ナバレッテvsバカ 「結果」 WBO世界スーパーバンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

17日(日本時間18日)、米・ロサンゼルスのバンク・オブ・カリフォルニア・スタジアムで開催されたWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)=27勝(23KO)1敗=に、同級10位フランシスコ・デ・バカ(メキシコ)=20戦全勝(6KO)=が挑んだ一戦は、ナバレッテが3回1分54秒KO勝ち。初回から積極的に出たナバレッテは、第2ラウンド、連打からの右アッパーでダウンを奪い、続く3回もバカをロープ際に追い詰め猛攻。すかさずラウル・カイズSr(米)主審が割って入り試合はストップ。V2に成功したナバレッテは、早くも9月14日(日本時間15日)のフューリーvsヴァリン興行へ出場の話がある。