1/27 大晦日からの連戦! 藤田 圭 &大竹重幸 「DANGAN」オール4回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

27日に東京・後楽園ホールで行われた「DANGAN」オール4回戦興行に、試合1週間前にオファーを受けた藤田 圭 (DANGAN AOKI)選手が出場。三浦成道(東拳)選手から第2ラウンドにダウウを奪い判定勝利を飾った。元協栄ジムマネジャーで、エディ・タウンゼント賞受賞トレーナーの大竹重幸氏とコンビを組む藤田選手は、昨年大晦日に試合をしたばかりだったが、年明け早々からジムに復帰。代役出場の話しを聞いた藤田選手は、迷わず「やります」と即答。プロである以上、いつ試合が決まってもいい心構えを持つ姿勢を教える大竹氏からは藤田選手の事を、「坂田(健史・元WBA世界フライ級王者)に似てて、とってもいい子なんだよ」と聞かされていた。今年は新人王戦でのリベンジを目指す。今後に注目。