11/30 ラミレス指名戦延期! 変わってオスカル・バルデス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

11月30日(日本時間12月1日)に予定されていた、WBC&WBO世界スーパーライト級王者ホセ・カルロス・ラミレス(米・下写真)と、WBCの指名挑戦者2位ビクトル・ポストル(ウクライナ)とのタイトル戦は、ラミレスが8月中旬に受けた左手の手術からの回復時間を要する為に来年まで延期。トップランクは同日予定する興行に、WBO世界フェザー級王座を返上し、スーパーフェザー級に上げたオスカル・バルデス(メキシコ)を出場させる計画を立てている。