手作り野菜日記

福島県須賀川市の工務店。福島県内で新築・リフォーム・不動産でお悩みの方はアドバンスホーム までお問い合わせ下さい。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今年もツバメがやってきた

新型コロナ感染対策で会社や家の消毒に加え

 

いつまで続くのかと不安と恐怖におびえる毎日。

 

でも我が家の玄関には今年も変わらずツバメが来ました。

 

 

 

 

驚かせては可愛そうなので遠くからパシャリスマホ

 

疲れているとき、こういう動物から感じるほっこりした気持ちはありがたいですね。

 

無事に生んで巣立ってね!!

コロナあっちいけ!!

コロナ問題でいろいろと周りでも影響が出ております。

 

このままでは世界経済が低迷して、今までにない世界的な大不況に陥りそうです。

 

ワクチンが開発されるまで1年~1年半が必要とのことです。

 

ということは、このままピークと終息の繰り返しが1年以上継続されるのか?

 

オリンピックが本当に開催できるのか?

 

このまま仕事は続けられるのか?

 

私もそうですが不安しかありませんよね。

 

 

そんななか、コロナ差別が発生しているとテレビで知りました。

 

2011年の東日本大震災の際、福島県民が日本中・世界中から差別された事を思い出します。

 

実際に私も2度、差別的なことを経験しました。

 

 

1度目:銀座で風評被害払拭のため、地元の農産物を物販していた時。

 

あるおばさんから「わざわざ福島から来て食べ物売っても、そんなの誰も買わないわよ!!」

 

私「そうですか。そういう方に買ってもらうつもりありませんので結構です!!」

 

 

2度目:関東の某有名スニーカーショップにて、売り場にある「がんばろう東北」のシャツをひつこく私に売ろうとする店員

 

店員「このTシャツ買っていただけたら、売り上げの一部が東北へ寄付されます」

 

私「私、被災者なので買いません」

 

店員「どちらから来られたのですか」

 

私「福島です」

 

店員「キャー!!」全力でレジ裏に逃げられた。

 

悔しいけど何も言わずにスニーカーを買いました。

 

 

もっと辛い経験をした福島県民もたくさんいます。

 

そんな経験をしたからこそ、同じようなことの繰り返しをやめてほしいと強く願います。

 

 

今、医療従事者に対してのエールが送られています。大変感動しました。

 

でも、もっと冷静に周りを観察してください。

 

外出自粛でも電気・ガス・水道は止まっていないですよね。

 

食材を買いに行ってもスーパーはいつも開いてますよね。

 

市役所・郵便局・ガソリンスタンドetc・・・

 

いろんな人の頑張りで自分が生かされていることに気付いてほしい。

 

100%自給自足できて、本当に一人だけで生きている人なんてほんの一握りしかいません。

 

家族・友人・職場の仲間、自分にとって大切な人がいるのなら、自分が感染源になって死者を出したらどうしよう。

 

そう考えることができれば、県外に遊びに行ったり、3密へ遊びに行ったりすることが我慢できるでしょう。

 

私も偉そうなことは言えませんが、できることから実践していきます。

 

それにしても地震(放射能)・水害(台風)・コロナ・・・嫌なことが続きすぎ・・・

 

 

 

 

6日前に撮影した翠ヶ丘公園の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豚の軟骨煮

コロナウィルスに負けないためにも

 

免疫力を高めなければなりません。

 

「肉食って地固まる」

 

 

 

 

久しぶりに豚の軟骨を発見。

 

酒・醤油・沖縄黒糖でとろ火で1時間煮込みました🐽

 

仕上げに白髪ねぎのトッピングで完成!!

 

ちょっと甘めにしたほうが好みなので沖縄黒糖多めに投入。

 

ご飯にもお酒にも合うので作ってみてください。

 

 

レシピ

・豚軟骨 適量(1回下茹でして臭みを取る)

・水  適量(肉がつかる程度)

・酒 適量

・黒糖 適量(三温糖ORザラメでも可)

・ネギの青い部分 適量

・ショウガ 適量

 

この料理は好みが左右するので沸騰したら味見をしてください。

肉が十分につかる水分でスターして1時間弱火で煮込めば完成。

煮詰めるので完成時は味が濃くなるので

好みの醤油・砂糖の量のちょっと前で止めるのがポイントです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>