34歳 ローマン・ゴンサレス 「エストラーダ&井岡一翔と動物園建設」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

6月17日、34歳の誕生日を迎えた元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は、自国でのインタビューで自身のファイトする時間が残り少ないと感じている事を明かし、10月にも予定されるファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との3度目の戦いで世界王座を取り戻し、その後、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(Ambition)選手との王座統一戦へ臨み、キャリアの総仕上げをする考えを示唆。ビジネス面ではアパート経営の他に、不動産売買業も順調に進んでいると話し、さらに「私は動物が好きなので、小さな動物園を作りたいです」と、動物園建設へ乗り出す事を告白。ロマゴンのキャリア最終章に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

楽天モバイル