オスカル・バルデス 「WBO世界フェザー級王座返上!」  | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)が、正式に王座を返上。バルデスはスーパーフェザー級で2階級制覇を目指す事になり、陣営はWBC王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)をターゲットとして挙げている。空位となった王座は1位シャクール・スティーブンソン(米)と、2位ジョエ・ゴンサレス(米)による王座決定戦が、指令されることになろう。今後に注目。