アンディ・ルイスJr 「英国再戦拒否!」 vsジョシュア再戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBO&IBF世界ヘビー級及び、WBA世界同級スーパー王者アンディ・ルイスJr(米)は、11月、もしくは12月に予定される前王者アンソニー・ジョシュア(英)との再戦に付いて、英国では戦わない事を宣言。「チャンピオンは、私だ!」と、強気のコメントを発している。プロモーターのエディ・ハーンは、ルイスJrとジョシュアの再戦が行われることは決定としており、最後に残った問題は開催地。

 

 

 

6月の初戦直後は、英国開催に固執していたエディ・ハーンは、その後、英国開催にはこだわらなくなり、他からアプローチがあったことを明かし、決定が遅れているとしているが、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでの再戦が有力と見られる。再戦詳細は間もなく決定される。