蓄電池はまだまだ改良される | 元太陽光発電技術者の道楽ブログ

元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

物質・材料研究機構がリチウムイオン電池の改良を行ったというニュースがありました(容量2倍のリチウムイオン電池を実現、新しい負極材料を開発)。容量は2倍になり寿命も長くなるということです。

 

 

太陽光のような出力の変動する発電の安定化に蓄電池(バッテリー)は大変役に立つものですが、大きくて高価な上に長持ちしないなどいろいろ問題がありました。その中で大きさと寿命の問題が改善されるようです。コストはどうなるかまだ分からないようです、これが一番大事なのですが。記事を見ると、まだ純粋研究的な段階の様で、コストはもちろん、実用化の可能性などもはっきりとしたことは言えないような印象を受けました。

 

しかし、蓄電池はまだまだ改善の可能性があることは期待できそうですね。

 

私はかつて、「蓄電池は成熟した技術であまり改善の余地が無い」と思っていましたが、テスラが一昨年、価格破壊のパワーウオールを出して「おやっ?」と感じました。残念ながら、その後あまり話の進展が無く、気になっていたところです。日本のメーカーもいろいろ新製品を出してきているようですが、テスラほどは安くなく、最近はちょっと悲観的な思いすら持っていました。

 

一番気になるコストの問題は依然として判りませんが、こういうニュースがあると、もっと良い蓄電池が出てきそうだという希望を持てます。実用化には時間がかかりそうですが・・・。そうなると再生可能エネルギーの普及はもっと進むことになるでしょう。記事にある技術的な話はよく判りませんが、とりあえず良いニュースという気がしました。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

tomatosoupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス