ダニエル・デュボア 「眼窩底骨折・神経損傷」16戦目の初黒星 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

28日(日本時間29日)、英・ロンドンのウェストミンスター、チャーチ・ハウスで行われた、ジョー・ジョイス(英・35歳)=12戦全勝(11KO)=との一戦で、10回36秒KO負け。初黒星を喫したダニエル・デュボア(英・23歳)=15勝(14KO)1敗=は、試合後病院に直行。左眼窩底骨折と神経損傷の診断を受け、週明けの専門医による精密検査で手術の有無を決定する。ジョイスの左ジャブにより左目が完全にふさがったジョイスは、自らキャンバスへ膝を付きテンカウントを聞いた。9回までのスコアは88-83、86-85デュポアと、87-84ジョイスだった。

 

ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング