上野 不忍池に

蓮の花を見に行ってきました。

 

毎年、身に行きたいと

思いながら・・・

 

 

なかなか行けないでいる

蓮の花の鑑賞。

 

雨が降っていたし

夕方でうすぐらかったですが

咲いているお花があって

嬉しかったです。

 

 

仏教に「泥中の蓮」

という考え方があります。

 

「泥中の蓮」とは?

 

泥の中から

美しい花を咲かせる

蓮のように

 

 

汚れた環境でも

染まらず清く生きること。


また、煩悩の汚れの中でも

決して染まらず

清らかで純真な心や

姿を保っている人を

たとえる言葉でもあります。

 

 

こどもの頃に

愛読書だった

『小公女セーラ』のセーラは

 

まさに「泥中の蓮」

のような人だと思います。

 


 

龍のような雲。

 

昔の人は

「お天道様が見ている」

と思っていたけれど

 

もっとたくさんの

目に見えないエネルギーが

わたしたちを見守ってくれています。

 

わたし自身も

仕事名の「水蓮」に恥じないよう

美しい生き方をしたいと

あらためて感じた1日でした。

 

 

<▼▼▼個人鑑定・講座等▼▼▼>

自宅学習用 ことだま鑑定初級DVD


ご自宅で「ことだま50音」の
基本を学んでいただけます。

◆ことだま鑑定上級講座

*マンツーマンでのオンライン対応となります
条件を満たすことで、有料個人鑑定ができるようになります
日程は個別相談で決定いたします
 

 

日本人の【氏名には使命】が宿っています。

日本古来のことだまで「名前」をひも解く、
新・姓名判断【ことだま鑑定®】は、水蓮オリジナルの鑑定法。

画数ではなく、ひらがなの「あ」から「ん」の
1音・1音を読み解くことで、
「名前」から性格・魅力・才能がわかります。

知らなかった自分の「名前」の意味を知ると、
才能のスイッチを入れて開運へと導かれます!


あなたの開運を心からお祈りいたします。
 

 

 

 

 

 

 

 

高いところが、怖いのに

高いところが、好きです。

 

そういう時は

きっと前世で

何かあったのだろうと思います(笑)

 

地球上で生きている

わたしたちには

 

肉体の記憶(家系の使命)と

魂の記憶(個人の使命)が

あります。

 

肉体をもたない

宇宙人たちには

「死ぬ」という感覚がないそうです。

 

わたしはこどもの頃に

何度か死にかけて

(1歳、5歳、17歳)

 

そのときは「死ぬ」ということが

肉体の消滅だと思っていました。

 

でも、いまは、魂は消滅しないから

「生まれ変わり」を繰り返して

いくのだと感じています。

 

今回の人生で

体験していないのに

なぜだか確信できること。

 

すでに知っていること。

刻み込まれていること。

 

それは、きっと前世の記憶。

 

魂の記憶に

関係があるのだと

思うのです。

 

そして

肉体の使命(家系の使命)と

魂の使命(個人の使命)を

知るためのヒントが

名前にあります。

 

あなたの氏名には

使命が隠されている!

 

名前の意味を知ると

今回の人生の目的も

ちょっと思い出すかもしれません(笑)

 

ぜひ、ご自身の名前を

チェックしてみてくださいね!

 

↓↓↓

 

使命・魅力・才能が分かる!無料「ことだま五十音表」

 

 

<▼▼▼個人鑑定・講座等▼▼▼>

自宅学習用 ことだま鑑定初級DVD


ご自宅で「ことだま50音」の
基本を学んでいただけます。

◆ことだま鑑定上級講座

*マンツーマンでのオンライン対応となります
条件を満たすことで、有料個人鑑定ができるようになります
日程は個別相談で決定いたします
 

 

日本人の【氏名には使命】が宿っています。

日本古来のことだまで「名前」をひも解く、
新・姓名判断【ことだま鑑定®】は、水蓮オリジナルの鑑定法。

画数ではなく、ひらがなの「あ」から「ん」の
1音・1音を読み解くことで、
「名前」から性格・魅力・才能がわかります。

知らなかった自分の「名前」の意味を知ると、
才能のスイッチを入れて開運へと導かれます!


あなたの開運を心からお祈りいたします。
 

 

 

 

 

 

 

 

こどもの頃から

切り花が苦手でした。

 

お花は、キレイで

どれも好きだけれど

 

飾るために

切ってしまうことは

人間のエゴのように

感じていました。

 

あとは切ったら

痛いんじゃないだろうか

イヤなんじゃないかと

心配だったのです。

 

先日、長年の疑問を

レインボーチルドレンの

まりなちゃんに質問してみたら・・・

 

 

お花は、人が愛でることを

とても喜んでくれるから

大丈夫なのだそうです。

 

摘み取られる痛みは

まりなちゃんのたとえによると

「出産の痛み」に近いのだとか。

 

そのかわり

愛情をもって大切に

お花と接することが大事と

教えてもらいました。

 

 

「なるほど~!」と納得。

 

ずっと昔に

『僕の地球を守って』のなかで

木蓮さんも

 

「たとえ摘み取られるとしても

植物は、人が愛でることを

とても喜んでくれる」

と言っていたからです。

 

 

これからは

安心して家にお花を飾る

ことができます!

 

image

 

キレイなお花を見ると

豊かな気持ちになれる!

 

お花のチカラは、偉大です。

 

安心してお花を飾れるから

お花のプレゼントも

したくなりました(笑)

 

 

<▼▼▼個人鑑定・講座等▼▼▼>

自宅学習用 ことだま鑑定初級DVD


ご自宅で「ことだま50音」の
基本を学んでいただけます。

◆ことだま鑑定上級講座

*マンツーマンでのオンライン対応となります
条件を満たすことで、有料個人鑑定ができるようになります
日程は個別相談で決定いたします
 

 

日本人の【氏名には使命】が宿っています。

日本古来のことだまで「名前」をひも解く、
新・姓名判断【ことだま鑑定®】は、水蓮オリジナルの鑑定法。

画数ではなく、ひらがなの「あ」から「ん」の
1音・1音を読み解くことで、
「名前」から性格・魅力・才能がわかります。

知らなかった自分の「名前」の意味を知ると、
才能のスイッチを入れて開運へと導かれます!


あなたの開運を心からお祈りいたします。