12/11 ノニト・ドネアvsレイマート・ガバリョ 「Showtime トリプルヘッダー」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(比)=41勝(27KO)6敗=と、暫定王者レイマート・ガバリョ(比)=24戦全勝(20KO)=によるWBC王座統一戦は、12月11日(日本時間12日)に米・カリフォルニア州カーソンのディニティ・ヘルス・スポーツ・パーク開催で両陣営が同意。試合はShowtime放映のトリプルヘッダーのメインとして行われ、スーパーライト級のチャンピオン候補ブランダン・リー(米)=23戦全勝(21KO)=と、フアン・ヘラルデス(米)=16勝(10KO)1敗1分=の10回戦もセットされる。22歳のリーは現在14連続KO中で、KOは全て3回以内、初回KOは13度というハードヒッター。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース  ★ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー