天竜楽市|天竜お茶ばか日記

天竜楽市|天竜お茶ばか日記

天竜茶…小さな産地ながら「宇治」「八女」に匹敵する多種多様な日本茶を生産。お茶に懸ける天竜人の情熱は計り知れず… 縄文の昔から連綿と続く山暮らしの日々をお届けします。

NEW !
テーマ:

 江戸時代から明治中期まで、天竜川を下った天竜材の多くは掛塚港から海上輸送によって主に江戸、東京方面へ運ばれました。近代化以前、筏流しの木材も掛塚で木挽き(製材)されています。 

 明治四年(1871)、横山村の板屋は東京に支店を置き、船舶を建造して自家輸送を行なっています。山竹、松野平九郎らも自家輸送に乗り出しました。この頃、東京市場で天竜材は紀州材に次ぐシェアを獲得しています。 

 明治九年(1876)掛塚に火力による製材工場が操業すると、翌年、横山村に水力製材工場、十七年には二俣村に蒸気機関を応用した製材工場が創業。明治中期までは原木の入手が容易で水力が利用出来る山間部で急速に近代化が進んでいます。二俣には全国十基紡の一つ遠州二俣紡績や第百三十八国立銀行が創立し、天竜川水運を利用した物流の主導権は掛塚から二俣へと次第に移行していきました。  

 明治二十二年に東海道本線が開通すると、明治後期には池田村や対岸の中ノ町村に大規模製材工場が作られ、中泉駅、天竜川駅から鉄道による木材輸送が本格化、明治末期には掛塚まで下る筏は大きく減少し、中野町が木材市場の主要な拠点となりました。 

 明治二十二年、王子製紙気田工場で日本最初の木材亜硫酸パルプ製造を開始、三十二年に王子製紙佐久間工場操業、同年には古河鉱業が久根鉱山買収、四十年久原鉱業が峰之沢鉱山を買収。これらの製品や鉱石も天竜川水運で輸送され、明治末期に天竜川の河川交通は最盛期を迎えました。四十三年には年間に二十石船(約3トン積)四万七千艘が鹿島を通過しています。 

 遠州鉄道は明治四十三年から貨物輸送を開始、大正十二年に電化され西鹿島からの木材輸送が本格化します。昭和六年、光明電氣鐵道が二俣町駅から深川本所木場までの天竜材輸送を開始すると、一時は遠電を大きく上回る利用があり、光電は船明まで延伸して鉱石輸送も一手に握る計画で期待されたものの資金難で廃線となりました。 

 大正から昭和初期にかけて、二俣以南の筏による木材輸送は次第にトラックに置き換えられていきます。昭和15年遠江二俣駅開業以降は二俣から国鉄貨物輸送が可能となり、二俣川に筏を曳き込み貯木場が設けられ、二俣周辺には中野町から製材工場が三社移転するなど製材・物流の拠点は上流に移っていきました。

  一方、昭和7年には天竜川通船の上り荷は陸上輸送に切り替わっており、下り荷のみとなった水上輸送は急速に衰退していきます。

 

 

via 天竜楽市
Your own website,
Ameba Ownd

 


テーマ:

天竜川社会実験イベント「天竜川シクロクロス大会&天竜茶フェス」を開催します!! 

秋風を感じながら水辺を楽しみませんか? 

開催概要 

日時:2018年9月23日(日) 

場所:天竜川河輪地区 水辺の楽校 

プログラム 

①天竜川シクロクロス大会  時間 9:00~11:30  参加費:1,000円 

②シクロクロス ビキナースクール  時間 13:00~15:00  参加費:500円 

③茶フェス  時間 10:00~16:00 

④天竜川パネル展  時間 10:00~16:00

 

茶フェスでは、天竜茶の試飲販売、天竜川についてのお話会等を行ないます。

 

皆様のお越しをお待ちしております!

 

via 天竜楽市
Your own website,
Ameba Ownd

 


テーマ:

 鹿島十分一番所は、元和三年(1617)に駿府藩主徳川頼宣によって椎ヶ脇神社の社領に設置され、天竜川を上下する舟運物資を改め分一税を徴収しました。番所は幕府役人による直取立か有力商人による請負取立で運営され、初期は掛塚や江戸の商人が請負っていました。 

 元禄八年(1695)から正徳二年(1712)にかけ水久保(みさくぼ)村平出屋武左衛門が六年四六〇〇両、船明村山形屋喜兵衛が三年二四五〇両、大井村平出屋源五右衛門が九年六九〇〇両でそれぞれ請負っており、山間部にも財力のある豪商が現れてきたようです。船明村名主も務めた山形屋は「筏宿」を家業とし、榑木の川下げが管流しから筏流しに改まると御用材の筏下も請負っています。 

 中世以前、鹿島は「今津の渡し」と呼ばれ、天竜川の重要な渡河点でした。鹿島の北で二俣川と阿多古川が天竜川に合流し、南で麁玉河(天竜川西流、小天竜)と廣瀬河(東流、大天竜)に分流しており、河道が一本にまとまり川幅が狭く、東西南北交通が交差する要衝だったのです。

 二俣郷社椎ヶ脇神社は、延喜式内猪家神社に比定される古社で、延暦二十年(801)に征夷大将軍坂上田村麻呂が水神を勧請したと伝えられています。 

 古来、天龍河は諏訪湖から二俣まで。鹿島より南は「磐田之海」であったと云われています。鹿島の東岸にある「鳥羽山」のトバは、波止場、船着き場に由来する地名、鹿島の西南「根堅」という地名は海底にある「根之堅洲國」に由来する地名であるとも云われます。また、「汐見渡(しおみど)」という満潮時にはそこまで海水が来ていたとされる地名もあります。 

 天竜川は二俣まで赤石山脈南端の急峻な山々に囲まれた谷底を流れ、鹿島から扇状に広がる遠州平野に出て、蛇行して流れていきます。縄文海進のピーク(BC4000頃)には、日本の平野部の多くが海に沈んでいたとする説もあり、根堅遺跡から本州唯一の旧石器人「浜北人」が発見されるなど、古くから人の営みがあったこの地には、様々な言い伝えが残っています。 

 椎ヶ脇神社の崖下、椎ヶ淵には竜宮城があるという多くの伝承があり、椎ヶ脇神社には龍王の娘(豊玉姫)が祀られ、龍宮山岩水寺の山号の謂れにもなり、椎河脇大龍王は奥山方広寺の守護神とされています。 

 鹿島から南は「暴れ天龍」と呼ばれ、昔から水害が多く、「磐田之海」を司る海神「椎河脇大龍王」を鎮めるために行なわれた祭事が「椎ヶ脇神社奉納煙火」で、名高い「鹿島の花火」の起源になりました。鹿島から南の天竜川流域には多くの椎ヶ脇神社分社が祀られています。

 

 

via 天竜楽市
Your own website,
Ameba Ownd

 


テーマ:

 文明元年(1469)秋葉神社の社有林に杉・檜が植林され、天竜で人工造林が開始されたとされています。口承ではありますが、文亀元年(1501)開始とされる吉野川上村より早く、世界最古の植林であったとも云われています。

 「山住日記」によれば、元禄九年(1696)二月に伊勢から杉・檜の苗三万本を取り寄せ山住神社の社領に植栽された記録があります。

 宝暦十四年(1764)には中泉代官所を通して杉檜の挿木による植林を奨励する御触れが出され、小川、相津、二俣村などで植栽が試みられています。天明年間(1781-)には、民間の植林事業も広く普及していきました。

 明治十九(1886)年に金原明善が瀬尻で大規模な造林を開始します。江戸末期に幕府御用材の需要が高まり、森林資源が減少、土砂崩れが起きやすくなって天竜川にも大量の土砂が流れ込んでいたため、明善は治水事業の一環として植林事業に乗り出しました。 

 明善は瀬尻で育苗事業も開始しましたが、現浜北区の平口、小林からも苗を買い付けています。明治中期以降、赤佐村、麁玉村では種苗生産が盛んになりました。 

 明善はまた、杉檜の伐採により収益が上がるまで長期間を要するので、地元住民の当座の収入源として和紙の原料になる楮・三椏の植栽も行なっています。瀬尻の楮は阿多古などで紙に漉かれ、阿多古和紙を使った武家凧はまた、瀬尻の寺尾地区などで初子を祝う凧揚げに使われました。金原明善の植林事業は多方面で産業の隆盛を促したのです。

 明治期の天竜美林は疎植(間を広く植える)が主流でしたが、復興需要が拡大した戦後は植栽密度が上がり間伐が必要になりました。 

 然し、昭和後期から国内の木材需要が落ち込み、林業従事者の減少や高齢化が進んで間伐に手が回らない林地が増えてきました。間伐が行なわれないと大きく育った樹が充分な根を張れず、地滑りの原因にもなっています。

  日本では古代から建築材料や燃料として森林資源が大量に利用されてきましたが、植林によって森林は維持されてきました。森を守り育てる文化は縄文時代から続いているとも云われます。植林は常に次世代の利益を考えて行なわれたものであり、高度成長を支えたのは豊富な森林資源でした。 

 現代日本の豊かな暮らしがあるのも、昔の日本人が森を守り育ててきたからこそ。現在、間伐が行なわれず暗くなった杉・檜の森は過去の遺物ではありません。現代に生きる私たちがしなければならないのは、この森林資源を上手に活かし、次世代に引き継いでいくことではないでしょうか?

 

via 天竜楽市
Your own website,
Ameba Ownd

 


テーマ:

棲守道徳者、寂寞一時。 
依阿権勢者、凄凉万古。 
達人観物外之物、思身後之身。 
寧受一時之寂寞、毋取万古之凄凉。

『菜根譚』


道徳ヲ棲守スル者ハ、寂寞タルコト一時。
権勢ニ依阿スル者ハ、凄涼タルコト万古。
達人ハ物外之物ヲ観、身後之身ヲ思ウ。
寧ロ一時之寂寞ヲ受クルモ、万古之凄涼ヲ取ルコト毋レ。

道を守って生きる者は、一時孤立することもあるだろう
権勢(と物益)にへつらえば(栄達を得ても)永遠に(心は)荒れ果て寂しいままだ。
達人は今ある現実以外にも意味を見出し、将来を見据えて物事を把握している。
寧ろ一時的に孤立することがあっても、永遠に(心が)満たされない生き方をしてはならない。

道、とは?

形而上者謂之道 形而下者謂之器
形より上を道と謂い、形より下を器と謂う
『易経』繋辞上伝


美しく立派な容器でも、中身が泥水であっては…

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス