世界チャンプ京口紘人vs畑中清詞ジュニア建人 「東京出稽古」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

プロデビュー以来6連続KO勝ちで偉大な父の後を追う、日本フライ級12位畑中建人(畑中)選手が、昨日、ワタナベジムでIBF世界ミニマム級チャンピオン京口紘人(ワタナベ)選手の胸を借りた。4ラウンドのスパーリングは、「パワーで上回る世界王者に気力で立ち向かう姿は、世界への片隣が伺えました」との感想を送ってくれたのは、エディ・タウンゼント賞受賞トレーナーの大竹重幸氏。

 

 

建人選手の父は中京地区初の世界王者、元WBC世界スーパーバンタム級王者の畑中清詞(松田)氏。協栄ジム創始者の金平正紀氏の下で長い間マネジャーを務めて来た大竹氏と畑中氏の関係は、「キーちゃんにチャンス作ってやったのは俺だよねェ~」という間柄。

 

 

1986年7月、大竹氏は勝間和雄(神林)選手との再戦でよもやの逆転KO負けを喫し、日本王座から転落したばかりの丸尾 忠 (協栄)選手と、デビュー以来破竹の9連勝を続けていた畑中選手の試合を、後楽園ホールのガッツファイティングでマッチメイク。初10回戦の畑中選手が判定で勝利した試合は、7か月後の再戦での日本タイトル獲得へと続き、世界へ出るきっかけとなっている。

 

畑中会長から大竹氏に建人選手を「見てくれないか」と声がかかったのは少し前の事。畑中氏はトレーナーとして、佐藤 修 、坂田健史の二人の世界王者を育てた大竹氏のやり方もよく知っている。「心がとっても素直で真っ直ぐという評判ですから、大竹さんに声がかかったのもわかる気がしますよ」(*^▽^*)

 

 

上写真は大竹氏と京口選手のトレーナー井上孝志氏を交えての記念撮影。大竹氏は、教え子の一人である元日本フライ級チャンピオン大鵬健文氏の弟分であるという井上氏を、「勉強家で大変すばらしい」と評価。

 

 

そして話しは飛びますが京口選手の叔父さんが、元日本ライト級1位大嶋宏也氏が西武新宿線上井草駅前で経営する、居酒屋「いきや」によく飲みに来るとの情報も付記されていました。(^∇^)

 

弱冠20歳の建人選手。一途に素直な心を持ち続け、試合では目の前の対戦相手には負けない抜群の勝負根性を見せ、一歩一歩階段をあがって行った坂田選手のように成長し、偉大な父に追いつく日が来ることを期待します!。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります