しるくらし。

しるくらし。

日々の暮らしの中で、わたしの変化、気持ち、など。
家族のこと、自分のこと、刺し子の話。
学校へ行かない選択。
子どもとの関わり方など書いていきます。
刺し子のお仕事依頼も受けています。





「行ってらっしゃい」って

子どもを送り出すことは私にとってうれしいことなんですね。

 

うちにいてもいい

好きに過したらいい、

 

けど、

正直

行くとこがあって、

いい顔して「いってきます」

って出かけてくのを見るのはうれしいです。

 

これは正直な気持ち。

 

「ただいまー、疲れたー」なんて言いながら

帰ってくるのを見るのも好き。

 

疲れた、なんて言いながら

いい顔してるな、って感じます。

 

 

学童期はもう、

家族、親とのつながりよりも、

同世代、外の社会とのつながりが(も)必要。

 

 

そういった意味では

親として

私が何とかしないとっていう

重圧みたいなものから、逃れられる気がするんだろうと思うんです。

 

私の場合は。

 

 

とにかく、

「いってらっしゃい」って子を送り出せるのって

私にとってはうれしいことです。

 

お弁当を作れることも、ね。

 

 

それは

そういうことが出来なかった時期が長かったから

尚更そう感じるんですけどね。

 

毎回同じようなこと言いますが、
アウトプット大事です。

最近はますます実感してるので、
ほんと、意識してます。

イライラしやすい、なんか不安、もやる。
そんな時はだいたいが放出の機会がない時。
吐き出すことができてないと、
それって知らず知らずに溜まってくんですよね。

知らず知らずってのがポイントで…
自覚ないから、放置しがち。

だから、意識的に定期的に放出したほうがいい。
話すことないしー、なんて思ってても
奥ぞこには溜まってたりするので。


カウンセリングなんてたいそうな話ではないです。
自分にとって無害な人が理想ですね。

要は、
全く利害関係もなく、
余計なアドバイスしてこない人。

ぬいぐるみとか、ペットとかでも👍

とにかく、吐き出す。


インプットはそこそこにして。

だって、たくさん詰め込んだって、
そのうちいくつ実践できるか?

人間いろんなこと
いっぺんにできないです。

ましてや長年積み重ねてきた習慣や思考の癖、ありますから。


アウトプットも慣れがあるので、
練習して自分を慣れさせてあげるといいと思いました😉

子どもに対して何か教えよう、

何かしてあげないと、

 

じゃないんですね。

 

 

それよりも、

この子は頭も心も成長してる、そう信じる。

 

そして私は私でやりたいことをやる。

楽しむ、

それが何より大切。