サウル・カネロ・アルバレス 「WBCフランチャイズ王者の特権!」 スーパーミドル級王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCマウリシオ・スライマン会長は、WBC世界スーパーミドル級王座決定戦に出場する事になったサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)から、トレーナーのエディ・レイノソを通じ、アブニ・イユリディン(トルコ)と王座決定戦を行いたいとの要望があった事を示唆。WBCのフランチャイズ王者は他の王者を含む全てのファイターよりも上位にあり、望む相手と戦うことが出来る特権を有している事を、対戦を指令した理由に挙げた。

 

【ミニグローブ】   ペアセット キーリング