木村 翔 vsウィチャー・プライカオ 「結果」 OPBFフライ級シルバー王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

30日、中国・上海のリングで開催された前WBO世界フライ級チャンピオン木村 翔 (青木)選手の再起戦。ウィチャー・プライカオ(タイ)=1.2キロオーバーで計量失格=とのOPBF同級シルバー王座決定戦は、木村選手が3回TKO勝ち。田中恒成(畑中)選手に僅差の判定で敗れ王座を失った木村選手だが、その実力は世界的に再認識されている。世界王座カムバックを期待!。