9/14 ハイメ・ムンギアvsジェシー・バルガス 「消滅の理由!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

9月開催で交渉されていた、WBO世界スーパーウェルター級王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)と、元2階級制覇王者ジェシー・バルガス(米)の一戦は、金銭的条件は同意に達したものの、バルガス陣営が

ミドル級オーバーの156ポンドのキャッチウェイトでの対戦にこだわったために消滅。ムンギアは9月14日(日本時間15日)に米・カリフォルニア州 カーソンのスタブハブ・センターで、12位パトリック・アロティ(ガーナ)=40勝(30KO)3敗=を相手に防衛戦を行うことになった。