするとケガにもつながりやすかったりしますので準備運動や運動後のケアを忘れずに行ってくださいね。

 

今回は「テニス肘」についてです。

テニス肘は肘の外側の骨が出っ張ているところが痛くなってしまうケガで、テニスをしている方に多い怪我ですが、実は日常生活の中でも痛めてしまうことのおおい怪我です。

 

ひじの使い過ぎや手首の使い過ぎで起きるのですが、実はスマホの使い過ぎや、PC作業からも同じような肘の痛みが出てしまうこともあるんです!

 

痛めてすぐの頃は痛みが出るため運動を控えて安静に保ち、アイシングをしたり、高電圧治療などを行います。多くの方は3~6週間で改善する事が多いです。また可動域訓練や周囲筋の筋力回復を目指して運動療法も行い再発しない様にします。
肩や肘の関節の動きやバランスが崩れているれている事で痛めてしまう事がおるので骨盤矯正や関節調整する施術をすることにより、より早期に症状を和らげることができます。

 

繰り返しの動作により起こってしまう事の多いケガです。

普段から肩や前腕部分のストレッチやケアを行なうことで予防できるので自宅でのケアも忘れずに行ないましょう!

 

痛めてすぐの場合や痛みがある時は自己判断せずに接骨院や整形外科などで見てもらいましょう。酷くなってしまうと治るのに時間が掛かってしまう事が多いです。早めにご相談をして下さいね。

 

 

刈谷ハピネス接骨院 

 

交通事故のリハビリも接骨院でできます。

ハピネスグループの交通事故専門HP

交通事故治療ナビ  

 

YouTubeで動画で詳しく説明もしています。

 

 
刈谷 原因 むち打ち 交通事故 保険会社 慰謝料 示談 対処方法 弁護士 痛み
後遺症 肩こり 腰痛 首の痛み ストレートネック 五十肩 肘の痛み 腱鞘炎 
分離症 ヘルニア 狭窄症 しびれ 膝の痛み 変形 足首 捻挫 指の痛み 足の裏

 

 

 

刈谷地域口コミ№1 『腱鞘炎(けんしょうえん)』

腱鞘炎(けんしょうえん)』とは

 

腱(けん)と腱鞘(けんしょう)が強くこすれ合い、

 

炎症を起こした状態のことを言います。

(けん)とは】

 

一般的に体を動かす際には、

 

筋肉が収縮し直接くっついた骨を引っ張り動かします。

 

しかし、

 

指や手首の骨を動かす際には、

 

筋肉の先から伸びた紐状の組織が間接的に骨を引っ張ります。

 

この“紐状の組織”というのが腱(けん)です。

 

腱鞘(けんしょう)とは】

 

手首の周り、指の曲がる側にあり、頑丈な靭帯(じんたい)で出来た

 

トンネルの様なものが腱鞘(けんしょう)です。

 

トンネルの中を通った腱が、

 

関節を曲げた時に浮き上がらないようにする働きがあります。

 

【起こりやすい部位】

 

手首や指の関節部分に起こりやすいです。

 

特に、更年期以降や育児中、家事を行う女性に多く発症します。

 

他にも、手を使うことの多い方にみられます。

 

(例:パソコン作業、楽器の演奏、文字をよく書くなど)

 

【症例】

60代女性

 

家族分の食事を毎食作っておられました。

 

食材を包丁で切る時や鍋を持つ時に中指が伸びにくく感じてはいたものの、

 

一過性のものと思いしばらく様子を見ていたが悪化してきたため来院されました。

 

【考察】

使い過ぎによる炎症が原因ですので、

 

基本的には手を使うことを控え、反対の手を使うなど、

 

負担を減らすことを指導しました。

 

 

低周波通電後、患部の炎症を抑えるためアイシング、

 

手技にて前腕部筋緊張を除去し、状態の緩和を目的として“ハイボルテージ”を使用。

 

肩関節のポジション不良により、患部への負荷増大が考えられたため、

 

骨格・骨盤の矯正を併用しました。

 

4回目までに、腫脹・圧痛・動作時の痛みは徐々に軽減してきました。

 

これにより、日常生活にも支障の出ていた状態も改善しています。

 

現在では、週1回の来院にて加療中ですが、

 

来院ごとに状態が変わるのを楽しみにされている様で、

 

スタッフ一同誠心誠意対応させて頂いています。

 

【最後に】

 

重症化すると手術が必要になったりする事もあります。

 

早期にお近くの専門の医療機関、もしくはハピネスグループ接骨院へご相談下さい。

 

刈谷ハピネス接骨院

TEL 0566-28-4468

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>