今朝、2018年5月19日の日経新聞一面に、「銀行 迫る『不良資産問題』」という記事が載りました。

 マイナス金利で各金融機関が減収に悩む中、新たな問題として「資産の減損」問題が取り上げられました。

 

 「利益が減ると銀行の持っている資産も利回りが落ちることになる。銀行は支店も整理統合する方針だがそうなると店舗の減損が必要。また巨費を投じて開発したシステムもクラウド化やFinTechの進展でまったくちがう設計のものに置き換わるかもしれない。そうなるとそのシステム投資は価値を失い、一気に減損しなければならない可能性も」

 

 記事の中で例として島根銀行が取り上げられていました。島根銀行が60億円かけて建設した本店は立てられたばかりでまだ償却がほとんど進んでいない。その中で銀行本体の収益が落ちていけば減損を迫られることになる、と。

 

 島根銀行のディスクロージャー誌で決算を確認すると平成29年3月期に約60億円分の「建物」が増加しています。これが新本店の分ですね。ディスクロージャー誌の表紙も誇らしげな新本店の画像になっています。

 

 日経の記事によると60億円の本店が減損されると純資産160億円の島根銀行には痛い損失計上になる、と。

 

 …わが北海道の、北洋銀行、北海道銀行は大丈夫でしょうか。

 

 それぞれ単体の財務諸表から数値を抜粋しました。

 

 まず、規模(総資産)からいうと北洋銀行は島根銀行の21.6倍。道銀は12.0倍。

 

 収益性では北洋銀行は島根銀行の17.3倍。道銀は11.5倍。

 

 それに対し、不動産・建物勘定の金額の比率は北洋銀行が6.0倍。道銀は2.0倍。(つまり島根銀の建物が多い)

 

 不動産・土地の方は10.4倍、3.9倍でこれも島根銀の資産に占める土地の割合は高め。

 

 北洋銀行は2010年に旧拓銀本店を建て直して現ビッセを建設していますのでちょっと心配しましたが総体の固定資産の建物勘定は膨らんでいません。道銀も固定資産の建物勘定は少な目です。 道銀の場合、昭和39年竣工の道銀ビル(道銀本店)は恐らく償却済ですので減損も怖くないはず。

 

 下表で数値をご確認ください。

 

 

 バブル直後、たまたま海外勤務の時期に重なっていました。

 

 現地の銀行マンに「ウチの銀行、どれだけ不良債権があるのかわからない…」とぐちったところ、

 

 「いや、日本の銀行には膨大な不動産の含み益があるじゃないか。ボクらは心配していないよ」

 

 と慰められた経験があります。

 

 一生懸命出店した結果の支店網。数十年にわたる営業努力=蓄積した利益、の結晶である本店。これらが銀行本体の決算の足を引っ張る可能性があるとは…

 

 虚を突かれたニュースでした。

 

 

 

 兄弟ブログ 「中小零細企業の経営改善・事業再生は自分でやる!

 YouTubeチャンネル 「ビジネス経営雑学トーク お悩み相談Channel 事業再生出版