すいらんぶろぐ

すいらんぶろぐ

群馬県/フランス美大留学/芸大受験・美大受験予備校/カルチャースクール/介護保険認定アートデイサービス/企画画廊/学校教材/画材/総合デザイン研究所/他

「アマダレ2024 戸田創史」作品販売リスト③

 

現在開催中の展示作品購入ご希望の方は

下記作品をご覧いただき、最後にありますご注文購入フォームに

必要事項を明記し、発注送信して頂くと

ご購入頂くことが出来ます。

 

 

■戸田創史

 

発注番号:TS24-1

 

「トロピカリ」

パネル、綿布、岩絵具、アクリル絵具、水干絵具、箔

1620×1303mm(F100)   2024年  ¥595,000 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:TS24-2

 

「泉に夢」

 パネル、綿布、岩絵具、アクリル絵具、オイルパステル、箔 

910×727mm (F30)  2023年  \275,000 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:TS24-3

 

「いつまでも海がこうでありますように。」

 パネル、綿布、岩絵具、アクリル絵具、オイルパステル、箔 

530×455mm (F10)  2022年  \99,000 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:TS24-4

 

「雪の断片―石山緑地―」

 パネル、綿布、岩絵具、アクリル絵具、オイルパステル、箔 

530×380mm  2023年  \99,000 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:TS24-5

 

「見えない海」

 パネル、ポリエステル生地、岩絵具、アクリル絵具、綿

333×242mm (F4)  2023年  \44,000 (税込) 額なし

 

=====================================

作品注文フォーム↓

 

上記発注フォームからご注文下さい。

確認後、画廊翠巒担当者よりご連絡させて頂き

詳細を決定させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

画廊翠巒(すいらん)

suiran@suiran.com迄

 

 

 

「アマダレ2024 荻莊天馬」作品販売リスト②

 

現在開催中の展示作品購入ご希望の方は

下記作品をご覧いただき、最後にありますご注文購入フォームに

必要事項を明記し、発注送信して頂くと

ご購入頂くことが出来ます。

 

 

■荻荘天馬

 

発注番号:OT24-1

 

「熱を帯びる」

パネル、綿布、岩絵具、パール粉、水干絵具、箔、墨

1160×1840mm 2024年  \440,000 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:OT24-2

 

「霞」

パネル、綿布、岩絵具、パール粉、箔、墨

525×820mm  2023年  \110,000 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:OT24-3

 

「水平線」

檜板、岩絵具、箔 

920X360mm  2024年  \74,800 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:OT24-4

 

「彗星」

 パネル、寒冷紗、岩絵具、パール粉、箔

330×330mm (S4)  2024年  \33,000 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:OT24-5

 

「地球」

 パネル、生地、岩絵具、アクリル絵具、パール粉

300×300mm   2024年  \30,800 (税込) 額なし

 

=====================================

作品注文フォーム↓

 

上記発注フォームからご注文下さい。

確認後、画廊翠巒担当者よりご連絡させて頂き

詳細を決定させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

画廊翠巒(すいらん)

suiran@suiran.com迄

「アマダレ2024 石黒 光」作品販売リスト①

 

現在開催中の展示作品購入ご希望の方は

下記作品をご覧いただき、最後にありますご注文購入フォームに

必要事項を明記し、発注送信して頂くと

ご購入頂くことが出来ます。

 

 

■石黒 光

 

発注番号:IH24-1

 

「不凋花が囁く」

パネル、綿布、膠、岩絵具、水干絵具、箔、蜜蝋 

2,480×1,620mm  2023年  \715,000(税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:IH24-2

 

「Sinister Sisters」

 

パネル、綿布、膠、鉛筆、岩絵具、水干絵具、アクリル絵具

606×910mm(M30) 2024年 \176,000(税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:IH24-3

 

「劈く抱擁」

パネル、綿布、膠、岩絵具

455×333mm(P8)  2024年 \66,000(税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:IH24-4

 

「藍と丹」

木枠、綿布、膠、鉛筆、岩絵具

330×210mm(P4)2023年  \55,000 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:IH24-5

 

「寛解と増悪」

木枠、綿布、膠、鉛筆、岩絵具、アクリル絵具 

210X210mm 2024年  \33,000 (税込) 額なし

 

=====================================

 

発注番号:IH24-6

 

「眩さに触れた」

パネル、綿布、膠、岩絵具 

180×140mm (F0)   2023年  ¥27,500 (税込) 額なし

 

=====================================

作品注文フォーム↓

 

上記発注フォームからご注文下さい。

確認後、画廊翠巒担当者よりご連絡させて頂き

詳細を決定させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

画廊翠巒(すいらん)

suiran@suiran.com迄

本年も「アマダレ展」を開催致します。

 

 

 

東北芸術工科大学日本画領域の教授である長沢明氏が、

この画廊翠巒で個展を開催したご縁から実現した、

当画廊と長沢明氏による、

東北芸術工科大学大学院日本画領域を修了し、

今後の制作に期待を寄せる若手作家の選抜によるグループ展

「若手作家育成事業第9回展」で、

現在東北芸術工科大学とのコラボ企画展となっています。

 

 

 

今年は3人全員が初の選抜で、

全員現在も大学院修士1年生ですが、

すでに様々な活動を通して活躍しています。

 

 

 

石黒光は、第44期国際瀧富士美術賞で優秀賞、

荻荘天馬は、滞在型地域連携アートプロジェクトで大きな成果を上げ、

 

 

 

戸田創史は、月刊美術主催美術新人賞デビュー2024年に入選。

 

 

 

勿論東北芸術工科大学卒業制作展では

優秀賞や美術科賞を受賞する、将来を期待される、

芸工大大学院の精鋭院生です。

どうぞごゆっくりご高覧ください。

 

 

 

この展覧会に寄せて、長沢明氏が

以下のようなメッセージを寄せています。

 

==============================

 

芸術の世界は必ずしも結果を伴うものではないが、

たとえ結果がどうであれ、描き続けていくだろう彼等。

一つの方向を向き描き続ける作業は、

雨だれが石を穿つ様と重な、

ときには「描くべき意味」を飛び越えていく。

描くことが思考を超えた時にしか見せることができない世界がある。

私は芸術のフィールドに、そんなプレイヤーに立ってもらいたい。

またアマダレは「!」の別名であることから、

彼らが自分の世界を求める中で見つけた「!」を、

僕らにも見せる機会になってほしい。

===============================

 

 

開催期間中、来廊が可能でない方には

動画を準備し、YouTubeで配信いたしますので

実物の作品鑑賞のようにはいきませんが

展示された作品の雰囲気やイメージを楽しんで頂けます。

ネットからのご購入も 以下から手続き頂けますので

是非参考にしてご高覧いただけたら幸いです。

 

アマダレ2024 👆石黒 光・荻莊天馬・戸田創史 動画クリック

 

 

■2024年画廊企画PART4

 「アマダレ2024 石黒 光・荻莊天馬・戸田創史」

 —東北芸術工科大学との共同企画:若手作家育成支援事業Vol.9—

■2024年5月18日[土]-26[日]

 10:30―19:00(21日火曜休廊・最終日17:00迄)

■画廊翠巒(株式会社すいらん)代表取締役 梅津宏規

■371-0801 群馬県前橋市文京町1-47-1  

■TEL:027-223-6312

■Eメール:suiran@suiran.com

■URL:画廊翠巒

 

👇アマダレ2024 石黒 光・荻莊天馬・戸田創史作品購入は以下から

1) 石黒 光作品販売リストページVol.1

2) 荻莊天馬作品販売リストページVol.2

3)戸田創史作品販売リストページVol.3

 

僕が行っていたころのフランスの芸大は

兎に角、まるで日本の小学校の様に

朝早くから授業。

 

 

ほぼ毎日ベッドに入るのが

レストランから戻ってからで、

まだ少し興奮状態なので

寝付くのが2時半から3時

起床は毎日6時半くらい。

朝はいつものパン屋さんに

その日の朝食用のパンを

毎日買いに行って、カフェオレと。

これが本当に美味しくて、

まったく飽きないのです。

 

大学には徒歩1分のところに住んでいたので

8時から始まる授業の為に、

7時半には行っていました。

フランス人達はけっこうギリギリだったけど。

 

 

あるデッサンの授業はなんと朝8時から開始。

で、人物デッサン。

これは勿論ヌードなんだけど、

モデルさんは、本当のプロというより、

男女共に学生アルバイトみたいな人が

ほとんどで、とにかくじっとしていない。

 

この時は、ちょっときれいな女性で

男たちは少しウキウキ。

で、いよいよポーズ開始。

 

 

最初にとっていたポーズが10分もしないうちに

違うポーズに。

そのたびにみんな

”オ~ セパヴレ・・” (嘘だろう~!)みたいな。

”オ~ セパポッシーブル!”

でもねこのモデルさんたち決して謝らない

”ちょっと動いただけじゃない!

そんなに文句言わないで!”

みたいな、まったく悪びれない。

フランス人はちょっと”謝ったら負け” 

みたいな感じがあるので。

こんなことはまあ日常茶飯事ですが・・・。

 

このモデルさんとのやりとりも

しばらくすると結構気にならなくなってきて

そんなやり取りも楽しみながら

でもこのモデルさんが、

けっこういいポーズをとって

僕の方に向いてくれていて、

”描きやすい。”

 

サラサラとまあ、デッサンとまでもいかない

クロッキーな感じで描いていたんだけど

途中休憩にそのモデルさんが

僕のところにやってきて

 

”うっそ―、シューペール! トレ ジョリー!”

(すごいいいね!とってもきれい)

なんて言うのだけど、僕としては今一つ

満足な出来でなかったんだけど、

彼女がきなり、

”ね~このデッサン仕上がったら

私にプレゼントして!”

と。

 

 

”こいつ何言ってんの 

これは課題提出用のデッサンだよ”と

心の中で思いつつ

彼女に

”ゴメン、これは君にプレゼント出来ないんだ”

と言ったら

”あなたケチね”

”あなたが描きやすいように

頑張ってポーズしてあげていたのに”

と怒り心頭気味。

 

”でもさ~、これ授業の課題で描いているんだぜ~!”

”無茶苦茶だな~・・・”と思いつつも

彼女は”もう一枚描けばいいじゃない!”

でもそんなの時間的に無理。

結局、その他のデッサンを彼女にあげて

何とか機嫌を直してもらった。

まだフランス人女性を

良く知らない頃の、驚きの反応と経験でした。

 

で、お昼は大学食堂か

近くのおばあちゃんがやってる

大衆食堂へ。

前にも書いた通りエクスにはその当時、

学食が4つ。

街の四方の異なる場所にあって、

その時々で僕らは

行くところを替えていたのですが、

ただどこま芸大からはとにかく遠い。

片道徒歩で20分以上。

でも安くて量が多いので、

やっぱり学食に行ってしまうのです。

 

帰りはお気に入りのカフェのテラスで

巻煙草を吸いながら、

プチカフェ(エスプレッソ)を

ちびちび飲み、

友達と話しながら1時間の休憩。

 

 

そして2時からまた授業が始まって、

夕方5時までの日と

5時終了後に、夜8時ごろまで課題制作をする。

とう日々。

 

週末はその一週間に出された宿題、

実技課題と指定された本を読んで、

その感想レポートを書いて・・・

勿論フランス語で、辞書を片手に。

兎に角時間が全然足らない。

だから、大体1週間に1日は

完全に徹夜になる。


そして、毎日睡眠時間が2時間から4時間で、

なんとか1週間の単位を

落とさないでやりきる

という、今では考えられない

スケジュールでした。

 

 

勿論合間にバイクでちょっとツーリングして

気晴らしにコンテやパステルで

風景デッサンしたり、

水彩でスケッチの様に写生したりして

ストレス発散していました。

 

 

南仏の青い空と乾いた風とハープの匂い。

眩しいキラキラとした光に癒されながら

何とか踏ん張る毎日でした。


つづく