41歳サブ・ジュダー 「脳内出血→退院!」 元2階級制覇王者。 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

7日(日本時間8日)に米・ニューヨーク州ベローナのーニング・ストーン・リゾート&カジノで開催された興行で、NABAスーパーライト級王座決定戦に出場した、元2階級制覇王者サブ・ジュダー(米)は、クレタス・セルディン(米)に11回TKO負け。試合後、病院に搬送され脳内出血が確認され、関係者を慌てさせたが短時間で回復。既に退院したことが伝えられている。