WBO王者井岡一翔と対戦希望! IBF王者ジェルウィン・アンカハス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(比)をサポートする、MPプロモーションのショーン・ギボンズ社長は、WBO世界同級王者井岡一翔(Ambition)選手との王座統一戦を希望。アンカハスが延期されている同級3位ジョナサン・ハビエル・ロドリゲス(メキシコ)と指名防衛戦に勝利した後に実現させたいとしている。井岡選手は3月13日(日本時間14日)に開催される、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)と、WBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)による王座統一戦勝者との対戦の期待も高まっているが、WBCはロマゴンvsエストラーダ勝者に、前王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)との対戦を義務付けおり、井岡vsアンカハスの実現もあり得る。