ローマン・マルティネス復帰戦 「結果」 vsゴンサレス ライト級10回戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

29日(日本時間30日)、プエルトリコ・トルヒージョ・アルトのリングで、約2年9ヶ月ぶりの復帰戦に挑んだ元WBO世界スーパーフェザー級王者ローマン・”ロッキー”・マルティネス(プエルトリコ)は、ウィリアム・ゴンサレス(ニカラグア)=36勝(26KO)10敗=とのライト級10回戦に、8回TKO勝ち。ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に王座を追われて以来の再起戦を飾った36歳の元王者は、今後、ライト級で2階級制覇を目指す。

 

 

WBO世界スーパーフライ級6位にランクされるハビエル・シントロン(プエルトリコ)は、エリエサー・ケザダ(ニカラグア)=22勝(9KO)8敗3分=を初回でKO。デビュー以来の連勝を10(5KO)に伸ばしたシントロンは、空位のWBO世界同級王座獲得に意欲を見せている。