ラミレスvsカーペンシー 「結果」 ライトヘビー級10回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

12日(日本時間13日)、米・ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催されたトップランク興行のセミファイナル。WBO世界スーパーミドル級王者ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)=39戦全勝(25KO)=と、元世界挑戦者のトミー・カーペンシー(米)=29勝(18KO)6敗1分=のライトヘビー級ノンタイトル10回戦は、ラミレスが4回終了でカーペンシーを棄権に追い込みTKO勝ち。ライトヘビー級でのテストマッチに圧勝したラミレスは、このクラスの強い王者との対戦を希望している。

 

 

NABFスーパーライト級ジュニアタイトル戦。王者でWBO4位のアーノルド・バルボサJr(米)に、元WBO世界同級王者マイク・アルバラード(米)が挑戦した一戦は、バルボサJrが3回49秒TKO勝ち。27歳のバルボサJrは、21戦全勝(8KO)。38歳のアルバラードは、40勝(28KO)5敗。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります