ピーター・クイリンvsアルフレッド・アングロ 「結果」 元王者対決・PBC興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

21日(日本時間22日)、米・カリフォルニア州ベーカーズフィールドのラボバンク・アリーナ・シアターで開催されたPBC興行のメイン。36歳の元WBO世界ミドル級王者ピーター・クイリン(米)と、37歳の元WBO世界スーパーウェルター級暫定王者アルフレド・アングロ(メキシコ)のスーパーミドル級12回戦は、アングロが判定勝ち。スコアは97-93、96-94アングロと、96-94クイリンの2-1。

 

 

セミファイナルのライト級10回戦に出場したクリス・コルバート(米)は、ミゲル・ベルトランJr(メキシコ)に初回2分57秒KO勝ち。ウェルター級10回戦。前戦でジェシー・バルガス(米)と引き分けている元世界挑戦者トーマス・デュロルメ(プエルトリコ)と、18戦全勝(13KO)のテレル・ウィリアムズ(米)の一戦は、最終回にダウンを奪ったデュロルメが判定勝ち。スコアは98-91、98-91、96-93.。