美の求道者

  ~中国・宮廷美容術の世界~

 

  このところカタい話が続きましたので、息抜きに美容術の話を。

  宮中でその美を誇る美妃たち、その美容術の秘密!

  まずは、中国の宮廷美容術の祖ともいえる女性の話です。

 

   (注1)

 

  中国・南北朝の時代。

  陳朝(西暦557年-589年)の最後の皇帝となる陳後主(西暦553年‐604年)の後宮に、ひとりの女性がいました。

 

  彼女の名は、張麗華

  麗しい華、その名前からしてスゴそうです。

  彼女の家族はムシロ織で生計を立てており、非常に貧しい家庭の出身でしたが、幼くして宮中に召しだされて官女となりました。

  後宮の美女の中でもとびぬけた美貌を誇り、特に7尺にも及ぶ黒髪は彼女の美しさを際立たせていました。それに加えて、張麗華は記憶力に優れ、宮中の様々な情報にも通じていました。

  皇帝・陳後主は、彼女を一目見るなり、彼女なしではいられなくなってしまいます。ついには、政治的な決断の際にも彼女に相談するようになりました。陳朝の重臣たちでさえも、彼女の意見に従うようになったと伝わります。

  彼女は聡明な女性で、彼女の周りには宮廷内外の様々な人間が出入りしたためか、宮廷以外の情報にも明るかったそうです。幼いころから宮中の住民であったためか、迫りくる国難に対処する術を知りませんでした。

  陳後主は、壮麗な宮殿を造営して国力を疲弊させ、重い負担を強いられた民衆の不満が高まります。しかし、美女におぼれる君主は、忠臣の諫言にも、耳を貸そうとしませんでした

 

  そして、その時期、北方の強国・隋が、着々と国力を蓄えていたのです

  西暦588年、ついに隋の文帝は62万もの大軍を南下させ、陳に攻め入ります。

  陳朝はあえなく敗北し、陳後主と張麗華は派遣軍によって囚われの身となります。

 

  張麗華の美貌は、天下に知れ渡っていました。隋軍の統帥は、彼女を我がものにしたいと思い、部下に張麗華の身柄を確保するようにと密かに命じていました。

  しかし、総帥の密命を帯びていた部下は、傾国の美女による災いを断つため、独断で張麗華の命を奪ってしまったのです。

  張麗華の美しさは、彼女の死の時ですら、全く衰えを知らなかったと伝わります。

 

  まさに経国の美女と言うにふさわしい張麗華の人生ですが、次回は彼女の美容術をお届けします。

  宮廷に咲き誇った、張麗華の美貌。

  それは、当時の宮廷医術の結晶でもあったのです!

 

 

 

(注1)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E9%BA%97%E8%8F%AF

 

  漢方薬 ~より良く効かせる飲み方~

 

  漢方薬、

  どうせ飲むのなら、よりよく効かせたいところです。

  以前、風邪の際に飲む薬の飲み方(注1)をお伝えしました。しかし、実は、これ関してにもいろいろな説があります。

  今回は、それに関する議論を少々

 

  まずは、前回にお伝えした内容です。

  風邪で煎じ薬、またはエキス製剤をお湯で溶いて飲む場合

  ①飲み加減の温かさになったところで、飲む。

  ②飲み終わって少し経って、熱い薄い粥を少し食べて、薬力を助ける。

  ③布団をかぶったり、衣類を調整して、全身から汗がにじむ程度に調節する。

    大汗をかかないように、適宜調整する。

  ④汗が出て調子がよくなったら、OK!

  ⑤果実、冷たい飲み物、粘っこいモノ、ヌルヌルしたもの、肉、うどん、ニンニク

    ニラ、ねぎ、酒、乳製品、においの強いモノ  は避ける。

         

  これは、日本漢方で特に重視される『傷寒論』に載っている内容です。

  『傷寒論』の『太陽病 上篇』、『桂枝湯方』の部分で、上記の飲み方が詳しく説明されています。

  この桂枝湯、いろいろな薬のベースになる基本処方で、例えば葛根湯は、桂枝湯に生薬・麻黄と葛根を足して作られています。桂枝湯は、『傷寒論』の最初に載っていることからも、重要さが分かります

  そして、詳しい飲み方に関して、他の個所にはあまり説明されていません

 

  それに対し、考え方が二つあります。

①松田説: 最初に説明しているので、それ以降は『前にならえ、以下略』

     繰り返しを避けたために、詳しい記載はない。

②星野説: 桂枝湯は、薬の効き目が弱めだから、飲み方を調整することが必要。

     だから、桂枝湯のところで説明があるが、他の薬には必要がないので記載なし

  私は、①の松田説だと考えています。

 

  古来、インドでは繰り返しが多いですが、中国では繰り返しが少ないとされます。

  一説には、インドは音声系の言語だから、繰り返して相手に聞かせる。

         中国は、文字系の言語だから、繰り返しの記載を避ける。

  ってな意見を聞いたことがあります。

  確かに、仏典なんかも、しつこいぐらいの同じフレーズの繰り返しがあります。

 

  そんなワケで、私は、『桂枝湯以外の薬は、桂枝湯等共通するの見方であっても、説明が省略されている。もちろん、違う飲み方が必要な薬もある。』と考えています。

 

  効く薬はおいしい!?

 

  漢方界隈で、よく言われる話。

  効く薬はおいしい! グッ

  これは、本当でしょうか??

 

  曰く、

  『動物は、体調が悪くなると自然の草などを食べている。同じように、人間にも、自分にとって良いものと悪いものを見分ける能力がある。』などなど

  『体に合った薬は、甘く感じる』などと言う話も、よく聞きます。

  

  特に後者、『甘く感じる薬が効く』説には、注意が必要です。

  多くの漢方薬には、『甘草(かんぞう)』が含まれています

  この甘草、ショ糖のおよそ150倍の甘味を有するといわれているグリチルリチン酸を多く含み,文字どおりの「甘い草」!(注1) これが含まれていたら、薬の味を甘く感じる人がいるのも、当然と言えば当然の話です。

  少なくとも、『甘く感じる薬』=『体に合った、効く薬』というのは、マユツバです。

       ショボーン ちょっと、ねェ

 

  では、本当においしさとと効き目は関係ないのか?

  そうとは言い切れないのが、難しいところです。

 

  呉茱萸湯という漢方薬は、苦いので有名です。

  頭痛によく使われるのですが、正直、患者さんからの味の評価は、よくありません。

  しかし、中には、『ものすごく美味しい。毎日、呉茱萸湯を飲むのが楽しみなぐらい』爆笑なんて人もいます。こう言った人は、実際によく効いていました。

 

  小児科などでは、水飴の入った甘い薬をよく使います。苦い薬などは、特に小さいお子さんは、なかなか飲んでくれません。

       (;><)

 

  味と、効き目。

  なかなか奥深く、難しい課題です。

 

       (~ヘ~;) ウーン

 

 

(注1)

日本漢方生薬製剤協会

https://www.nikkankyo.org/seihin/shouyaku/03.htm

ちなみに、甘草は、以下の薬などに含まれています。

配合される主な漢方処方

安中散,胃苓湯,黄耆建中湯,黄連湯,乙字湯,葛根湯,葛根湯加川芎辛夷,甘草湯,甘草瀉心湯,甘麦大棗湯,桔梗湯,帰耆建中湯,芎帰膠艾湯,響声破笛丸,杏蘇散,駆風解毒散(湯),荊芥連翹湯,桂枝加葛根湯,桂枝加芍薬湯,桂枝加芍薬大黄湯,桂枝湯,桂枝人参湯,桂麻各半湯,堅中湯,香砂平胃散,香砂養胃散,香砂六君子湯,香蘇散,五虎湯,五積散,柴陥湯,柴胡桂枝湯,柴胡清肝湯,柴芍六君子湯,滋陰降火湯,滋陰至宝湯,四逆散,四君子湯,治打撲一方,炙甘草湯,芍薬甘草湯,十味敗毒湯,潤腸湯,小建中湯,小柴胡湯,小青竜湯,升麻葛根湯,秦芁羗活湯,秦芁防風湯,清肺湯,蘇子降気湯,大黄甘草湯,竹茹温胆湯,調胃承気湯,桃核承気湯,当帰建中湯,当帰四逆湯,当帰四逆加呉茱萸生姜湯,独活葛根湯,二朮湯,人参湯,排膿湯,麦門冬湯,半夏瀉心湯,平胃散,加味平胃散,補中益気湯,麻黄湯,麻杏甘石湯,麻杏薏甘湯,薏苡仁湯,抑肝散,六君子湯,苓姜朮甘湯,苓桂朮甘湯 等 (同ぺーじより)