7/20 ウガスvsフィゲロアJr 「WBC世界ウェルター級挑戦者決定戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBC世界ウェルター級5位ヨルデニス・ウガス(キューバ・下写真)=23勝(11KO)4敗=は、7月20日(日本時間21日)に米・ラスベガスで開催されるパッキャオvsサーマンのPPV興行のアンダーカードで、元WBC世界ライト級王者オマール・フィゲロアJr(米)=28勝(19KO)無敗1分=と対戦。試合は王者ショーン・ポーター(米)への指名挑戦権を賭けた戦いとなる。ウガスは今年3月ポーターに挑戦。113-115、117-111、112-116のスプリット判定を失ったが、ウガスの勝利を推す声も多かった。

 

★26日、伊藤雅雪V2戦、木村翔&久保隼W世界戦・生中継→WOWOWオンライン

 

同日は元IBF世界スーパーライト級王者で、WBC世界ウェルター級3位、WBO4位、IBF7位のセルゲイ・リピネッツ(カザフスタン)と、今年2月の試合でフィゲロアJrと接戦を演じた元世界挑戦者ジョン・モリナJr(米)のウェルター級10回戦も組み込まれる。