今年度最後の小学校読み聞かせ♪ | EQ絵本認定講師&絵本セラピスト 中尾 敦子(兵庫県)の絵本×音楽の楽しい日々♪

EQ絵本認定講師&絵本セラピスト 中尾 敦子(兵庫県)の絵本×音楽の楽しい日々♪

心を育て、IQ・EQを高める「絵本講座」、
大人のための癒しの「絵本セラピー講座」を開催♪


テーマ:

先週は今年度最後の小学校読み聞かせでした♪
月2回、朝読書の時間に、小学校の教室に入って、読み聞かせボランティアをしています爆  笑

今月は5年生に、
「すってんてんぐ」
「ジオジオのかんむり」
を読みました

4月から最高学年になるみんなへ、
困ったことがあっても大丈夫だよウインク
仲間がいれば大丈夫だよ
ラブラブ

そんな思いを込めて、読ませて頂きました。
 

そして終了後。
玄関に読み聞かせメンバーが集まったところで、
6年生のみんなに囲まれて(笑)
 

「6年間ありがとうございました!」って、
一人ひとりに、こんなに素敵なカードを…


もう~っ。涙腺ゆるんじゃうじゃない(笑)
こちらこそ、本当にありがとう~照れ
6年生のみんな、中学校へ行っても頑張ってね音譜

 

 

 

 

さて、絵本「すってんてんぐ」(木曽 秀夫・作、サンリード)は、
となりの山にお宮が出来てから、誰もお供え物をもってこなくなって、
やつれてしまったてんぐどんが、
いろんな仕事にチャレンジしますが、

どれも長い鼻が邪魔をして、上手くいきません・・・。

でも、最後にこれだ!!というものに、ちゃんと出会える
んですよねひらめき電球

子ども達にも、チャレンジしてもうまくいかなかった時、くじけそうになった時、
あきらめないで頑張れば、
きっと明るい未来が待っているよ!と、
応援し、背中を押してあげられる絵本
のように思います爆笑

 

 

 

絵本「ジオジオのかんむり」(岸田衿子・作、中谷千代子・絵、福音館書店)は、
年を取って目も悪くなってきたジオジオが、
小鳥と出会いによって、心に安らぎを得ていくお話ですドキドキ

 

年老いて一人ぼっちのジオジオ。

卵を取られて落ち込んでいた小鳥。

 

二人の出会いは、お互いをハッピーに導いていきます。

 

心がほっこりと温かくなる、素敵なお話ですよラブラブ!

 

 

 

 

中尾 敦子(EQ絵本認定講師&絵本セラピスト®)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります