11/19 ミゲル・ローマン 「WBCスーパーフェザー級シルバー王座挑戦」 vsフォスター | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界スーパーフェザー級6位にランクされる、歴戦の雄ミゲル・ローマン(メキシコ)=62勝(47KO)13敗=が、11月19日(日本時間20日)に米・ロサンゼルスで、WBC同級8位オシャキー・フォスター(米)=17勝(10KO)2敗=の持つWBC同級シルバー王座に挑戦。試合日には35歳になっているローマンは、昨年9月に元世界王者トマス・ロハス(メキシコ)に勝利したのに続く、世界ランカー対決。まだまだ世界への夢は諦めていない。

 

【ミニグローブ入荷!】   ペアセット キーリング