2/26 リゴンドウvsアストロラビオ WBCバンタム級インターナショナル戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

昨年8月にジョンリエル・カシメロ(比)に敗れた、元2階級制覇王者ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)=20勝(13KO)2敗1NC=の再起戦は、2月26日(日本時間27日)にUAE・ドバイで、WBO世界バンタム級6位ビンセント・アストロラビオ(比)=16勝(12KO)3敗=を相手に、空位のWBCバンタム級インターナショナル王座決定戦として行われる。41歳のリゴンドウはペドロ・ディアス・トレーナーとのコンビを復活。WBC世界同級王者ノニト・ドネア(比)の王座に照準を合わせている。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー