スポーツメンタルコーチングログ

スポーツメンタルコーチングログ

こんにちは!
スポーツメンタルコーチ橋本の活動記です。
心理学・脳科学を交えた
「結果に相応しいメンタルへ導く」
スポーツメンタルコーチングで
アスリートの夢をかなえることをサポートしています。


テーマ:

 

 

こんにちは!
スポーツメンタルコーチ橋本です。


私は、スポーツメンタルコーチとして、
様々な競技、立場の選手のサポートを
させていただいています。

 

もちろん
その中にはプロの選手もいます。


そんな選手が一番気にされるのが、

 

「結果」

 

 

です。

 

 

私がサポートする選手には

こんな選手がいらっしゃいました。


その選手はあるレース競技のプロ選手です。

 


プロの中でもランクがあり、

上から2番目のランクに属していました。
 

前年度は惜しくも一つ順位が低く

ランクを上げられることができなかったそうです。

 

 

そういうこともあって、

「今年度こそは…!」

という思いで私のところに相談に来てくれました。

 

そこから、コーチングをしていくことが決まり、

何度かセッションを行ううちに

徐々に調子も上向きになっていきました。

 

 

しかし、いつもあと一歩のところで

調子を発揮できずという状態が続いていました。

 

 

 

実は

この選手はもう一つ悩みがありました。

 

それは

「レース中に他の選手が気になってしまって、

 自分の走りに集中できない」

 

 

ということでした。

 

 

「どうして、他の選手が気になってしまうの」

 

 

と私が尋ねると

 

 

「順位を上げたい気持ちが出てくる」

 

 

と答えました。

 

 

ここで私には
ある一つの疑問が湧いてきたのです。

 

 

「この選手はなぜこんなにも順位にこだわるのか」

 

 

という疑問です。



プロだからそれが当たり前という話ではなく、


その選手が「順位を上げることで、どうなりたいのか」

が気になったのです。

 

 

そうして話を深めていくと

その選手の根底にあった思いに辿り着いたのです。

 

 

それは

「周りの期待に応えたい」

 

 

という思いでした。

 

 

この選手はとても素直で、謙虚な選手です。

 

 

それも一番強く考えていたのは、

一緒にレースに臨んでくれる、

お父さんの期待に応えたいというものでした。

 

周りからの応援や期待に対して
「優勝することでしか返せない」

という、強い思いが出来上がってしまっていました。

 

 

私はその選手に向かって

 

 

「お父さんや周りの人たちは、

 どんな走りをして欲しいと思っているんだろうね?」

と尋ねました。

 

 

するとその選手は

 

 

「思い切って走れば良いよとよく言われます。

 それに集中すれば良いんですね!」

 

 

と気がついた様子でした。

 

 

その瞬間のその選手は

肩の荷が下りたような、

柔らかい表情を見せてくれました。

 

 

結果。

結果…

結果…!


人は結果に目を向けがちです。


それは結果で判断すれば

「わかりやすいから」

だとと私は思います。

 

 

しかしわかりやすいことにとらわれてしまうと

それよりも大切にすべき過程や

その先が見えなくなってしまいます。

 

 

あなたは、

どうして結果を出したいですか?

その先にはどんな良いことが待っているのでしょうか?

 

 

それをはっきりさせることで

自分がなにに力を注ぐべきなのかが見えてくるかもしれませんね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

 

=======================

皆さんのメンタルを作っているもの

それはなんだと思いますか?

 

 

その大きなものの一つは

「コトバ」です。

 

 

なんとヒトは1日5万~6万回も

自分と話をしているという…!

 

 

メンタルを変えるには

日常で触れているコトバを変えるところから!

 

 

スポーツメンタルコーチ橋本は

Twitterにて

日々、成長を続けるアスリートの皆さんを支える

メッセージをつぶやいています^^

 

 

質のいいコトバに日常から触れませんか?

 

 

↓アクセスはこちらから!↓

 

https://twitter.com/0240yuro

 

=======================

 

 

☆★体験メンタルコーチングのご案内★☆

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

★「体験メンタルコーチングとは?」★

 

 

「モチベーションを高めたい」

「競技のパフォーマンスを上げたい」

「もっと成長したい」

「メンタルを強くしたい」

「ネガティブな気持ちを何とかしたい」

 

 

悩みを抱えたまま日々の練習に取り組むことは
苦しいものであると思います。

 

 

このような方を対象に、

個別の相談によってメンタル面を整え、

結果に相応しいメンタルへ導く

メンタルコーチングをご案内しております!

 

 

メンタル面の問題を解決し、

これからもっと活躍したい!

これまでより良いパフォーマンスをしたい!

 

 

そんな方にオススメです!

 

 

詳しくは下記URLよりどうぞ。

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

☆コーチング実績☆

 

プロゴルフ

プロボクシング

モトクロス

スノーボードハーフパイプ

フェンシング

バスケットボール

サッカー

フットサル

ダンス

剣道

テニス

卓球

ソフトボール

…etc

 

==================================


テーマ:

 

 

こんにちは!
スポーツメンタルコーチ橋本です。

 

 

私は

プロからアマチュア、学生アスリートなど

幅広いアスリートに対して、

メンタルコーチングという手法で

そのメンタルをサポートしています。

 

 

コーチングでは対話を通して、

その選手の悩みを深く深く掘り下げて行きます。

 

 

そのような中で、とある選手が

 

 

「ライバルの活躍が気になって、空回りしてしまう」

 

 

という悩みを相談してくれました。

 

 

その選手は高校で野球をしており、学年は3年生。

高校生活最後の年、

シーズンが始まる前に怪我をして、

一線目から外れてしまっていました。

 

 

聞けばそれまでは調子が良く、

レギュラーを張っていたとのこと。

 

 

しかし、怪我をしてからというもの、

後輩にレギュラーの座を奪われ、

その後輩選手の調子が上がってきている状況に

焦りを感じてしまっているとのことでした。

 

 

その焦りから、

治りきっていないうちに無理に復帰してしまい、
怪我が悪化してしまうということもあったそうです。

 

 

 

その選手が話を進めて行くうちに

ぽろっと次のような言葉を口にしました。

 

 

「自分には実力がない」

 

 

私はお?と思いました。

 

 

その選手がいう実力ってどういう意味なのだろうと思ったのです。

 

 

聞いてみるとその選手は

今出している結果=実力であると思っていたようでした。

 

 

実はこの選手

無理な復帰を繰り返し、調子の上がらない状況の中で

指導者の中での自分の評価を人づてに聞いてしまったそうです。

 

 

そういう経験もあってか、

自分の状態と、日々活躍する後輩を比較し、

メンタル的にも苦しい状態になっていたのでした。

 

 

しかし、

こういった自分の思いにとらわれていて、

この選手が見失っていたことが2つありました。

 

 

一つは大会までの時間がまだ半年以上あること。

そして自分が持っているもう一つの大きな夢でした。

 

 

その夢とは、

「海外のリーグで活躍すること」

 

 

私は、その選手に対して、

「君の夢って何だったかな?」

「そんな大きな夢を持っている選手は、

 これからどんな成長をしていくと思う?」

という質問を投げかけました。

 

 

これからの未来にどんな成長が待っているか、

そっちに目を向けてもらいたいと思ったのです。

 

 

すると、冷静になった選手は

大会までの期間を数えなおしてみたのでしょう、

怪我をしっかり治す期間があること

成長スピードを上げていけばいいということ

ということに気がついた様子でした。

 

 

もともと

いつも練習ノートをびっしり書く、

良く考える努力家の選手です。

 

 

これからどうやって成長していくか、

そのためには何をしていくのか、

その時には様々な方法が

すでに頭には浮かんでいるようでした。

 

 

「自分と他人と比較する」

 

 

これは「社会的比較」といって

人が自然に持っている機能の一つです。

 

 

しかし、この比較にとらわれて、

身動きが取れなくなってしまうことも

少なくはありません。

 

 

こういった時には

自分のするべきことや

目に見えにくい小さな成長を見失ってしまいます。

 

 

だからこそ、

自分の夢に希望と誇りを持って、

小さな成長を積み重ねることが大切になってきます。

 

 

他人は自分の鏡。

 

 

他人の活躍が気になるときこそ、

自分のするべきことを見直すチャンスになるかもしれませんね。

 

 

本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました^^

 

 

 

=======================

皆さんのメンタルを作っているもの

それはなんだと思いますか?

 

 

その大きなものの一つは

「コトバ」です。

 

 

なんとヒトは1日5万~6万回も

自分と話をしているという…!

 

 

メンタルを変えるには

日常で触れているコトバを変えるところから!

 

 

スポーツメンタルコーチ橋本は

Twitterにて

日々、成長を続けるアスリートの皆さんを支える

メッセージをつぶやいています^^

 

 

質のいいコトバに日常から触れませんか?

 

 

↓アクセスはこちらから!↓

 

https://twitter.com/0240yuro

 

=======================

 

 

☆★体験メンタルコーチングのご案内★☆

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

★「体験メンタルコーチングとは?」★

 

 

「モチベーションを高めたい」

「競技のパフォーマンスを上げたい」

「もっと成長したい」

「メンタルを強くしたい」

「ネガティブな気持ちを何とかしたい」

 

 

悩みを抱えたまま日々の練習に取り組むことは
苦しいものであると思います。

 

 

このような方を対象に、

個別の相談によってメンタル面を整え、

結果に相応しいメンタルへ導く

メンタルコーチングをご案内しております!

 

 

メンタル面の問題を解決し、

これからもっと活躍したい!

これまでより良いパフォーマンスをしたい!

 

 

そんな方にオススメです!

 

 

詳しくは下記URLよりどうぞ。

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

☆コーチング実績☆

 

プロゴルフ

プロボクシング

モトクロス

スノーボードハーフパイプ

フェンシング

バスケットボール

サッカー

フットサル

ダンス

剣道

テニス

卓球

ソフトボール

…etc

 

==================================

 

 


テーマ:

 

こんにちは!
スポーツメンタルコーチ橋本です。
 

私は日々自分の限界を超えていくスポーツ選手に対して、

メンタルコーチングという手法を使って

内面のサポートさせていただいています。

 

 

プロからアマチュア、学生アスリートなど

幅広いアスリートに対して

メンタルコーチングを提供しています。

 

 

そんな中でもよく聞くお悩みの一つに、

 

 

「モチベーションが上がらなくて…」

 

 

というものがあります。

 

 

頭では分かっているんだけど、

どうしても気持ちがついていかない…
 

そんな状態が続いてしまうのは

本当に苦しい状態だと思います。

 

 

そのような方のお悩みを聞いていると、

実はある特徴的な言葉遣いをしていることが多いです。

 

 

それは一体どんな言葉でしょうか?

少し考えてみてください^^

 

 

 

 

…どうでしょうか。

どんな言葉が思いつきましたか?

 

 

普段は考えないことに思いを巡らせることも

新たな成長のタネなりますよね。


さて、答え合わせをしましょう。
(答えと言っていいものかどうか…笑)

 

 

メンタルコーチが感じる特徴的なことばの一つとして

「~しなくてはいけない」

ということばがあります。

 

 

この言葉を無意識に使ってしまっている方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

この言葉を使っていると

どうしてモチベーションが上がらないのか。

 

 

それは

「~しなくてはいけない」という言葉は

自分の内ではなく、

外から動かされている証拠だからです。

 

 

もう少し詳しく説明します。

 

 

「~しなくてはいけない」

 

 

この言葉の裏にあるのは、

ルールや決まり、

誰かが決めたり、言われたりしたことなど

 

 

これはつまり

自分自身の外側にある基準で

その活動をするかどうかを決めてしまっている

 

 

ということです。

 

 

そして

この言葉を使い続けることによって、

 

 

「自分はやりたくないけど、やらなくてはいけない」

 

 

というような状態が出来上がってしまうのです。

 

 

さらに恐ろしい点は、

使っている人は気がつかないという点です。

 

 

最初は興味があったり、

単純に楽しんでいたりすることでさえ、

この無意識に発する言葉によって、

モチベーションが下がってしまっていることが

とても多いのです。

 

 

好きなこと

楽しいこと

 

 

これが義務やルールで縛られてしまっていたらどうなるか。

 

 

もしかすると、自分の言葉で

その状態を作り上げてしまっているかもしれません…

 

 

ではこの

「~しなくてはいけない」

という言葉。

 

 

どういう風に置き換えるとよいでしょうか?

 

 

一番シンプルな答えは

「~したい」という言葉かもしれません。

 

 

練習しなくてはいけない →練習したい。

トレーニングしなくてはいけない →トレーニングしたい。

朝早く起きなければいけない →朝早く起きたい。

 

 

こうするだけで、

自分がしたいことになりますよね。

 

 

外にある基準というものは

とてもわかりやすく、

目につきやすいです。

 

 

しかし、

それにとらわれてしまうと、

自分自身が本当に何がしたいのか

というものに目がいかなくなってしまいます。

 

 

そんな時に

自分がつかう言葉に目を向けられれば、

大切なものに気が付けるかもしれませんね。

 

 

モチベーションが低くなってしまったら、

言葉遣いを見直してみてください。

 

 

それでもモチベーションが上がらない時は、

一緒に考えましょう^^

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

=======================

皆さんのメンタルを作っているもの

それはなんだと思いますか?

 

 

その大きなものの一つは

「コトバ」です。

 

 

なんとヒトは1日5万~6万回も

自分と話をしているという…!

 

 

メンタルを変えるには

日常で触れているコトバを変えるところから!

 

 

スポーツメンタルコーチ橋本は

Twitterにて

日々、成長を続けるアスリートの皆さんを支える

メッセージをつぶやいています^^

 

 

質のいいコトバに日常から触れませんか?

 

 

↓アクセスはこちらから!↓

 

https://twitter.com/0240yuro

 

=======================

 

 

☆★体験メンタルコーチングのご案内★☆

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

★「体験メンタルコーチングとは?」★

 

 

「モチベーションを高めたい」

「競技のパフォーマンスを上げたい」

「もっと成長したい」

「メンタルを強くしたい」

「ネガティブな気持ちを何とかしたい」

 

 

悩みを抱えたまま日々の練習に取り組むことは
苦しいものであると思います。

 

 

このような方を対象に、

個別の相談によってメンタル面を整え、

結果に相応しいメンタルへ導く

メンタルコーチングをご案内しております!

 

 

メンタル面の問題を解決し、

これからもっと活躍したい!

これまでより良いパフォーマンスをしたい!

 

 

そんな方にオススメです!

 

 

詳しくは下記URLよりどうぞ。

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

☆コーチング実績☆

 

プロゴルフ

プロボクシング

モトクロス

スノーボードハーフパイプ

フェンシング

バスケットボール

サッカー

フットサル

ダンス

剣道

テニス

卓球

ソフトボール

…etc

 

==================================


テーマ:

 

こんにちは

スポーツメンタルコーチ橋本です。


3日坊主の人手を挙げて!
と100人に聞いたら、

かなりの人が手をあげると勝手に思っております。


それぐらい、

「継続すること」というのは

簡単なことではありませんよね。

 

 

それはアスリートにとっても、

同じことです。

 

 

毎日の練習の中で、

自分の限界に挑戦していく中で、

自分の決めたことをやり通すというのは、

多くの人が苦手と思われるのではないでしょうか。

 

 

ではどうして継続することは、

こんなにも難しいのでしょうか?

 

 

皆さんは考えたことはありますか?

 

 

実際に私がコーチングをする選手にも

同じような悩みを抱えた人がいらっしゃいました。

 

 

「どうして継続することができないと思いますか?」

 

 

と深く深く話を聞いていったところ、

 

 

「疲れてしまってできない」

 

 

というような原因があるとおっしゃってました。

 

 

ここで考えたいのは、

「疲れているとできないことを継続しようとしている」

という点について。

 

 

疲れてしまってできないことを

やろうとすると、

 

 

そこには「頑張り」が出てきます。

 

 

ところが、この「頑張り」は長く続かないことが、

心理学の実験によって報告されています。

 

 

バウマイスターらが1998年に行った実験では、

最初に実験参加者を

クッキーと生のラディッシュが置いてある部屋へ連れて行き、

片方のグループはクッキーを食べるのを我慢させ、

もう片方のグループには部屋にあるものは自由に食べていいとし、

部屋である程度の時間を過ごさせました。

 

 

その後、

できるだけ長く解決不可能なパズルに取り組んでもらった結果、

クッキーを我慢したグループの参加者は、

パズルに取り組む時間が短くなっていた

と報告しています。

 

 

これらのことから、

セルフコントロール、

つまり「頑張り」は長くは続かないということが言われています。

 

 

実生活にも心当たりがあることは少なくないのでしょうか。

 

 

毎日1時間勉強をしよう

30分ジョギングをしよう

などなど

 

 

「頑張り」がなければ続けられない目標を作った結果

できない日が続き、結局やめてしまう。

 

 

こういったことが続いてしまうと

「継続することは難しい」

と思ってしまうのも仕方ないかもしれません。

 

 

ではどうしたら、

継続することができるのでしょうか。

 

 

一つの解決法は、

「簡単な挑戦にしてしまう」

というものです。

 

 

毎日、1時間の勉強は困難でも、

毎日10分の勉強ならばできるかもしれません。

 

 

30分のジョギングは続かなくても、

5分のジョギングから始めてみてもいいかもしれません。

 

 

部屋が散らかってしまう人は、

毎日1分でも掃除に取り組めばいいのです。

 

 

そういった小さな変化から始めていって、

余裕が出てきた時に、

また小さな変化を重ねればいいのです。

 

 

人は大きな変化を求めがちです。

 

 

それは変化がわかりやすいからだと思います。

 

 

しかしいきなり大きな変化を求めることは、

小さな変化というプロセスを無視してしまっているとも言えるのではないでしょうか。

 

 

急がず焦らず

 

 

そんな時ほどじっくりと

回り道することを楽しめるといいですよね。

 

 

小さな変化をたくさん起こしましょうね^^

 

 

=======================

皆さんのメンタルを作っているもの

それはなんだと思いますか?

 

 

その大きなものの一つは

「コトバ」です。

 

 

なんとヒトは1日5万~6万回も

自分と話をしているという…!

 

 

メンタルを変えるには

日常で触れているコトバを変えるところから!

 

 

スポーツメンタルコーチ橋本は

Twitterにて

日々、成長を続けるアスリートの皆さんを支える

メッセージをつぶやいています^^

 

 

質のいいコトバに日常から触れませんか?

 

 

↓アクセスはこちらから!↓

 

https://twitter.com/0240yuro

 

=======================

 

 

☆★体験メンタルコーチングのご案内★☆

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

★「体験メンタルコーチングとは?」★

 

 

「モチベーションを高めたい」

「競技のパフォーマンスを上げたい」

「もっと成長したい」

「メンタルを強くしたい」

「ネガティブな気持ちを何とかしたい」

 

 

悩みを抱えたまま日々の練習に取り組むことは
苦しいものであると思います。

 

 

このような方を対象に、

個別の相談によってメンタル面を整え、

結果に相応しいメンタルへ導く

メンタルコーチングをご案内しております!

 

 

メンタル面の問題を解決し、

これからもっと活躍したい!

これまでより良いパフォーマンスをしたい!

 

 

そんな方にオススメです!

 

 

詳しくは下記URLよりどうぞ。

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

☆コーチング実績☆

 

プロゴルフ

プロボクシング

モトクロス

スノーボードハーフパイプ

フェンシング

バスケットボール

サッカー

フットサル

ダンス

剣道

テニス

卓球

ソフトボール

…etc

 

==================================


テーマ:

 

 

「失敗してしまうのが嫌だ」

 

 

そういう思いを持ってしまう選手がいます。

 

流石に

積極的に失敗をしにいくような方は

いないでしょう(当たり前ですが)。

 

しかし、

失敗することに対して「強く抵抗」しすぎることは

かえって、緊張や萎縮につながってしまうかもしれませんよね。

 

 

そのような選手と話していくときには

「どうして失敗してしまうのが嫌なのですか?」

ということを質問します。

 

 

そうすると

 

 

失敗ると怒られるから…

格好悪いところを見せたくない…

 

 

このような返答がかえってくることが多いです。

 

 

そのときにいつも考えることは

 

 

「成功したい」

 

 

そういう思いではないのだなということです。

 

 

ここで考えたいことは

 

 

「失敗をしたくない」

そういう思いを持ったとき

頭の中ではどんなイメージを思い浮かべてしまうか??

 

 

という問いです。

 

 

おそらく、頭に浮かんでくるイメージは

 

 

挑戦に失敗してしまって、

苦しみや恥などの嫌な思いを持ってしまう

というイメージではないでしょうか。

 

 

と思うと、

これが「成功するイメージ」ではないことを

ご理解いただけるでしょうか?

 

 

人は新しく得るものよりも、

今持っているものを失うことの方に強く反応します。

 

 

これは損失回避バイアス(Kahneman & Tversky, 1979)と呼ばれるもので、

人であれば誰でも持っている機能の一つです。

 

 

「人はちっぽけな病気ほどに、大いなる健康に敏感ではない」

 

 

アメリカの政治家であり、物理学者のベンジャミン・フランクリンは

このような言葉を残しましたが、

そういったことがうまく言い表されている一例とも言えるでしょう。

 

 

失敗を恐れてしまうことは

成功をイメージとは違うものかもしれませんね。

 

 

だからこそ

「失敗したくない」思いが出てきた時に

「成功した時の自分」を思い浮かべるトレーニングを

日頃からしておきたいものですね!

 

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました^^

 

 

=======================

 

皆さんのメンタルを作っているもの

それはなんだと思いますか?

 

その大きなものの一つに

「コトバ」があります。

 

なんとヒトは1日5万〜6万回も

自分と話をしているという…!

 

メンタルを変えるには

日常で触れているコトバを変えるところから!

 

スポーツメンタルコーチ橋本は

Twitterで

日々、成長を続けるアスリートの皆さんを支える

メッセージをつぶやいています^^

 

質のいいコトバに日常から触れませんか?

 

↓アクセスはこちらから!↓

 

https://twitter.com/0240yuro

 

=======================

 

 

☆★体験メンタルコーチングのご案内★☆

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

★「体験メンタルコーチングとは?」★

 

 

「モチベーションを高めたい」

「競技のパフォーマンスを上げたい」

「もっと成長したい」

「メンタルを強くしたい」

「ネガティブな気持ちを何とかしたい」

 

 

悩みを抱えたまま日々の練習に取り組むことは
苦しいものであると思います。

 

 

このような方を対象に、

個別の相談によってメンタル面を整え、

結果に相応しいメンタルへ導く

メンタルコーチングをご案内しております!

 

 

メンタル面の問題を解決し、

これからもっと活躍したい!

これまでより良いパフォーマンスをしたい!

 

 

そんな方にオススメです!

 

 

詳しくは下記URLよりどうぞ。

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/3054?selected_service_provider=19362#service_provider_names

↑サイトURL下部のフォームより申し込みください↑

 

 

☆コーチング実績☆

 

プロゴルフ

プロボクシング

モトクロス

スノーボードハーフパイプ

フェンシング

バスケットボール

サッカー

フットサル

ダンス

剣道

テニス

卓球

ソフトボール

…etc

 

==================================

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス