第76期名人戦7番勝負/第3局・二日目「羽生竜王の封じ手▲7八玉から」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年05月09日

第76期名人戦7番勝負/第3局・二日目「羽生竜王の封じ手▲7八玉から」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)

 

3連覇を目指す佐藤天彦名人に

通算100期目のタイトル獲得が懸かる「永世名人」

羽生善治竜王が挑戦する、第76期名人戦7番勝負。

 

ここまで2局を消化し、ともに譲らず1勝1敗。

あらためて仕切り直しとなった注目の第3局が、昨日より

奈良県奈良市「法相宗大本山 興福寺」にて開幕。。

 

 

 

名人戦/第3局・柔らかいプレビュー

 

 

第3局の先手は、羽生竜王。

その初手は角道を開く▲7六歩から。。

対します、佐藤名人は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。

 

 

 

10手目△7七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: なし

△佐藤名人: 角

 

続く3手目に、羽生竜王が▲2六歩と飛車先突くと

そのまま「角換わり」を目指す定跡手順の進行となり

迎えた上図の局面で、佐藤名人から角交換を敢行。。

手損のない「ノーマル角換わり」となりました。。

 

 

 

36手目△6四角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 角

△佐藤名人: なし

 

角交換成立後

互いに「腰掛銀」を目指しながら最新形の駒組みとなり

佐藤名人は9筋の端歩を受けずに、手持ちの角を投入。。

主張を織り込みながら、先に形を決めました。

 

名人戦/第3局・一日目の流れ

 

 

【 一日目終了図・52手目△5ニ金 】

 

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

一方、羽生竜王は

手持ちの角を自陣に投入すると(41手目▲5七角)

7筋の位も確保してから、3筋で歩交換を成立。。

 

一連の流れで迫り出した先手の角の当たりとなった

金を佐藤名人が6筋から5筋に寄せた、上図の局面で

羽生竜王が次の手を封じて、一日目は終了となりました。。

 

名人戦/第3局・一日目の棋譜はこちら

 

 

一夜が明けて

迎えた本日、決着の二日目。。

 

 

 

53手目▲7八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生竜王: 歩

△佐藤名人: 歩2

 

注目の羽生竜王の「封じ手」は▲7八玉。

不安定だった玉を金の傘におさめる自然な一手から

二日目はスタートいたしました。。

 

 

 □□□

 

名人戦/第3局・一日目の所感。。

 

手番を渡す前に。。羽生竜王の封じ手は

 

 

 

 

 

慶春onLINE

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス