2/20 元4階級制覇王者ブローナーvs15戦無敗サンティアゴ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

2月20日(日本時間21日)に米・コネチカット州アンカスビルのモヘガン・サン・カジノで開催されるPBC興行で、約2年1ヶ月ぶりにリング復帰が決まった、元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)=33勝(24KO)4敗1分1NC=の対戦相手は、14勝(10KO)無敗1分のレコードを持つジョバニー・サンティアゴ(プエルトリコ)に決定。同日は元IBF世界ライト級王者ロバート・イースターJr(米)=22勝(14KO)1敗1分=と、ライアン・マーティン(米)=24勝(14KO)1敗=のスーパーライト級10回戦、WBA世界ヘビー級13位、IBF14位オト・ヴァリン(スウェーデン)と、元世界挑戦者のドミニク・ブレアジール(米)のヘビー級10回戦もセットされている。