すいません、誤字脱字絶対あります、、

幾つかの問い合わせを頂き、右往左往してましたが先程会議をへて最終的に以下が正式詳細となりました。

先着200限定画集セット1万円は、6月15日午前9時より心斎橋パルコさん玄関?にて整理券を配布致します。

番号順に再び午後13時を目処に順次個展会場付近にいらして貰い専用部屋にて20人ずつを目処に並んで頂きイラスト及びサインをしていきます。

全体の総数にもよりますが、全員に平等に時間を割り振ると一人1分程度が目安となります。充分とは思えない時間ですが、どうかご容赦お願い致します。〔人がそもそも少ない場合は、勿論ゆとり持って喋れますよ〕

個展会場は、ARTSHINSAIBASHIという14階全体を使ったアートフェア形式イベントの中に僕の個展ブースがある為、会場は、僕だけの物ではありませんので、隣には他のギャラリーさん達のブースがあり、他の作家さん達の珠玉の作品が並んでいる事になります。百貨店様のルール上、人が沢山来てくれる事は大変望ましい事ではありますが、一方で人が多すぎて作品一つずつが静かにゆっくり見れなくなったり、コロナ対策も懸念されます。更に列が他のギャラリーさんの販売の妨げに繋がる事は、事前に避けるべきだと考えます。
なので、今回は、個展会場とサイン会場は、別の場所にし、僕自身との写真などは、限定画集を購入された方のみとなりました。
個展会場にて"作品のみ"を自由に撮る事は可能となります。

また、身体の不自由な方、妊婦様、お子様連れの方で、万が一なんだかの列に並ばざるおえない場合は、スタッフが椅子を用意する、などは可能となります。以前していたような、"特定の方のみ優先列"などは、スタッフが対象者に応じての判断が非常に難しく、平等性を欠く事により、更にご不便をお掛けする可能性もありますので大変、心苦しいのですが、今回は優先列制度などはなしとなりました。何卒ご理解頂けたらと思います。

この辺の事は、百貨店なのか、一個人ギャラリーなのか、僕一人が単に場所借りでやってる個展なのか、催事なのか、他にも業者さん達との共催イベントなのか、で変わってきます。今回は、百貨店催事&アートフェア形式なので、尊重するべき同業者の方も多い為何卒ご容赦ご理解の程何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、杉田来場は、6月15日、18日、19日のみとなります。

それと作品キャプション毎に一言解説がついていますので僕がいない時でも何か参考にして頂けたら幸いです。
随所に毎回、誰も気付かない位細やかな工夫をしています。

このブログを最後まで読んでくれてコメントをくれる人に感謝です。

















本日から大阪入りです。
今回の個展は、平日始まりでもあり、どれだけ人がいらしてくれるかサッパリ読めません。少なければあれですが、万が一、混雑した場合、絵に向かうまで待機する時間を頂戴するかもしれません。🙇‍♂️

折角なら、展示空間に入る前に、出品作品のそれぞれの解説というか一言メッセージがあれば、より作品と向かい合った時に愉しみやすくなるかなと思い、大変雑ではありますが、以下、ご用意しました。
時間がなく、メモ書き程度なので、ほんのキッカケ程度に考えてくれたら嬉しいです。数字間違えもあるかもです。

現代アートの一端を感じるキッカケに。僕の取り組みを知るキッカケに、作品を読み解く鍵に、購入検討の手掛かりになれば幸いです。
作品は、全て会場にて申し込み方式抽選販売となります。オンライン販売は、諸事情によりなくなりました。
どなた様でも心からお待ちしております。


概要
杉田陽平個展
心斎橋パルコ14階
ARTSHINSAIBASHI内
2022.6.15-6.20
1




Lavie en rose
¥5,500,000税込
「プレゼントを贈りたいんですが、何がいいですか」と聞かれたことがありました。僕は「あなたが好きな色の絵の具をください」と答えました。それ以来、出会った人から絵の具をいただく機会が増え、僕の中になかった色が増えました。 この絵はオフィーリアをモチーフに描いていて、倉庫に9年間眠っていた作品です。出会った多くの人からもらった色を描き加えて、完成しました。

2



ユニコーンと桜と時間
3,080,000
人生はいいときもあり、悪いときもあります。花が咲く時期は一瞬のものですが、咲いていない期間も含めての人生です。咲いている花はこの先、からなず散ります。しかし、また咲くために力を蓄えているのではないでしょうか

3



もう一つのひまわり
1,870,000
ゴッホの『ひまわり』は7枚あると言われていますが、まだ見ぬ『ひまわり』があるのでは。

4
abstract flower Ⅱ
1,320,000
『abstract flower』と比べて、よりシンプルに描きたいという気持ちがありました。花を記号的に薄っぺらく表ししつつも、絵の具の重厚な質感で描きました。

5
abstract flower
1,540,000
僕が好きな抽象画家である白髪一雄さんの作品を見るたび、「どうしてこんなにすごいのか」という思いを巡らせています。自分は彼にはなれない。でも、自分の方法で、絵の具を思い通りにコントロールすることはできるはず。その思いで、花をモチーフに描いています。

6
Material series "a☆☆ro boy"
990,000
アート作品は、高尚で得体の知れないものとして見られる風潮があります。そこに、日常でよく見るものが入り込んでくる。チューブから出たままの絵の具や日常で消費されるキャラクター。当時ではまさかそんなものが残るとは思わなかったものが、後年になってアートとなることがあります。

7

Material series "red"
880,000
中国に製作をしに行った際、現地のスタッフが僕以上に日本のアニメに愛着を持っていた。僕は日本人でありながら、そういったアニメやゲームの文化にはあまり触れてこなかった。触れてこなかった人間であるからこそ、表現できるかっこよさもあるはずだ。

8
abstract art モンチッチ
990,000
昨年、(株)セキグチさんとのコラボで、『アートモンチッチ』を製作しました。この作品は、一点ものとして製作した、特別なアートモンチッチです。

9
記憶の海
825,000
赤黄青を混ぜながら描いています。青空、夕焼、朝焼だけが綺麗な海の表情ではなくて。空と地平線が交わる色、一見濁ったような水面の色。海は一瞬一瞬、色が変わっていく。それを見つけ追いかけていく。

10
クロード・モネに捧ぐ
660,000
モネはどのような気持ちでキャンバスに色を置いていたのでしょうか。それを現代に追体験してみることは、意味を持つのでしょうか。やってみた。

11
abstract "pink orange"
1,012,000
ピンクとオレンジを主体に、キャンバス上で音楽を奏でるように描いています。音楽を聴くかのように楽しんでください。

12



海に溶ける瞳
1,430,000
二つの情景が重なっています。紫の女の子と、海。人は何を見ているのか、それは目に映る外面なのか、心で感じる内面なのか。片方にピントが合うと、他方は薄れる。しかしどちらも大切。その両方の世界を同時に描けないものだろうか。

13



broken eyes
1,012,000
自画像

14
アルフレッド・シスレー "サン=マメスのロワン河畔の風景"に捧ぐ
660,000
空が綺麗だった。明るい青が印象的だった。自分がもしもシスレーと同じ時代に生まれ、同じ空を見ていたら、どんな絵を描いていたのだろうか。

15
ヘレナ・モルフォⅡ
4,400,000
作品のアイディアは、些細なことから浮かぶことがあります。画材屋で見つけたコバルトブルーの絵の具。その鮮やかな色味をそのまま使うには、どんなモチーフが最適なのか考え、青く輝くモルフォ蝶を選びました。組み合わせたのは、強さと美しさを併せ持つ女性です。顔の印象が強く表れる目元を隠し、具体的な人物ではない存在として描いています。

16
red girl
1,650,000
とあるファッションモデルを見た時に感じた、現実と空想の混じり合いを着想の元にしています。


17



ヘレナ・モルフォⅢ
3,850,000
『ヘレナ・モルフォⅡ』と同じモチーフで描いています。

18
青い花瓶と花と黄緑の鳥
6,600,000
世間も画家も暗さばかりが浮かんでくる時代、だからこそ心の中にある明るさとカラフルさを表情豊かに、枯れない花をモチーフにしました。

19
月と海と風1,650,000
月と海を通して、風を描くことはできるのか。

20
チョコレートと花と空間
1,012,000
楽しく絵を描くという気持ちを忘れそうになることがあります。画家らしい絵とはなんでしょうか。技術。コンセプト。そういったものが備わっていることだけが、高度な絵なのでしょうか。赤い花や、バレンタインデーに見かけたチョコレートの包み紙をモチーフにしています。


21


朝と夕焼けが同じになった時間
1,650,000
この作品を見た甥っ子が、「これは朝なの? それとも夕方なの?」と質問してきた。「どちらにも見えるなら、どちらも正解なんだよ」と伝えると、甥っ子は混乱していた。「作者の中には答えがあっても、感じたままでいいんだよ」

22
グラデーション
1,650,000
ユニコーンとともに見知らぬ地を訪れた、自分からの視点です。青い風景の中に飛び込んだ自分自身の心をユニコーンとして描いています。

23



波音と空間と薔薇
1,650,000
アーティストは、売れたらいけない。幸せになってはならない。そんなことはない。もちろん、売れてるものが商業アートだから悪いなんてことはない。 売れてないから魂を込めてるなんてこともない? 綺麗な花を描くことが、自分の求めるアートならば、描けばいいと思います。

24
tsubaki
440,000
ありのまま、そのまま描きたくなる時があります。

25
broken monster
990,000
遊び心を大事に製作しています。身近にあるもの、好きなものが作品になる時もあります。

26
白い記憶
1320,000
とあるお子さんが、幼稚園で白い画用紙に白いクレヨンで絵を描いていたそうです。そのエピソードがきっかけです。

27
abstract "arc en ciel"
550,000
お客様から頂いた絵の具を元に、抽象的な虹を描きました。枠からはみ出るほどの。

28
時の花
797,500
暗い世の中であればこそ、明るい絵にしたい。


大変光栄な事に、

WEBマガジン「DELIGHT JOURNAL」大丸心斎橋店



にロングインタビューなどが掲載されました。


個展作品&アートweekについて沢山アートに関わった大丸さん内店舗を巡って商品などを紹介しました。^_^


時計や、ライター、ビジネスバック、大阪寿司、デザイングッズにブランド服、扇子、お店を巡るだけでも本当に楽しいですね。


素敵な買い物もしましたよ。

掲載記事のカメラが良すぎて、恥ずかしいですが、、、

良かったら一読頂けたら幸いです。🌈🙇‍♂️



























明日放映日時

6/10(金)10時~
関西テレビ"よーいドン  ほしガール"ゲスト広瀬アリスさん

に作品のみ出演&オリジナルイラスト付き限定画集10冊視聴者プレゼントがあります。

実物作品と共に、心斎橋パルコ(心斎橋大丸)さんの個展のご紹介をしてくれるそうです。
大変有り難たい事です。

最近、今まで絵を買うなんて考えもしなかった人がすっかり大好きになる人が本当に増えております。
人生を変える運命的な一枚に出逢えるかもしれません。
良かったら気にかけて貰えたら幸いです。

ご案内
杉田陽平個展「色彩が、あなたの特別な言葉になれたなら」
会期6月15日-6月20日
会場"大阪心斎橋パルコ"(心斎橋大丸)

杉田来場は、
6月15日水曜日、朝から夜まで
6月18日土曜日、朝よる夜まで
6月19日日曜日、朝から夜まで

どなた様でも心からお待ちしております。🙇‍♂️



小さい頃、休日になると家族と何処かに出かけて、渋滞の帰りの車から流れるラジオに自然と耳を傾けていました。
ネットが流行っているきっと今でも、ラジオが大好きな人は多い気がします。

僕は画家なので、全く上手く喋れませんが、視覚がないラジオだからこそ各々想像が膨らむ事もあるかもしれません。良かったら耳を傾けてくれたら幸いです。🙇‍♂️

6月15日からの心斎橋パルコさんの個展の作品の話や
他にも色々な話をしました。

株式会社エースタイル代表の谷本吉紹様、楠雄二朗様スタッフ様、呼んで頂き本当に楽しい時間を心から有り難う御座いました。🙇‍♂️

放送局 FM大阪(FM85.1)

番組名 WELFARE group presents それU.K.!! ミライbridge

放送日時 6月12日 18時



少しご報告が遅れてしまいました🙇‍♂️雑誌Penさんの特別ムック版にロングインタビューが掲載されております。

松本幸四郎さん、など、偉大な方々ばかりの中に自分もいるなんて不思議な気持ちです。

サッポロヱビスさんは、昨年"ちゃんカワイさん"のラジオにも呼んで貰い、本当に光栄でした。

自分へのちょっとしたご褒美に呑むと本当に美味しいですよね。

これからも地道に頑張ろうと思います。🙇‍♂️



















木梨憲武さんの上野森美術館の個展に、

大変恐縮ですが、

去年、TV番組内で木梨さんと共作した平面作品が飾られております。

木梨さんは、僕が物心ついた時から、大好きで何度もビデオを巻き戻し友達と見ていました。

僕が大学生の時、木梨さんの1回目の上野森美術館での個展を大変な混雑の中、見に行ったのも記憶に鮮明に残っています。

雲の上の方と時を経てご一緒出来て話す事が出来て同じキャンバスに絵を描いているなんて、信じられません。大変考え深いモノです。🙇‍♂️

光栄に思うと共に、地道に広く深く続けていけたらと思います。楽しみに自分も伺おうと思います🙇‍♂️



↑此方が共作した作品です。























TIMEPRESSの記事が、UPされました。

少し、補足させて下さい。
僕は、ライブペインティングだけではなく、個展形式ブースとなります。
25点〜30点程度作品出品します。総て会場にて抽選販売となります。
価格帯は、20cm位の小さな絵作品であれば、およそ70万程度、62cm位の15号で170万程度、91cm位の30号で300万程度、162cm位の100号で700万程度、
20cm位の小さな立体作品で80万〜120万程度
です。参考までに。

オンライン販売は諸事情によりなくなりました。🙇‍♂️

イラストサイン付き限定画集は、整理券対応、先着200名限りとなります。

日曜日のライブペインティングやトークなどは事前応募の20人のみとなります。

 
ご案内
杉田陽平個展「色彩が、あなたの特別な言葉になれたなら」
会期6月15日-6月20日
会場"大阪心斎橋パルコ"

杉田来場は、
6月15日水曜日、朝から夜まで
6月18日土曜日、朝よる夜まで
6月19日日曜日、朝から夜まで

どなた様でも心からお待ちしております。🙇‍♂️

















6月15日から開始される個展(心斎橋パルコ)の告知の為、FM大阪にて収録してきました🌹

最近、ラジオに誘われる事が増えている気がして、画家なのに、面白い現象ですね。でも、言葉と声だけで無限の風景を描いていると考えると、意外と適してるのかもしれません。拙いお話ですが、上手に聞き出してくれていつもプロの方は、本当に凄いなと思います。

ラジオ番組のスポンサーの会社の谷本社長運営する美容と癒しの総合サロン『ビラクス』に招待を受け、初体験もしました。

余りの気持ちよさにいつの間にか寝てしまい、後半記憶が飛んでおります。
理論と実践で施術内容を説明してくれてとても丁寧でした。頭も軽くなり、若干目も見やすくなった気がします。頑張って良い作品を作りたいと思います。

お店の方もこんな喜んでくれて本当に励みになります。🙇‍♂️

是非FM大阪ご視聴下さい。









谷本社長のTwitterアカウント
@kaigo_akaruku 

谷本社長のインスタアカウント
y.tanimoto55

ビラクスTwitterアカウント
@bilaxs_ 

ビラクス都島店 インスタアカウント
bilaxs.miyakojima







サイサイてれびに3回目の出演してきました。

今回は2回目のえじにゃん個展(サイレントサイレン、あいにゃんさんと、ニジマス江嶋さんの二人展にお邪魔してきました。

会場は、下北沢バロンデッセ・ラテアートにて5月22日まで開催中だそうです。

音楽活動をされてきたお二人ならではの愛に溢れる展覧会でしたよ。

作品も益々洗練されてきて、それだけでなく、演出も工夫も本当に素敵でした。

さてどんな事を話したでしょうか。是非、番組みて下さいね。

動画は近日公開のようですよ!お楽しみに☺️

番外編として、
収録後、あいにゃんさんの愛車jeepラングラーと僕のと一緒に写真を撮らせて頂きました。🙇‍♂️

白で丸目、激可愛です。感無量です。

有り難う御座いました!!