元王者モイセス・フェンテス 「緊急手術!」 72時間の危機は脱出 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

10月16日(日本時間17日)にメキシコ・カンクンで行われた、WBCスーパーフライ級ユース・シルバー王座決定戦で、デビッド・クエイル(19歳・メキシコ)=20戦全勝(13KO)=に痛烈な6回KO負けを喫した後、脳の血栓を取り除く緊急手術を受けた元BO世界ミニマム級&WBO世界ライトフライ級暫定王者モイセス・フェンテス(34歳・メキシコ)=25勝(14KO)7敗1分=は、手術後の72時間の危機を乗り切り、脳の炎症は徐々に減少傾向にあり、新たな出血が起こる可能性は低い事をプロモーターのオズワルド・キュキュレが報告。「全力でサポートし、一生懸命戦っている彼の回復を待ちたい」と話した。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース  ★ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング