村田に勝ったブラントvsバイサングロフ 「結果」 WBA世界ミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

15日(日本時間16日)、米・ミネソタ州ヒンクリーのグランド・カジノで開催された、WBA世界ミドル級タイトルマッチ。正規王者ロバート・ブラント(米)と、同級8位カサン・バイサングロフ(ロシア)の一戦は、ブラントが11回1分42秒TKO勝ち。初回から積極的に仕掛けた王者は、第2ラウンド、先制のダウンを奪う好スタート。中盤以降は足を使いながらジャブ、ワン・ツーで優位に立ったブラントは、迎えた11回、右からの連打でダウンを奪い、再開後、再び右を打ち込んだところで試合はストップとなった。ブラントは村田諒太(帝拳)選手から奪った王座の初防衛に成功。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります