薬物検査3度陽性 ジャーレル・ミラー 「トップランクとマルチ契約へ!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

3度に及ぶ薬物検査陽性反応により、今年6月に決まっていた世界ヘビー級統一王者アンソニー・ジョシュア(英)への挑戦が消滅。487万5千ドル(約5億2400万円)の報酬をフイにしていたジャーレル・ミラー (米)=23勝(KO)無敗1分=が、6ヶ月間の出場停止後、トップランクとマルチ契約を結びリング復帰へ。今後はトップランク傘下のタイソン・フューリー(英)vsWBC王者ディオンテイ・ワイルダー(米)の勝者との対戦が予想される。今後に注目。