6/23 マーティン・マレー WBCシルバー戦 vsガルシア 「世界ミドル級」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)の負傷により、23日(日本時間24日)に英・ロンドンのO2アリーナで予定されていた世界挑戦試合が中止となった、WBO世界同級5位マーティン・マレー(英)は、同日開催される興行で、ソーンダースの代わりにWBC同級シルバー王者でWBC6位のロベルト・ガルシア(メキシコ)と対戦する事が決定。

 

 

「長い間のトレーニングが無駄にならないで良かった。ガルシアに勝てばWBC上位に喰込めるので、素晴らしいファイトをお見せします」というマレー(35歳)は、36勝(17KO)4敗1分。一方、ドン・キングによってサポートされるガルシア(38歳)は、「マレーのファンの目の前で彼を打ちのめすことになるだろう」と自信満々。41勝(24KO)3敗。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります