ホームスクーリング 4人きょうだい ヨガと刺し子とセラピーと

ホームスクーリング 4人きょうだい ヨガと刺し子とセラピーと

小学生3人ホームスクーリング+2歳児。家での過ごし方、学校との関わり、学ぶこと、子ども達と共に過ごす中でのわたしの変化、気づきなど。





大事な試験が終わりました。



今日は無性に買い物したい気分で、
予定していたことはキャンセルして

一人で買い物してきました。


末息子は3歳だから、とてもじゃないけど一緒だと服もゆっくり見れないし、

娘もやっぱり途中で飽きてくると
私が気になるから

やっぱり買い物は一人が好き。




で、ひっさびさに服買いました。

多分今年初めて買った?かも。


何よりゆっくり見て、
ゆっくり選べるのがノーストレス。


買った分、使い古したものはさよならします。

お役目交代。




最近読んだ本
ダウン

って、
タイトルちょっと大袈裟なんだけど、
それくらい衝撃的だったことを。



ここ数日体調崩してしまい、
鼻をかみすぎて鼻の下がかぶれてきました。

ちょうどティッシュもなくなったし、
ドラッグストアに買いに行って、

初めて

こういうティッシュ買ってみました。




前に友人宅でものすごい肌触りいいティッシュが置いてあって、

自分はこういうの買ったことないなー、、って思ったんです。


高いから。



で、無意識的に
こういうの買う人はリッチな人、
ってイメージがあって。


私はいつも特売のとにかく安いやつ。

質より量!!的な。




欲しいなーと思いつつ、買ったことがなかった。

そもそも
こんなティッシュは買う選択肢にも入ってなくて。

高いから。


けど、鼻がもう限界で、どうしても欲しくて欲しくて…
買う前もやっぱりドキドキ…

で、今から考えると、たかだか700円程なんですが(3個入り)
運良く特売。
それでも躊躇しまくるあせる




たかだかティッシュひとつなんだけど、使うのが嬉しくて嬉しくて。

リッチな気分でいられる、っていうのかな。



あー、わたし、無意識でいろんなこと、
ちいさな我慢をしてるんだなー、、

と思ったのです。





今から10年ほど前、
空港で初めての経験。

ロイズの固めのポテチにチョコがかかってるやつ食べたんです。

ティッシュと同じく、
おやつに700円とか800円とか買う選択肢にも入ってなかったから、

美味しそう〜、と思いながら食べたことなくて。



海外行く前で、金銭感覚がいい感じに麻痺してたのか、
売店で初めて買って食べました。


その時のショーゲキもすごくて。笑

「この世にこんない美味いもんがあったなんて!!」

って、マジで思いました。




小さい自分の声を聞いて叶える
(心の中の小さな私)

って、こんなに些細なことなんですね。

大金もかからないし、
時間も必要ない。



だけど、その小さな声にすらなかなか気づかないんだなー、、と思ったのです。

今まで散々無視してきたから、
分かんなくなってる。



こういう経験、少しずつ増やしていきたいなと思います。




子どもたち見てて嫌だな、って思うとこは

私自身がやってることだと思う。

無意識だから全く見えてない、と思う。





次男の方に親のエネルギーがいってると
長男は敏感に察知する。

長男が次男にきつくあたる。

そして私はそれを見て、
嫌な気分になる。



どうしたらいいか夫婦で話し合う。

私は夫にしてほしいことを要求する。
話し合いは、
だんだん要求ばかりになっていく。


夫は
「長男はあなたに注目してほしいんじゃない?」と私に言う

私は嫌な気持ちになる。




私は頑張っている。
充分やっている。
これ以上、何を求めるんだ!

という気持ちになる。


私1人でなんとかしないかんのか?
荷が重いわ、
なんで母親ばかりに求めんねん、

という極端な思考になる。




話してて夫に、私が思うようなリアクションがなかったり

頷きがなかったり
返事なかったりすると
よけいにイラつく。

だから何回も聞く。
「話伝わってる?」と。


夫は「聞いてるよ。わかるよ」と言う。


が、私が感じられる、

納得できる‘伝わってる感’は得られないのでイライラしてくる。



話し合ってもすっきりせず、
話し合うことでよけいにモヤる。





私たち家族が良くなるつもりで
話し合ってるのが、

結局は

分かり合えなかった
意見が合わない、


‘誰も私を分かってくれない’

っていう嫌な気分で終わる。
 




なんのために話し合ってんだか、、
と相手を責める気持ちと、

また怒ってしまったっていう自己嫌悪が
混じり合う。







子どものことで喧嘩してる。


私は、1番嫌だった両親と同じことしてる。

最低。







それと
長男と娘は私にすごく気をつかう。

冒頭で書いた、
‘同じことをしてる’ っていうのは


私は長男や娘に対してイラつくと
3歳の末息子にきつくあたっている、

ということ。



今まで全く気づかずにいた。

ふとしたことで、
それに気づくことになった。



3歳児にきつくあたるのを見たくない子どもたちは
異様に私の顔色を伺う。

そりゃそうだ。

自分の言動で、可愛い弟が怒られたりする
んだから。




子どもの頃の、私と同じだ。

私のせいで母にきつくあたる父。






私は突然に切れたり、
気分が変わったり

急に機嫌が悪くなったりもする。


だから
子どもたちも皆んな、私が気になる。
私の機嫌が気になる。



落ち着かないだろうと思う。

私はうちにいてもビクビクしていたし、
怯えていた。





このままじゃまずいなと思う。

私と同じような人間になるんじゃないかという不安が、また襲ってきてる。

私のように
生きづらさを抱えてほしくはない、

って気持ちがまた膨れ出した。



私は父がいつ切れるかわからないから
うちの中で不安だった。

父の顔色、母の顔色を伺い、

2人の微妙な空気感に異様に敏感になっていた。

私が何かしでかすと、父は母を責める。

母は父に怒鳴られたり、
喧嘩になったりする。

私が原因で両親が喧嘩するのは
嫌でたまらなかった。

止めに入っても止まらない。

よけいに父が怒る。
悪化する。





今、私は変わりたい、
変わらなければいけないと思っている。


私は、
どう私を変えていけばいいのかわからない。

私は困っている。

このままではいたくない。



夫とも仲良くしたいし、
子どもたちが顔色を伺わなくてもいい自分になりたいと思っている。


自分でも怒りのスイッチがどこにあるか分からず、戸惑っている。

自分の扱いに困ってるんだなぁ、
と思う。



本を読み漁り、
書いてあることが私と同じで、

今まで閉じてた蓋が開いてしまったみたい。

正直、このままだと夫婦でいるのも
難しくなりそう。