パナソニックのAIソーラーチャージ | 元太陽光発電技術者の道楽ブログ

元太陽光発電技術者の道楽ブログ

30年余り太陽光発電に携わってきましたが、リタイアすることにしました。
これまでの経験を活かし、我が家の屋根太陽光発電や購入した分譲太陽光発電所の状況・運営・評価などをはじめ、太陽光発電の技術に関連したことを中心に呟いていこうと思います。


テーマ:

2019年の住宅用太陽光発電FIT切れ後を狙った商品がいろいろ提案されています。基本的にはバッテリーに余剰電力を貯めて自家消費するシステムが提案されているようですが、パナソニックからバッテリーの代わりにお湯でエネルギーを貯めるシステムが提案されました(パナソニック、太陽光でお湯を沸き上げ、「FIT切れ」に対応)。

 

 

 

電気でお湯を沸かすのはあまりエネルギー効率の良い話ではないのですが(電熱線を使う場合)、この商品はヒートポンプを使っていますので、太陽熱温水器と同じくらいの効率が得られるかもしれません。とは言え、普通の家庭ではお湯の需要はあまり大きくありませんので、これを活用できる範囲は限定されるでしょう。私はやはりバッテリーに電気を貯める方が良いと思いますが、今のバッテリーは高いので、お湯をよく使う家庭なら経済性があるのかもしれません。

 

昔、石油ショックの時に太陽熱温水器が持てはやされたことがありましたが、結局、お湯の使い道が無くて定着しませんでした。太陽熱温水器だと、夏場なんて、お湯が余ってしまいます。今回の記事のもののようにヒートポンプを使っている場合は、冷房の排熱で温水を作るという手もありますが、効率は良くなってもかなりコストアップになりそうで、経済性がどうなのか良く判りません。

 

一方、システムの制御にはAIを用いるようです。エネルギーを売るか、買うか、貯めるかを、需要を考慮して決めるのはかなり面倒な話です。今のAIにどれぐらいの能力があるのか私は良く判りませんが、このような面倒くさい制御をするのにAIは向いているような気がします。更に、パナソニックはAIを使いIoT機能も充実させたHEMS市場への展開を狙っているようですが、私はやはりバッテリーを使うシステムの方が良いような気がします・・・。

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

ブログを面白いと思われましたら是非ボタンを押してください。


にほんブログ村

tomatosoupさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス