6/8 マチャドvsカンシオ 「再戦!」 WBA世界スーパーフェザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBA世界スーパーフェザー級正規王者アンドリュー・カンシオ(米)の初防衛戦は、前王者アルベルト・マチャド(プエルトリコ)とのダイレクト・リマッチ。試合は6月8日(日本時間9日)に初戦と同じ、米・カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリング・カジノで開催される。今年2月の試合では、マチャドが初回にダウンを奪う好スタートしたものの、2回以降、立て直したカンシオの左右フックに苦戦。第4ラウンド、右ボディでダウンを喫したしたマチャドは、ボディ連打の追撃の前にキャンバスへ沈み王座陥落したが、再戦を希望していた。果たして再戦は?。