12/20 ダニエル・ジェイコブスvsフリオ・セサチャベスJr 「正式発表!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

12月20日(日本時間21日)に米・ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリナーで開催が予定されていた、元IBF&WBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブス(米)と、元WBCミドル級王者フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)のスーパーミドル級12回戦は、試合場をアリゾナ州フェニックスのトーキング・スティック・リゾート・アリーナに移して開催する事を、マッチルームUSAのエディ・ハーンが発表。

 

 

チャベスJrは10月下旬に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのワイルドカード・ボクシング・クラブで、VADAによる薬物検査を拒否。11月20日(日本時間21日)にネバダ州アスレチック員会による聴聞会で審理を受けることが決定。これにより、ハーンはネバダ州での開催を断念。アリゾナ州での開催に切り替えた。また、アンダーカードに元世界挑戦者のガブリエル・ロサド(米)を出場させ、チャベスJrに何らかのトラブルが発生した場合には、変わってジェイコブスと対戦させる計画があることを示唆。

 

同日はWBC世界フライ級1位フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)と、2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)による王座決定戦。前WBO世界スーパーライト級王者モーリス・フーカー(米)と、ペドロ・カンパ(メキシコ)=31勝(21KO)1敗1分=の、144ポンド契約10回戦が組み込まれる。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング